Monthly Archives: 6月 2012

第101回通常例会

本年度最後の例会もK島会長の開会宣言が行われ定刻どおりに始まりました。会長挨拶は、最近話
題のTEDについて例会前見学した様子、NHKでもスーパープレゼンという番組に取り上げられてい
る内容であることなど、私たちが成長するための情報を盛り込んだ内容となりました。

そして、いつものようにゲスト紹介・各役員からの連絡事項、そしてCLマニュアル交換を伝えま
した。
この何気ない普通の作業をきちんと続けて行った1年の結果は、飯田橋クラブがDCP10点満点の
成果にもでています。「継続は力なり」を実感!

さて、今夜のトーストマスターも引き続き、会長のK島さん。役割の説明時に、事前に役割のある
皆様に依頼していた自分の好きな早口言葉を披露しました。緊張の一瞬、そして時には笑いがある
早口言葉の紹介がありました。今日は司会者から最後に早口言葉ベスト賞、カミカミカウントもあ
ります。

今夜の言葉は、K又 さんが、職場で耳にした、偶さか(タマサカ)という古風な言葉をご紹介しま
した。
計時係に始めて挑戦するR大さん、集計係 は次期会長候補のT内さん、えーとカウンター はベテ
ランメンバーのH田さん、文法係は実力派のS木さんとサポートチームも完璧な説明で場を温めま
す。

テーブルトピックスマスターに初挑戦のH間 さんは、いつもと違った志向でこのセッションを進め
ます。
先にお題を4つ提出して、その中からスピーカーがお題を選択してから話します。お題は次の4つ
です。
この1年を振り返って 1.はらはらした時 2.感動した時 3.衝撃的な出来事 4.マイベ
スト例会はいつですか?

全員が考える時間があるため、教育効果の高いセッションとなりました。秋のテーブルトピックス
コンテストに向けて、良い練習となりました。

今夜の準備スピーチは次の3本でした。
(1) CC#5
「デービッシ」


(2) CC#6
「なりたい自分」

(3) AC#4
「分散バージョン管理システム」

I田さんは、フィリピンの語学学校で出会った韓国の友人の思い出、T田さんは、20歳の時に太平
洋に向かって叫んだ言葉、T邊さんは、画期的なシステムの紹介といずれも個性的なスピーチに、
聞き応えのある充実した時間を共有できました。

もう1本は、ハイパフォーマンス・リーダシップ・プログラムから1回目のスピーチを、S井さん
が致しました。
タイトルは「コンテスト運営を楽しみましょう!」  次年度のコンテスト運営に計画的に余裕を持
って臨むことが目標とのメッセージがありました。

本日の論評者は、S川さん、Y井さん、K塚さんの3名です。レベルの高い3名の論評者に聴衆は学
びがあり、甲乙つけ難い選択となりました。3人の論評者に共通していた点は、スピーカーの成長
を中心に考えて、それぞれがさらに成長できる点をきちんと伝えられたことです。

総合論評者S井さんからは、論評の基本のサンドウィッチ方式、最後のまとめの大切さ、提案した
ら自分で考え出した言葉を伝えること、趣のある言葉選びについてなど、提案がなされました。

最後のゲスト感想では、2回目見学の2名の方から、入会宣言があり、7月に2名の新しい仲間が
増えます。

最後にK島会長の熱い1年間の会長としてのメッセージがあり、CLマニュアルの返却があり、定刻
どおりいつものように例会が終了しました。

当たり前のことをきちんと行うこと、継続の影には人知れず努力があることを感じる例会でした。
役員の皆様、1年間、お疲れさま!

第100回記念例会

去る2012年6月16日、学士会館にて
飯田橋トーストマスターズクラブ第100回記念の特別例会が行われました。

100回分の感謝をこめてたくさんの企画がおこなわれました。

まずは、来賓の皆さまより祝辞をいただき、

T田さんの乾杯のスピーチ、そして乾杯。

例会を振り返る記念映像の上映、飯田橋をテーマとしたテーブルトピックス、お楽しみ抽選会。


そして表彰式、今までお世話になった方々への表彰がおこなわれました。

最後に、クラブファウンダーのS井とO江さんによるスピーチで幕を閉めました。

ここでもう一つ嬉しいことに酒井さんのスピーチを終えたことで飯田橋TMCはDCP10ポイント満点を達成しました。DCP(Distinguished Club Program)とは、クラブの活動指標で、クラブの質や活気の度合いと相関関係があります。
飯田橋TMCは、現在127ある日本のクラブの中で、今期トップの実績を達成しました。
おめでとうございます!
記念例会に更にもうひとつ華を添えました。


歓談時間中含め、ほかにもたくさんの方にお祝いの言葉をいただきました。

参加していただいた皆様、そして今まで飯田橋クラブを支えていただいた皆様。
本当にどうもありがとうございました。
今までに感謝しつつ、未来に向けて着実に進んでいきます。
これからも飯田橋トーストマスターズクラブを宜しくお願いいたします。

第99回通常例会

2012年6月2日 千代田区富士見区民館にて
飯田橋トーストマスターズクラブ第99回例会を開催しました。

まず初めにI井さんの入会式が行われました。
I井今後とも宜しくお願いします。

そうして始まった例会、本日は役員選挙が行われました。
役員選挙は、来期の役員を決める一年に一回の大事なイベントです。
会長を初めとして、7人の役員が選ばれます。

まずは会長の選挙から始まりました。推薦委員から推薦されたT内さんが会長候補に立候補しました。

T内さんの所信表明演説も終え、T内さんで会長は決まりかと思いきや、
まさかの対抗馬、T辺さんが立候補しました。
T辺さんは、飯田橋クラブを温泉クラブに変えると宣言し、会費も50万に引き上げるという所信表明演説を
行い、飯田橋クラブのメンバーを困惑させました。
緊張の中、投票が行われ・・・選ばれたのはT内さんでした。(なんと5票もT辺さんに投票がありましたが・・・)
その後T辺さんは役員選挙を盛り上げるため、対抗馬が出た場合の対処をみなに見せるため対抗馬役を引き受けたという種明かしがされました。
ただ単調に行うだけでなく、楽しく学ぶということを身をもって示していただいたT辺さん、ありがとうございました。

その後は順調に選挙が行われ、来期の役員全7名が選出されました。
皆決意を新たに、所信表明演説で力強く語っていました。

その後は通常の例会のプログラムに移ります。
役員選挙で時間が押していたためスムーズに進められました。

まずは、即興スピーチを行うテーブルトピックが行われました。
来月から来年の6月までが次期役員の任期となります。
今日のテーブルトピックスマスターはS村さん。
時間がなくて2人しか当てられなかったものの、
しっかりと場をまとめていました。

その後はスピーチが3本行われました。

一人目はK冶さん
京都岡崎の魅力を地図とあわせて語っていただきました。

二人目はJ見さん
拍手の大事さを実演を交えながら皆に伝えていました。

三人目はS川さん
現代史は面白いということを、さまざまなスライドとともに話しました。

そんな三人のスピーチにたいし、
三人の論評者がさまざまな切り口で論評を行いました。
もっと周りを見ること、結論だけでなく理由もしっかりつけること、
話をポイントとなるところに絞ることなど、為になる論評が行われました。

最後に表彰式が行われ、
ベストテーブルトピック賞にT田さん
ベスト論評賞にD井さん
ベストスピーカー賞にJ見さん
が選ばれました。

時間に押されつつも、なんとか終了時間をオーバーせず例会を終えました。

本日もたくさんのことを盛り込んだ、実りある例会となりました。
次回は100回記念の特別例会ですが、その後もどんどん学びある例会をしていきます。
スピーチを学びたい、うまく話せるようになりたい方、一緒に学びませんか。
ぜひ一度、見学にいらしてください。