2021年」カテゴリーアーカイブ

第340 回 (7/17) 通常例会

2021年7月17日(土)18:00~

第340回通常例会

ZOOM(オンライン)+一部東京ボランティアセンター

 

ようこそ、飯田橋トーストマスターズクラブ(TMC)のHPへお越しくださいました。

さて、これから、7月17日に行われた 第340回通常例会の様子をざっくりご報告しますね。

 

トーストマスターズクラブの1年間は、7月から始まります。

新しい役員さんたちのクラブ運営のもと、今回は2回目の例会でした。

 

前日に梅雨明け宣言があって、オンライン例会ながら、弾けたいムードがムンムン。

S藤E子会長の「私はいい女宣言」からはじまった今夜の例会。今日も楽しくなりそうな予感です。

 

TMOEは、前会長のK松さん

1年間会長挨拶をされてきた安定感が光っています。

 

最初は「今夜の言葉」のセッション。

紹介された言葉を例会中にできるだけ使い、語彙を増やすことを目的とするセッションです。

今夜の担当はY武さん

Y武さんから紹介された言葉は「手前味噌」。謙虚さを織り交ぜながら自画自賛をする時に使います。例えば「手前味噌ですが、今日のスピーチは我ながら、うまく行ったように思います。」などなど。みなさん、例会中に、たくさん使っておられましたよ。

 

準備スピーチ前のスペシャル企画は、Happy&New(Good&New)」

24時間以内にあったよかったこと、新しく経験したことを、全員が披露し合います。

一般的には、輪になって、クッシュボールを渡して、次のスピーカーを指名するのですが、

今回は、予め、順番が決まっていて、オンラインの画面ごしに、その人にボールを渡す設定。

なにより、画面ごしに、ボールを受け取るその受け取り方が、面白いのなんのって!笑

プロティンがうまくとけたことがハッピイだった方、素敵な場所の予約ができたそのハッピイな写真を見せてくださる方、博士論文が提出できた喜びを語ってくださった方・・・などなど、参加者全員が、全員分のハッピイを共有できるという、とても楽しいコーナーでした。

 

【準備演説】

 今夜のスピーカーは2名。

(1)H原さん。タイトルは、『ギリギリのリーダーシップ』

「自分のリーダーシップスタイルを理解する」というパスウエィズ(トーストマスターズクラブのマニュアル)からの難しい課題に挑戦。

お仕事(不動産管理)で起こった2つのハプニングに対して、リーダーシップを発揮して、

事をうまく納めた体験を語ってくださいました。2つのエピソードは、いずれも、夜中に、

電話で起こされる設定。辛そう。2つのエピソードを披露する時に、同じ設定を繰り返し使うことで、聴いている我々は、「え?また?夜中に電話で起こされちゃったの?こんなことが何回もあるの?なんて、辛い仕事・・・。頑張って・・・。」と、H原さんを応援する気持ちがより強まったと思います。周りの人を味方につける。これぞリーダーの大きな要素。スピーチの中のリーダーシップもさることながら、例会中におけるリーダーシップもなかなかのものでした。

(2)T井さん。タイトルは『NNKを吹き飛ばす』

「会員にとって馴染みのないトピックを聴かせつつ、聴衆と気持ちを通わせる」という、パスウエィズからの、これまた難しい課題。

パスウエィズは、課題が難し過ぎて、その課題に見合ったスピーチの内容を考え出すのが一苦労なのですが、T井さんは、トピックを見つけるのがとても上手。

飯田橋TMCは、若い人々が集まった、トースト界ではわりと珍しい(と思われる)20歳代~30歳代の方々が大半というクラブです。そんな中で、T井さんが選んだトピックは、

「フレイル」という現象について。フレイルとは、「高齢者が、健常な状態から要介護に至るまでの課程」のことをいうのだそうな。これは、確かに、飯田橋TMCの聴衆にとっては、

馴染みのないトピックですよね。そして、この馴染みのないトピックを聴かせつつも、しっかりと若い会員さんたちと気持ちを通わせることができてしまうのが、T井さんです。

ちなみに、タイトルのNNKは、ねんねんコロリ。寝たきりで天国に行くことだそうで、

そんなのは嫌だ~!『NNKを吹き飛ばせ』というT井さんのスピーチでした。

 

さて、お次は、テーブルトピックス(以下TT)のコーナーです。

TTマスターがお題を出し、それに、即興で回答する、という・・・誠にエキサイティングなセッションです。

TTマスターは、S村さん。

緊急事態宣言を乗り切るコツ、あなたの熱中症対策、あなたがもしオリンピックの開会式で演説するなら?等々、時流にあったお題が出されました。みなさん、まさに当意即妙、一瞬で素晴らしい回答を披露してしまうので、私などは、大いに感心してしまいました。

 

最後は、論評のコーナーです。

トーストマスターズクラブでは、スピーチはやりっ放しにせず、きちんとフィードバックの時間があります。

トーストマスターズクラブには先生がおらず、スピーチなどのフィードバック(論評)は、会員同士で行います。この論評がとてもよい勉強になります。スピーチをよく聴き、そのスピーチのよかった点、改善点を、短時間でまとめ、3分ほどの時間で、みなさんの前で発表します。今夜の、スピーカー(1)H原さんのスピーチに対する論評はM川さんが、スピーカー(2)T井さんのスピーチに対する論評はY井さんが担当されました。

論評は、集中してそのスピーチを聴かないとできるものではありません。さらに、みなさんの前で、よかった点、改善点を要領よく、決められた時間内に発表することが求められます。スピーチを集中してよく聴き、短い時間でしっかりとポイントをまとめ、決められた時間内に発表する、という技が鍛えられるのが論評です。

M川さんも、Y井さんも、短い時間内で、要領よく、見事な発表をされていました。

 ■受賞者■

ベストスピーチ賞 萩原さん

最優秀論評賞 三川さん・安井さん

最優秀テーブルトピックス賞  源さん

さてさて、長い文章、失礼しました。

トーストマスターズクラブはパブリックスピーチ力を養うクラブですが、それに余りあるものが得られる場であります。

人前で話す機会を得たい方、トレーニングをしたい方、一度、飯田橋TMCの例会を見学にいらっしゃいませんか? とにかく、百聞は一見に如かず!です。

次回からは、会場+オンラインのハイブリッド例会になります。

会場からでも、オンラインからでも、みなさんのご参加を心よりお待ちしております!

あ。トーストマスターズクラブは、安心して失敗ができる場所なので、大丈夫ですよ!

楽しく学びながら、私たちと一緒に、成長していきましょう!

第335回 (5/15) 通常例会

読者の皆さんこんばんは。
例会終わって早1週間、満を持して第335回例会ブログ始まるよ!

Break Through 自分をブチ破れ!
会長・Kさんが掲げたエネルギーに溢れたテーマで過ごす今シーズンも残すは2回。
新型コロナウイルス対策で始まったオンライン例会にもすっかり慣れた?飯田橋TMCのメンバー達。今回も対面形式と遜色なしの大盛り上がりな例会となりました。

【今夜の言葉】

「一言でいうと」

担当のMさんから発表された今夜の言葉は日ごろ使いそうであまり使わない言葉。WEB会議もすっかり日常の一部になりましたが、やっぱり対面に比べると伝えられる情報量は少ない。だからこそ要約を示すこの一言の価値はより高まっていると言えますよね。使い方をマスターすればWEB会議でより良いコミュニケーションを取ることが出来るでしょう。時勢に沿った素晴らしい言葉、ぜひ皆さんも意識して使ってみてください。 

【準備スピーチ】
どんどん行きましょう。今夜のスピーチは3本でした。

①    「そうだ 廃墟 行こう」Kさん
廃墟に魅せられたKさん。廃墟が持つ魅力を自身の体験からたっぷり教えてくれました。廃墟って暗い、汚い、怖いといったネガティブな感情が出てきがちですが、Kさんのスピーチを聴いていると不思議と魅力的に見えてきます。そしてスピーチも終盤、廃墟に魅せられたKさんが一枚の写真を見せてくれました。どこかの森の中にある廃小屋・・?そこには驚きの真実が! 

真実が何か気になりました?

気になった方は飯田橋TMCまで:)

②    「YKGが決め手」T(S)さん
舞台は朝の日本橋。ファミリーレストランGで優雅にコーヒーを楽しみ、“良い気分を心にある銀行に貯める”のTさんの耳に突然大きな音が突き刺さります。

「何やってんだよ!!」

声の主はどうやらリモート会議の真っ最中な模様。コロナ禍ですっかり社会インフラになったリモート会議も公共の場でこうも大きな声でされてはたまったものじゃありません。イライラが募りそうな場面ですがなんとTさん、まったく動じません。コーヒーをお代わりに行く余裕すらあります。

なんでそんな余裕なのか。

応えはYKGにありました。

YKGに余裕があればイライラも気にならない!そう語るTさん。確かにYKの時はなんでも許せる気がする、と納得するメンバー達。YKが貯められるなんて盲点でした。いっぱい貯めればまさに無敵ですね:)

え、YKGってなんだって?

応えは文章の中にあるので探してみてください。わからなかった方はお問い合わせフォームまで^^

③    「もし、トーストマスターズの会費が月5,000円だったらあなたは会員を続けますか ~成功率100%の学習方法~」T(Y)さん
会費が月々5,000円だったら続けますか?

いきなりドキっとする質問からスピーチは始まりました。
会費が年間6,600円の飯田橋TMCの面々からすると月々5,000円は10倍近い衝撃の値上げです。 

驚く一同を前にたとえ月々5,000円でも間違いなく続けると宣言するTさん
どうやらトーストマスターズには月謝の10倍以上の価値があるようです。

「人が成長するにはどのような環境が必要だと思いますか?」

メンバーに問いかけるTさん。
成長するにはインプット(知識の吸収)とアウトプット(実践)が必要なのは良く耳にしますが、Tさん曰くそれだけでは不十分。アウトプットの効果を最大化させるにはレスポンス(評価)が重要だと教えてくれました。
確かにやった事に対して評価が有ると無いではその後の取り組み方もモチベーションも全然違いますよね。Tさんはそれが日常の社会生活ではなかなか手に入らない事、トーストマスターズはその場を与えてくれることを語り、そこには月々5,000円以上の大きな価値があることを示されました。

評価と聞くとドキっとする方もいらっしゃるかもしれませんが、飯田橋のメンバーの評価はその人を成長させようと願う暖かな光ですのでどうぞ安心してください。

自身の成長の舞台に飯田橋TMCはいかがでしょうか。
気になった方、連絡お待ちしております:)

【テーブルトピック】
今夜のマスターはSさん

お題はなんと「今日の例会」

例会の内容がそのままテーブルトピックになるというなかなか見ないユニークなお題でした。
当てられる前に必死に頭の中で例会の復習をするメンバー達。
遅刻してきたメンバーも参加できなかった時間の内容を知れるナイスアイディアです。
テーブルトピックのお題の新たな例を示してくれたSさんに拍手:)

【論評】

①    Kさんへの論評 Cさん
KさんにはベテランのCさんからからフィードバック。
良かった点、スピーカーのこだわりを感じた点をたくさん紹介頂きました。
また、こうすればより良くなると実践形式でレクチャー。
良い点がんがん伸ばしながらベテランの技どんどん吸収していきましょう:)

②    T(S)さんへの論評 Sさん
Tさんには前々会長のSさんからフィードバック。
「小説のような丁寧な描写」とスピーチの良さをしっかり評価。一方でスピーチの改善点をしっかり指摘。レスポンスを受けて自己成長に繋げる場が飯田橋TMC。一緒に成長していきましょう。

③    T(Y)さんへの論評 Jさん
ベテランスピーカーTさんへの論評はこちらもベテランのJさんが担当。会場から意見を引き出し、スピーチを補強するというTさんが披露したテクニックをメンバーに紹介し、効果や良さを解説するJさん。一方、テーマとスピーチ内容が少し合っていなかったと課題もしっかり指摘。Tさんのみならずメンバーにとっても大きな学びとなった論評でした。

【今夜の表彰】

ベストスピーカー:T(S)さん

ベスト論評賞:Jさん

ベストテーブルトピック賞:Kさん

皆さんおめでとうございます。

【おわりに】

今季も残すは2回。オンラインながらも最後まで大いに盛り上がった第335回通常例会、これにて幕引きです。

おもしろそう!ちょっと気になる、そう思った方は飯田橋TMCまで^^

それではまたの機会までごきげんよう~