Category Archives: 2012年

2012年の例会記録です。

第111回飯田橋トーストマスターズクラブ例会

12/1(土)第111回目の例会が開催されました。

本日は、会長のT内さんが欠席のため、副会長のS川さんのプレジデントスピーチでスタート。

会長の代役をしっかりと務められていらっしゃいました。

さて、今年も残り1ヶ月。例会も今回を含めて残り2回です。

年末に向かい忙しさが増してくる12月ですが、本日の例会はT田さんの落ち着いた

語り口で粛々と滑り出していきました。

今夜の言葉は、「すごい」(程度がはなはだしい)の言い換えで「滅法」です。

普段からよく使う表現のバリエーションとして取り入れやすく、各スピーチの中で

ふんだんに盛り込まれておりました。

今夜の準備スピーチは4本です。

1本目はN之宮さんのアイスブレーカースピーチ。

トーストマスターズに入会して記念すべき、最初のスピーチですが

例会おきた出来事のエピソードなど盛り込んで快調な滑り出し、ご自分の信条を語り

上手く自己紹介をされていました。

2本目は、I田さんです。

小さい頃からのあこがれであったノイスヴァンシュタイン城を訪れた体験を

豊富な写真資料といっしょに紹介されていました。

いつもながら軽妙でユーモラスな話し振りに、ぐいぐい引き込まれました。

3本目は、Y井さんです。

プロジェクトはトピックのリサーチ。

日本の国債が抱える問題を取り扱い、選挙を控えたタイムリーなスピーチでした。

こちらのスピーチでは、国債発行額や金融資産といったデータを上げられた、わかりやすい解説。

「世界一受けたい授業」に例えられた評価に、聴衆は納得の出来映えでした。

最後を飾るのはT辺さんの上級スピーチで、スピーチプロジェクトは「お知らせするためのスピーチ」です。

最近、職場や家庭で、風邪やノロウィルスなどが流行っている話を良く聞きますが

予防や治療としての「うがい」の大切さを、あらためて勉強させてくれました。

鼻腔の断面図、鼻うがいの治療器具など、仕組みや有効性を示した説明は、病院からの

「お知らせ」のようでした。

以上、4本のスピーチ。どの方も興味深い内容で時間はあっという間です。

次のセッションは、H間さん司会の即興スピーチです。

準備スピーチで取り上げられたテーマをヒントに、無理のない質問をまとめ上げる

回転の速さとバランス感覚がさすがでした。各スピーカーは、即興スピーチに悩みつつも

自分なりの回答を発表されていらっしゃいました。

例会の最後のセッションは、「論評」です。

私たちは、会員同士フィードバックを交換することで、スピーチスキルの向上を目指しております。

各準備スピーチに対して論評者から、スピーチの「良かった点」と「改善点」が

スピーカーへフィードバック。ポジティブな意見交換で、スピーカーのモチベーションもアップしたことでしょう。

この日のベストスピーカーは、「I田さん」が受賞しました。

幼少期のエピソード、印象深い写真資料、盛り込まれたキーワードがベストスピーカーに

結びついたのだと思います。おめでとうございます!

今夜は4人のゲストの方にお越しいただきました。

ゲストのみなさんからは、スピーチを実際にご覧になると、必ずモチベーションがあがったとの感想をいただきます。

「人前でもっとうまく話したい」と思っているみなさん、ぜひ、例会で良い刺激を受けに

いらしてくださいね!!

第109回飯田橋トーストマスターズクラブ(TMC)

10月20日に、第109回通常例会が開催されました。
本日の総合司会は、初めて担当するS村さんです。
初めてとは思えない、とても安定感のある司会ぶりでした。
まずは、準備スピーチの部から始まります。
本日のスピーカーは3人でした。
まず一人目、H間さん。
お酒が飲めないがために、人生の楽しみの半分を損している気がする、というスピーチでした。
確かに、大人になると、多くの人とお酒を飲む機会って増えますよね。
みんな酔っぱらっている中、一人だけシラフなのは、辛いことかもしれません。
スピーチ後の総合司会S村さんの一言、
「お酒が飲めても、人生の半分を損することもある」
という切り返しも印象に残りました。
二人目は、先日エリアコンテストの実行委員長を務めたY井さんのスピーチでした。
タイトルは、トーストマスターズのキャッチコピー「Where leaders are made」。
エリアコンテストの運営を通して、リーダーシップスキルを学べることを実感したそうです。
Y井さん、実行委員長本当にお疲れさまでした!
三人目は、S川さんで「シューティングゲームの解き方」。
シューティングゲームの歴史を振り返りながら、人生はシューティングゲームと同じだ、というとても斬新な切り口のスピーチでした。
シンプルなスライドも、とてもすばらしかったです。
次は、即興スピーチのテーブルトピックスです。
今夜の言葉で「鼻毛を読む」と発表したI田さんが、お題を発表する役割(テーブルトピックスマスター)でした。
ゲスト、メンバー、ベテランと、非常にバランスよくスピーカーを選んでいました。
そして、論評の部です。
トーストマスターズには、先生がいないので、メンバーがお互いに建設的なフィードバックをします。
各論評者は、的確に建設的なフィードバックをしていました。
最後にお待ちかね、授賞式の発表です。
ベストテーブルトピックス賞・ベスト論評賞・ベストスピーカー賞は、それぞれ以下の3名でした。
T田さん
T田さん(もう一人のT田さんです)
Y井さん
おめでとうございます!
私たちは「Where Leaders are made(リーダーが生まれる場所)」を標語に、日々活動をしています。
そこには、コミュニケーションスキルやリーダーシップスキルをお互いに磨き合う場所があるのです。
次はあなたの番かもしれません。
ぜひ足を運んでみませんか?
いつでも歓迎致します!

第108回飯田橋トーストマスターズクラブ通常例会

2012/10/06、第108回飯田橋TMC例会が行われました。
場所は富士見区民館、2Fの洋室で行われました。
今回部屋は小さかったものの、ゲストも4人、
更に飯田橋OB、今はコスモスTMC等で活躍されているK藤さんにも来ていただき、
熱気を持ちつつ、会が始まりました。

本日の司会は初の司会担当となるH間さんが担当です。
明るい雰囲気で、会が始まりました。

今回は新たな試みとして、いままでは
テーブルトピックス(即興スピーチ)→準備スピーチ→論評
という流れで行われていたのですが、今回から
準備スピーチ→テーブルトピックス(即興スピーチ)→論評
という流れを試して見る事とになりました。

というわけで、早速準備スピーチに入りました。
まず1本目はI田さんのスピーチです。
自分の旅行の経験をユーモアをまじえつつ語っていただきました。
物事の例えをほとんど子錦をつかってたとえており、
そのユニークさに部屋が笑いに包まれました。

2本目のスピーチはK塚さんのスピーチです。
阿弥陀さまになりきって、4天王を説明するというもので、
阿弥陀様のインパクトと、4天王のためになる話とが不思議な融合を遂げて、
とてもパワフルなスピーチとなり、聴衆に衝撃を与えていました。

3本目は、この記事の初めでも紹介させていただいたK藤さん
古代中国、処刑前に命がけで詩をつくり助かった兄弟の話と
現在のテーブルトピックスの話をうまく絡ませ、
非常に興味深く、言葉の妙やテーブルトピックスのルーツを
考えさせられるスピーチに皆で聞き入りました。

 

3本のスピーチの後はテーブルトピックスが行われました。
今回のTTマスターはK島さんです。
今回初の試みながら、質問の内容とスピーチの内容を
うまく絡ませつつ、よい緊張感をもった、即興スピーチが行われました。

最後は、スピーチに対する論評が行われました。
各スピーチのすばらしかった部分、
話す内容の配分や、結論のまとめかた等様々な論評が繰り広げられました。

そして、表彰式が行われ、
今回は
最優秀テーブルトピックス賞 T内さん
最優秀論評賞 Z見さん
最優秀スピーチ賞 K藤さん
が受賞されました。おめでとうございます。

トーストマスターズクラブはこのようにスピーチ力、リーダーシップ力を高めるべく
日々活動しています。
是非一度見学にいらしてください、お待ちしています。

第107回飯田橋トーストマスターズクラブ(TMC)

2012/9/15に行われました、第107回飯田橋TMC例会。
今回は特別に広報担当T田が、報告をさせて頂きます。

本日は、Y井さんが総合司会です。
9月29日に行われるエリアコンテストのホストクラブが飯田橋TMCと
なっております。
そしてそのエリアコンテストの総合司会を務めるのがY井さんなのです。
今回の例会は通常スピーチ2本に加え、エリアコンテストのリハーサル
を兼ねての例会となりました。

まるで本番を見ているかのようなテーブルトピックスエリアコンテストが
始まりました。
飯田橋TMCからは日本語部門 H間さん、K島さん
英語部門からはRさんT田さんが参加致します。

本番さながらの質問は もしあなたが日本相撲協会の会長だったら
日本の横綱を生み出すためにどのような手法をとりますか?

でした。

皆さん本番も頑張りましょう。

さて準備スピーチは今回初めてのスピーチであるOさんと
ベテランS木さんとなりました。

とても初めてとは思えないスピーチでボディーランゲージを取り入れ
自己紹介スピーチをしたOさん。
今後の成長が楽しみです。

そして今回が1年ぶりのスピーチとなるS木さんはまるはなというハチとの
思い出から命を学んだ話をされました。
とても1年ぶりとも思えないスピーチで会場が笑いと感動の渦に。
次回のプロジェクトナンバー10が楽しみです(1年後になるんですかね・・・)

ともあれ第107回も大盛況で幕を閉じました。

次回はエリアコンテストです。

悔いの残らぬよういい杭を打ちましょう。

第106回飯田橋トーストマスターズクラブ(TMC)

2012/9/1に行われました、第106回飯田橋TMC例会。
総合論評担当TKDが、報告をさせて頂きます。

本日は、スピーチも人生も面白すぎる、スポールブール日本代表T田さんが総合司会です。そして今日のテーマは未来例会。それぞれのスピーカーが自分にとっての未来、につい語っていきます。

教育の部は、テーブルトピックからです。今日のテーブルトピックマスターはM澤さん。まだまだ暑い日が続きますが、去りゆく夏を惜しみつつ、この夏についてのお題を提出していきます。答えやすいテーマで、各スピーカーから、夏のエピソードを引き出していました。

そして、本日の準備スピーチは、なんと上級スピーチ3連発!

トップバッターは会長T内さん。楽しませるスピーチ「若さの秘訣 – Part1-」。
普通のスピーチでもデフォルトで楽しいT内さん。スピーチテーマに違わず、聴衆を笑いの渦に巻き込むスピーチです。若さの秘訣を例を、自らもネタにちつつ、紹介していました。楽しかったことももちろんですが、切り口の鋭さ、観察力があって楽しいスピーチができるということを再認識させる力のあるスピーチです。

次はベテランT辺さんで、知らせるためのスピーチ「コミックマーケットのように発展しよう」。
しょっぱなから、映像のマテリアルで、分かりやすい!
また、コミケと、トーストマスターズクラブを比較し、参加者にも分かりやすい切り口でコミケを解説する。実際の作品を聴衆に配り、まさに体験して理解して貰う。
これら知らせるための工夫がちりばめられたスピーチでした。

最後はこれまた大ベテラン。飯田橋のお母さんことS井さんの「森は海を海は森を恋ながら悠久よりの愛紡ぎゆく」。上級マニュアル「語を語る」#5です。
スピーチタイトルでもある、歌と、森と海との深い関係。被災地での牡蠣養殖の復興を、大きなスケールで結び付ける素晴らしいスピーチでした。S井さんの出会いや経験そのものが大きな物語と言ってもよいのですが、その中で語られるタイトル歌が、スピーチ全体に格調の高さを与えていました。

これらのスピーチが終わり、後半、論評の部。

ベテラン勢の上級スピーチに対して、H間さん、Y井さん、S木さんから、よかった点のフィードバックと、的確なアドバイスがなされていました。
飯田橋でも増えてきた上級スピーチについて、ますます充実した論評が行えるよう、上級マニュアル内容の更なる情報共有を進めることを、未来のための提案としつつ、教育の部は終了です。

今日の例会は、まさにテーマの「未来」を感じさせる例会になりました。
過去があるから未来がある。上級スピーチが増えたのは、飯田橋の過去の積み重ねがあるからですが、飯田橋TMCの未来への挑戦も暗示しており、興味深かったです。

第105回 例会 『飯田橋TMCテービルトピックスコンテスト』

きたる8月16日(土)に飯田橋TMCテーブルトピックコンテストが行われました。

H田実行委員長、T辺審査委員長、インタヴュアーS川さんの下盛大に行われ、

今回もコンテスタントが計15名(日本語14名、英語6名)と大盛況でした。

お題は日本語がリーダーを選ぶとき、あなたはリーダーに何を求めますか?

英語がWho do you consider your hero or heroine? why?

でした。

日本語部門 1位 H間さん 2位K島さん 3位T田さん

英語部門  1位 Rさん 2位 T田さん 3位K島さん

おめでとうございます。

1位と2位の方はエリアコンテストへ出場致します。

LET ENJOY NEXT STAGE!!!!

 

 

 

第104回飯田橋トーストマスターズクラブ(TMC)

第104回飯田橋トーストマスターズクラブ(TMC)の例会!

報告は、総合論評担当Y井です。

会長T内さんからの開会宣言で例会スタート。

今夜の総合司会は、いつも元気いっぱいなK塚さん。

どんどん新しい会員が増えてきて、勢いがある我がクラブ。

最近入った会員は、古くからいそうなあの人はどんな人だろう???

ということで、『あらためまして、みなさん、こんばんは!例会』と銘打って、

全員が1分間の「自己紹介スピーチ」で、みんなをもっと知ろうという企画です。

今夜の言葉はJ見さんの「趣き」。

落ち着いた語感の和のテーストがある今日の言葉。さて、趣きのある例会となりますでしょうか。

続いて、ヘルパー、S木さん、Sさん、H間さん、S村さんから役割の説明です。

自分分の役割だけでなく、スピーカーが気を付けるべき点についても触れていて、

みなさん丁寧で、わかりやすい説明でした。

ここから教育セッションです。

■テーブルトピックス(TT)

テーブルトピックスはテーブルトピックスマスターが出したお題に対し、即興で答える、

ドキドキ、ワクワク、ハラハラなセッションです。

本日のTTマスターは、H田さん。「花火の思い出」、「海と山のどちらが好き」など、夏をテーマにしたお題。ゲストも方も参加し、いつもながら笑いの絶えないTTでした。

■準備スピーチ

一人目の準備スピーチは、いつも勢いのあるスピーチのI田さん。

タイトル「機関車とトーマス」からは想像できないスピーチの内容。

#8ビジュアルエイドの目標に沿って、手書きの温かみのあるスケッチとホワイトボードを駆使し、幅と深みのある分析が繰り広げられます。

次々と繰り出されるユーモアで会場を爆笑の渦に巻き込みながら、

お得意のI田法則を導いてくれました。

二人目の準備スピーチは、いつも穏やかな笑顔のD井さん。

#6ヴォーカル・バラエティのタイトルは、「ヴォイス・トレーニング」。

苦手のヴォーカル・バラエティをどうやって克服するか。

成長続けるD井さんのポジティブなスピーチでした。

三人目の準備スピーチは、一瞬にして会場の空気を自分のカラーに染めてしまうS村さん。

#6ヴォーカル・バラエティのタイトルは、「あせも」。

どんな内容なの、と聞き手の興味を引きながら、独特の「間」が醸し出すS村節で、

今夜も会場をじっとりとさせてくれました。

■論評の部

トーストマスターズクラブには先生がいません。

会員同士が教え、教えられ。先生が生徒となり、生徒が先生となります。

今回の論評者は、S井さん、O江さん、T田さん。

いずれも飯田橋が誇るトップ論評者のみなさんです。

3人のスピーカーのそれぞれに対しての今後の成長のために的確なアドバイスだけでなく、論評それ自体が一つの完成されたスピーチになっていて、さすがです。

論評も終わり、いよいよ表彰式。

接戦の中、受賞されたのは下記の方々。

ベストテーブルトピックス賞 S田さん(ゲスト)

ベスト論評賞 T田さん

ベストスピーカー賞 I田さん

表彰式も終わり、総合司会のK塚さんから会長のT内さんへ例会のコントロールをバトンタッチ。

K塚さん、楽しい例会の企画と運営、お疲れ様でした。
今夜も、あっという間の2時間でした。

楽しくて、おかしくて、ためになって、気付きを得て、自分が成長できる!

それが飯田橋トーストマスターズズクラブです。

一度、お気軽に見学にいらしてください!

お待ちしています。

 

 

 

 

第103回飯田橋TMC例会

第103回飯田橋TMCの例会!

ご報告は本日の総合論評担当、S木からさせていただきます。

新会長T内さんからの初々しい開会宣言で例会スタート!

そして、本日は前回例会に続き、入会式が行われました。新会員のOさんをお迎えし、ますますパワーアップする飯田橋TMCです。

今夜の総合司会(TMOE)は独特の語り口調で聴衆を魅了するS村さん。

S村節が今夜も炸裂です。

今夜の言葉は島Mさんの「あきらめがいい・あきらめがわるい」です。一見使い慣れた言葉と思われますが、場面場面で、ポジティブに使うことも、ネガティブに使うことも出来る奥の深さを感じさせる言葉です。

続いて、各ヘルパーの方々、K治さん、T田さん、J見さん、S川さんから役割の説明がされました。みなさんオリジナリティのある、わかりやすい説明をされました。

ここでお待ちかねの教育セッションに移ります。

■テーブルトピックス(TT)

テーブルトピックスはテーブルトピックスマスターが出したお題に対し、即興で答える、ドキドキワクワク刺激的なセッションです。

本日のTTマスターはI田さん。夏をテーマにしたお題で、I田さんならではのユニークなコメントを連発し、笑い声の絶えない夏祭りを感じさせるようなTTでした。

■準備スピーチ

一人目の準備スピーチは、前回入会したニューフェイスのSさん。

「仕事の夢と現実」というタイトル。構成力のある内容と興味深いお仕事の話しから、聴衆の気持ちをガッチリ掴み、なおかつSさんのお人柄が伝わる、初めてとは思えない素晴らしいスピーチでした。

二人目の準備スピーチは、新役員のM澤さん。

「生涯の一冊」興味津々なタイトルです。宮本常一、日本を代表する民俗学者が書かれた「忘れられた日本人」という本を紹介。「一文一文に深みがあり、一文を選ぶのがもったいない」など、深みのある言葉でスピーチされました。

三人目の準備スピーチは、只今急成長しているN岸さん。

「ジャパンナイト」というタイトルで、アメリカの大学に留学していた時代の、ご自分の経験をスピーチされました。アメリカの方々との交流を臨場感のある言葉で私たちに伝えて下さいました。

四人目のスピーチは、いつも元気いっぱい、キュートな笑顔のH間さんです。

「女神の髪型は」という何やら神々しさも感じさせるタイトル。活き活きとしたボディランゲージと巧みな言葉で、ご自分の選んできた人生の選択を語り、私たちにH間さんの元気を振り撒いて下さいました。

■論評の部

トーストマスターズクラブには先生がいません。会員同士でお互い論評し合い、成長していきます。

今回の論評者はT辺さん、D井さん、K島さん、H田さんの4名。ベテラン勢揃いです。

皆さん言葉のチョイスが上手く、それぞれのスピーカーのプロジェクト目標に合った、成長に繋がる論評をされていました。

論評も終わり、いよいよ表彰式。

接戦の中、受賞されたのは下記の方々。

ベストテーブルトピックス賞 Y田さん

ベスト論評賞 H田さん

ベストスピーカー賞 H間さん

表彰式も終わり、総合司会のS村さんから会長のT内さんへ例会のコントロールをバトンタッチ。S村さん、お疲れ様でした。

あっという間に閉会の時間、楽しい時間は過ぎるのが早いです!

今、トーストマスターズクラブに興味を持たれたそこの貴方、ぜひぜひ見学に来てくださいませ!

充実した時間が送れますよ!

お待ちしております。

第102回 飯田橋TMC例会 (2012.7.7)

第102回 飯田橋トーストマスターズクラブ(TMC)の例会が今夜も始まります。

わたくし、総合論評者K塚が、例会をレポートいたします!

7月は、TMCにとって、始まりの月です。

(TMCの1年は、7月から始まり、翌年の6月に終わります。)

まずは、前期会長K島さんからのご挨拶。胸いっぱいの想いを込めた最期のご挨拶でした。

続いて、今期、ディビジョンBガバナーであるT辺さんによる、役員交代式。

ガベル(トーストマスターの必需品、木製トンカチ)を手に、新しい役員達が「これから1年間、精一杯がんばります!」と誓いの宣誓をいたしました。

新旧会長の「会長ピン交換」という儀式は初めて拝見しましたが、厳かな感じでしたね。

そして、新会長T内さんの、会長就任のご挨拶へと続きます。清々しい!

SGさんの入会式もありました。
新しい仲間をお迎えするのは、毎回、心が弾みます。

一緒に楽しく学んでいきましょう!

今夜の総合司会(TMOE)は、頼れる男、S川さん。

どんなハプニングにも動じない、不動の男です。

「今夜の言葉」の担当は、S村Jさん。

じとっ~と、部屋の湿度をあげながら登場し、挙句の果てに、今夜の言葉が「涼しい

(涼やか)」というのだから、演出効果抜群です。

「今夜の言葉」は、紹介された言葉を、例会中、積極的に使ってみて、語彙力を高めようというワークです。

「言葉には、その人の品があらわれます。」と怖いことを言うI田さんを始め、T田さん、I井さん、RDさんの適切なヘルパー説明を聞いた後、いよいよ、本日の教育セッションに

入っていきます。

◆テーブルトピックス(TT)…TTマスターは、S木さん。

TTは、TTマスターが、お題を出し、当てられた人は前に出て、2分程かけて、即興でお題に答える、といった即興力を鍛えるセッションです。

S木さんのお題は、「1年に1回楽しみにしていることは?」「1日のうちで1番楽しみにしている時間は?」「あなたが1番好きな食べ物は?」等々、答える人も、聞いている人も、嬉しくなるような質問ばかりで、とても良かったです。

◆準備スピーチ

本日の準備スピーチは、いろいろな儀式があったため、通常より少なめの2本でした。

○まずは、S村Yさん。

タイトル『わくわくポイント』。基本マニュアルNO.4(表現方法)

蛍の放つ光を見て感動したS村Yさん。飛行機の窓から見えるマレーシアの夜景があまりにも美しくて、頭から毛布をかぶって一晩じゅう眺めていたS村Yさん。無邪気に感動できるのは、子どもだけの特権じゃない。大人になったって、こんなにわくわくできるんだ!

蛍の光や夜景を表現する言葉がとても美しいスピーチでした。

○2本目のスピーチは、今期新会長のT内さん。

タイトルは、『東京のシンボル』。上級マニュアル「知らせるためのスピーチ」NO.2

1657年の「明暦の大火」で焼けてしまった江戸城。江戸城は、その後、再建されることはなかった。それは一体何故??プロジェクターを使わずに、あえて、紙芝居形式のビジュアルエイドを使って、チャレンジングな「知らせるためのスピーチ」をしたT内さん。聴衆を巻き込んだ見事なスピーチ。上級マニュアルからのスピーチでした。

(私は、江戸城は、明治時代の手前まであったのだと思っていたので、ある意味、びっくりしました。)時間オーバーが惜しまれます。

今期、飯田橋TMCは、上級スピーカーが、ぞくぞく登場いたします!乞うご期待!

◆論評の部

TMCには先生がいません。「会員のスピーチを、別の会員が論評する」これが、TMCの一番の特徴です。

○S村Yさんへの論評:M澤さん。

初論評ながら、論評の型をしっかり押さえていました。深い説得力のある声、良い点を指摘する際の根拠もしっかりしていて、良かったと思います。論評は、どうしても、時間オーバーになりがちですね。動画を観ながら、時間内に収まる論評を練習してみるといいと思います。

○T内さんへの論評:J見さん

ベテランの落ち着き、というのでしょうか。危なげないですよね。飯田橋TMCの貴重なお手本スピーカーのひとり!飯田橋TMCは、常に会員数は多いですが、お手本スピーカー層は、(私を含めて)決して、厚くないので、J見さんは、飯田橋TMCにとって、貴重な無形文化財です。守っていきましょう。

ベストテーブルトピック賞:「かつ丼に守られていた」T田さん

ベスト論評賞:「ベテランの落ち着き」J見さん

ベストスピーカー賞「一晩中、頭から毛布をかぶっていた」S村さん

おめでとうございました!

総合司会のS川さん、おつかれさまでした!

TMCの例会は、会員同士で作っていくのが特徴です。

例会の司会をするのも会員、スピーチをするのも会員、会員のスピーチを論評するのも会員です。会員同士で協力をしながら、2時間の例会を作っていく中で、実に多くのことを学びます。

話すことが苦手なあなた!人前に出るとあがってしまうあなた!リーダーシップを学びたいあなた!

飯田橋TMCの例会を、ぜひ、のぞきにいらしてください!

飯田橋TMCの例会は、楽しさの中に、学びがあります。

見学、いつでもいつでも、お待ちしております!

一緒に、楽しく学びましょう!!

 

 

第101回通常例会

本年度最後の例会もK島会長の開会宣言が行われ定刻どおりに始まりました。会長挨拶は、最近話
題のTEDについて例会前見学した様子、NHKでもスーパープレゼンという番組に取り上げられてい
る内容であることなど、私たちが成長するための情報を盛り込んだ内容となりました。

そして、いつものようにゲスト紹介・各役員からの連絡事項、そしてCLマニュアル交換を伝えま
した。
この何気ない普通の作業をきちんと続けて行った1年の結果は、飯田橋クラブがDCP10点満点の
成果にもでています。「継続は力なり」を実感!

さて、今夜のトーストマスターも引き続き、会長のK島さん。役割の説明時に、事前に役割のある
皆様に依頼していた自分の好きな早口言葉を披露しました。緊張の一瞬、そして時には笑いがある
早口言葉の紹介がありました。今日は司会者から最後に早口言葉ベスト賞、カミカミカウントもあ
ります。

今夜の言葉は、K又 さんが、職場で耳にした、偶さか(タマサカ)という古風な言葉をご紹介しま
した。
計時係に始めて挑戦するR大さん、集計係 は次期会長候補のT内さん、えーとカウンター はベテ
ランメンバーのH田さん、文法係は実力派のS木さんとサポートチームも完璧な説明で場を温めま
す。

テーブルトピックスマスターに初挑戦のH間 さんは、いつもと違った志向でこのセッションを進め
ます。
先にお題を4つ提出して、その中からスピーカーがお題を選択してから話します。お題は次の4つ
です。
この1年を振り返って 1.はらはらした時 2.感動した時 3.衝撃的な出来事 4.マイベ
スト例会はいつですか?

全員が考える時間があるため、教育効果の高いセッションとなりました。秋のテーブルトピックス
コンテストに向けて、良い練習となりました。

今夜の準備スピーチは次の3本でした。
(1) CC#5
「デービッシ」


(2) CC#6
「なりたい自分」

(3) AC#4
「分散バージョン管理システム」

I田さんは、フィリピンの語学学校で出会った韓国の友人の思い出、T田さんは、20歳の時に太平
洋に向かって叫んだ言葉、T邊さんは、画期的なシステムの紹介といずれも個性的なスピーチに、
聞き応えのある充実した時間を共有できました。

もう1本は、ハイパフォーマンス・リーダシップ・プログラムから1回目のスピーチを、S井さん
が致しました。
タイトルは「コンテスト運営を楽しみましょう!」  次年度のコンテスト運営に計画的に余裕を持
って臨むことが目標とのメッセージがありました。

本日の論評者は、S川さん、Y井さん、K塚さんの3名です。レベルの高い3名の論評者に聴衆は学
びがあり、甲乙つけ難い選択となりました。3人の論評者に共通していた点は、スピーカーの成長
を中心に考えて、それぞれがさらに成長できる点をきちんと伝えられたことです。

総合論評者S井さんからは、論評の基本のサンドウィッチ方式、最後のまとめの大切さ、提案した
ら自分で考え出した言葉を伝えること、趣のある言葉選びについてなど、提案がなされました。

最後のゲスト感想では、2回目見学の2名の方から、入会宣言があり、7月に2名の新しい仲間が
増えます。

最後にK島会長の熱い1年間の会長としてのメッセージがあり、CLマニュアルの返却があり、定刻
どおりいつものように例会が終了しました。

当たり前のことをきちんと行うこと、継続の影には人知れず努力があることを感じる例会でした。
役員の皆様、1年間、お疲れさま!

第100回記念例会

去る2012年6月16日、学士会館にて
飯田橋トーストマスターズクラブ第100回記念の特別例会が行われました。

100回分の感謝をこめてたくさんの企画がおこなわれました。

まずは、来賓の皆さまより祝辞をいただき、

T田さんの乾杯のスピーチ、そして乾杯。

例会を振り返る記念映像の上映、飯田橋をテーマとしたテーブルトピックス、お楽しみ抽選会。


そして表彰式、今までお世話になった方々への表彰がおこなわれました。

最後に、クラブファウンダーのS井とO江さんによるスピーチで幕を閉めました。

ここでもう一つ嬉しいことに酒井さんのスピーチを終えたことで飯田橋TMCはDCP10ポイント満点を達成しました。DCP(Distinguished Club Program)とは、クラブの活動指標で、クラブの質や活気の度合いと相関関係があります。
飯田橋TMCは、現在127ある日本のクラブの中で、今期トップの実績を達成しました。
おめでとうございます!
記念例会に更にもうひとつ華を添えました。


歓談時間中含め、ほかにもたくさんの方にお祝いの言葉をいただきました。

参加していただいた皆様、そして今まで飯田橋クラブを支えていただいた皆様。
本当にどうもありがとうございました。
今までに感謝しつつ、未来に向けて着実に進んでいきます。
これからも飯田橋トーストマスターズクラブを宜しくお願いいたします。

第99回通常例会

2012年6月2日 千代田区富士見区民館にて
飯田橋トーストマスターズクラブ第99回例会を開催しました。

まず初めにI井さんの入会式が行われました。
I井今後とも宜しくお願いします。

そうして始まった例会、本日は役員選挙が行われました。
役員選挙は、来期の役員を決める一年に一回の大事なイベントです。
会長を初めとして、7人の役員が選ばれます。

まずは会長の選挙から始まりました。推薦委員から推薦されたT内さんが会長候補に立候補しました。

T内さんの所信表明演説も終え、T内さんで会長は決まりかと思いきや、
まさかの対抗馬、T辺さんが立候補しました。
T辺さんは、飯田橋クラブを温泉クラブに変えると宣言し、会費も50万に引き上げるという所信表明演説を
行い、飯田橋クラブのメンバーを困惑させました。
緊張の中、投票が行われ・・・選ばれたのはT内さんでした。(なんと5票もT辺さんに投票がありましたが・・・)
その後T辺さんは役員選挙を盛り上げるため、対抗馬が出た場合の対処をみなに見せるため対抗馬役を引き受けたという種明かしがされました。
ただ単調に行うだけでなく、楽しく学ぶということを身をもって示していただいたT辺さん、ありがとうございました。

その後は順調に選挙が行われ、来期の役員全7名が選出されました。
皆決意を新たに、所信表明演説で力強く語っていました。

その後は通常の例会のプログラムに移ります。
役員選挙で時間が押していたためスムーズに進められました。

まずは、即興スピーチを行うテーブルトピックが行われました。
来月から来年の6月までが次期役員の任期となります。
今日のテーブルトピックスマスターはS村さん。
時間がなくて2人しか当てられなかったものの、
しっかりと場をまとめていました。

その後はスピーチが3本行われました。

一人目はK冶さん
京都岡崎の魅力を地図とあわせて語っていただきました。

二人目はJ見さん
拍手の大事さを実演を交えながら皆に伝えていました。

三人目はS川さん
現代史は面白いということを、さまざまなスライドとともに話しました。

そんな三人のスピーチにたいし、
三人の論評者がさまざまな切り口で論評を行いました。
もっと周りを見ること、結論だけでなく理由もしっかりつけること、
話をポイントとなるところに絞ることなど、為になる論評が行われました。

最後に表彰式が行われ、
ベストテーブルトピック賞にT田さん
ベスト論評賞にD井さん
ベストスピーカー賞にJ見さん
が選ばれました。

時間に押されつつも、なんとか終了時間をオーバーせず例会を終えました。

本日もたくさんのことを盛り込んだ、実りある例会となりました。
次回は100回記念の特別例会ですが、その後もどんどん学びある例会をしていきます。
スピーチを学びたい、うまく話せるようになりたい方、一緒に学びませんか。
ぜひ一度、見学にいらしてください。

第98回通常例会

2012年5月19日 千代田区富士見区民館にて
飯田橋トーストマスターズクラブ第98回例会を開催しました。


通常例会には、毎回ゲストの方が参加されていますが、本日は、私たちの所属するディビジョンBから選出されたコンテスタントのS地さんも参加されました。1週間後に控えた全国大会にて行うスピーチを披露してくださり、その後全員で論評を行いました。全国大会レベルではどのようなマテリアルを使うとより効果的かという発想から、皆でアィディアを出し合い大変刺激のある例会となりました。


今日の総合司会は、初めて司会に挑戦するN岸さん、緊張した面持ちで始まりました。適切な紹介、途中での時間や担当者の調整など、初めてとは思えない司会ぶりでした。やはりいつも例会に参加して学んでいる成果と思います。
今夜の言葉は、Y井さんが「ワクワク」と発表すると、今日はこの言葉を使う予定が無かった会員もどこかで使うことを考える良い訓練となりました。

1番目の準備スピーチはR偉さん、流暢な英語のタイトルを途中で披露し、アイスブレーカーとは思えない内容沢山のスピーチでした。映画のタイトルと自分の生い立ちや幼い頃の出来事を比較しながらのスピーチに、聴衆もワクワクしながら聞いていました。

2番目のスピーチは、S村さんです。スタートでは、紙袋から沢山の携帯電話を取り出して、足下にするという奇抜なアイディアから、聴衆は何を話すのだろうとやはりワクワクさせたスピーチとなりました。携帯電話取得の裏技があるとは知らない会員もおり、情報満載のスピーチでした。

3番目のスピーチは、仕事で少し遅れて参加したD井さんです。現在の仕事が楽しく、職場のインターシップ生の話は、働くことの意味を問う内容となりました。今考えていることをお話する事が、生きているスピーチと実感しました。

最後のスピーチは、ディビジョンB代表コンテスト練習スピーチと銘打って、S地さんの本番さながらのスピーチ。さすがにクラブ内コンテスト、エリアコンテストと勝ちあがってきた素晴らしいスピーチに会員の学習にもなりました。
本日のテーブルトピックマスターは、S川さん。第98回例会にちなんで、数字の「98」や「89」から思いついたお題が出題されました。今年の秋はテーブルトピックコンテストがありますが、こんな奇抜なお題がでたらどんなスピーチをしたら良いだろうと、良い練習になりました。
お題は次の内容でした。1.昔のパソコンの思い出 2.小学校の時の算数の思い出 3.キューバまたは南米について 4.料理で失敗した経験談
5.最近ワクワクしていること。
偶然にもキューバに行ったことのあるT田さんが、3番めのテープルトピックススピーチをすることになりました。聴衆は、楽しみながらキューバの現地情報を聞くことができ知識を広げることができました。

休憩の後、後半の論評では、O江さん、H間さん、S木さんによるスピーカーをさらに成長させる事ができる適切な改善点がありました。一部ご紹介しますと、エピソードはひとつに集中すると話の流れができる、スピーチする時は手を後ろに組まない方が良い、スピーチ目標がボディランゲージの場合は、机の前にでてスピーチをした方が良いなどでした。
本日の特別プログラムとして、全国大会に出場されるS地さんへの応援論評コーナーを設けました。さらに成長するために、全国大会にて入賞するためにと、参加者全員にて論評の時間が設けられました。
マテリアルの大きさは、全国大会の会場用に大きくするなど、特別な会場での効果的なスピーチについて、会員全員からアイディアが寄せされました。S地さん、がんばってください!
例会終了前にゲスト感想を頂いたときに、2回目参加のI井さんから入会宣言があり、飯田橋クラブの会員がまた1名増えることになりました。本日の例会も学びが多く有意義な2時間を過ごしました。

第97回通常例会

2012年5月12日 千代田区富士見区民館にて
飯田橋トーストマスターズクラブ第97回例会を開催しました。

まだ連休を翌日まで残し、出席者が少ないかとおもいきや
これから新しくメンバーになるかもしれないゲストが2名、
他クラブからのゲスト2名を迎え、熱気のある例会です。
特に輝クラブのKさんは、「連休で少ないんだろうな」と
急きょ押っ取り刀でやってきました。

 

この日のスピーチは、才能溢れる新メンバー Iさんが
ユーモアたっぷりに2回目のスピーチをするところから始まった。
母の日を前に高齢者に最適なPCとはどのようなものか?
でも実はネコでも使える!ように見えるスライドを絶妙に操り
大いに笑い、

そしてその練り込まれた準備に感心することしきりです。
HさんはB’zへの大いなる愛を内に秘めつつ、津山への旅から得た
パックツアーでは得られない一人旅のコツを伝えます。
現地での意外な出会い、そこからのつながり。
想いの伝わってくるスピーチでした。 

Yさんは、いつもの落ち着いた語り口もありながら、
ダイナミックに体を使い
21世紀に起きた牛の感染症・放射能騒動からの教訓を
心に伝わるようにスピーチしていました。
でもなによりレバ刺しが食べられなくなるのが悔しいみたいです。

Sさんは、職場にいる尊敬できる先輩たちの姿を伝え、
尊敬の念を誠実に伝えるスピーチ。
先輩に厳しく叱責されるも、先輩が自分自身にも厳しい姿を見て
反発するでも落ち込むでもなく、先輩のようになりたいという
ありようにハートが暖まりました。

そしてこの日はこのようなスピーチへの論評をする論評陣が
オールスター。分析力あり、あるいは、スピーカーへの思いやりあり。
相手の言葉に耳を傾け、フィードバックをすることの力を
実感できるセッション。今日のスピーカーは間違いなく次回のスピーチで
さらに成長して舞台に戻ってくるでしょう。

また、テーブルトピックスも特徴的。
「テーブルトピックを考えるテーブルトピック」今年秋に行われるコンテストに
向けて、学んでいこうという趣向です。例えば「今まで印象的だった質問は何か?」
そして、何より驚いたのは、「自分に対して質問して下さい」という逆質問で
終えたこと。
自分が学びたい!!という気持ちを表現するのに、これ以上効果的な方法が
あるのか?と、本当に驚きのあるセッションでした。

開始前はどうなることかと不安があったものが、
実際には今までの歴史の中でも傑出した例会となり、
連休の中でも出席するメンバーの意識の高さを証明していたと思います。

次回の例会は5/19です。いつでもゲストの参加を歓迎しています。

2012年DivB国際スピーチコンテスト

去る4月14日2012年DivB国際スピーチコンテストが池上会館で行なわれました。
今回主催となるのは、日本語の部が私たち飯田橋クラブ、英語の部がサンライズクラブとなっており、この日のためにサンライズクラブと協力しつつ準備を進めてまいりました。

当日は雨と天気の悪い中、100人近くとたくさんの方にお越しいただきました。
今回コンテストに出場されるのは精鋭8名、その中の一人で私たち飯田橋クラブのT田さんが
出場されました。コンテストの進行もしつつ、T田さんの応援もしつつ皆でコンテストを進めました。

結果、T田さんは入賞ならずでしたが、すばらしいスピーチで大きい会場が感動につつまれました。
コンテストの主催についても、何点かトラブルはあったもののコンテスト全体として非常に盛り上がり、
成功を収める事ができたかと思います。
飯田橋クラブの皆様、協力して頂いた色々なクラブの皆様ありがとうございました!
そしてお疲れ様でした!

飯田橋トーストマスターズクラブでは、スピーチの向上を中心に、色々な事をやって色々な事を学ぶ活動をしています。是非とも見学に来てください。

第96回通常例会

4月7日の土曜日、第96回通常例会が行なわれました。
飯田橋クラブ主催のDivBコンテストを来週に控え、今回の例会はコンテストのリハーサル例会となりました。

今回、司会を努めるのはコンテスト委員長を務めるS側さん。
簡単に説明をした後、司会のS木さんに進行を渡し、その後は本番さながらに
リハーサルが行なわれました。

リハーサルの中でスピーチは3本行なわれました。

一人目はT田さんの「小さなタイムマシン」
T田さんは、実際に来週のコンテストにコンテスタントとして出場されるので、
それに向けての最終調整となりました。
クラブコンテストからさらに磨きをかけたスピーチで聴衆をわかせていました。

二人目はT邉さんの「好きをつらぬく」
自分の高校時代、愛していた漫画のキャラクター名で模試を受けて全国トップを取ったという
とてもユニークな話に会場は笑いに包まれました。
スピーチの中でヘンな奴といわれたことがとてもうれしかったとありましたが、
ヘンな奴でいることもいいなと思えるすがすがしいスピーチでした。

三人目はS井さんの「泣きたい時には…」
つらい時に、S井さんは「泣きたいときには笑っちゃお」という言葉を胸にいただくそうですが、
その言葉が胸に残るようになったきっかけを、自分の子供のエピソードと合わせつつ
語っていただきました。
つらい時の道しるべとなるすばらしいスピーチでした。

その後は論評に入る前に、本番同様に賞状授与、閉会の挨拶等の
プログラムが行なわれ、リハーサルが無事終了しました。

一通りリハーサルを終えた後は論評の部です。
今回、T邉さん、S井さんの論評が行われた他、
T田さんには、会員一人ひとりからの一言メッセージ、一言論評が送られました。

リハーサルもしっかり終え、皆コンテストへのこころもちをしっかり固めた、
そんな例会でした。
次回はしばらく時間が空いてしまいますが、5/6日に通常例会が行なわれます。
どうぞお気軽にご参加ください。

第95回通常例会

3/31(土)、飯田橋トーストマスターズクラブの第95回例会が開催されました。
今夜のトーストマスター(総合司会)は、プライベートでおめでたいことがあったK田さん。
幸せオーラいっぱいの司会者です。

プログラムが印刷できないトラブルがありましたが、そんな逆境にも負けず、最後まで春の暖かさを感じるような例会にしてくれました。

本日のプログラムは、少し変則的です。
最初に、現役員7人から「役員の仕事紹介」についてのプレゼンです。
役員の任期もあと3ヶ月。
今まで9ヶ月間行ってきた各役員の役割を、みなさんご自分の言葉で話されていました。
私も役員をしていますが、役員としてクラブを運営していくのは、とてもやり甲斐のある楽しい経験ですのでおすすめです。
自分でもびっくりするぐらい、一周りも二周りも成長できますよ!

次に、即興スピーチの「テーブルトピックス」。
お題を出すテーブルトピックマスターは、K原さん。
テーマは「整理整頓」です。
整理整頓が苦手な人も得意な人も、みなさんご自分の想いを語ってくれました。

いよいよ「準備スピーチ」に入ります。

本日の準備スピーカーは2人。
一人目は、アイスブレーカー(初めての準備スピーチ)I田さん。
タイトルは「TACで苦手を克服」。
非常に巧みな言葉遊びを用いながらも、初めてのスピーチとは思えないすばらしいスピーチでした。

二人目は、T田さんで、タイトルは「人生を変えるスキル」。
ビジネス的な話題なのかと思いきや…まさか「ナ○パ」の話とは!?\
とてもユニークな、T田さんらしいスピーチでした。

休憩を挟んで、論評の部です。
二人の論評者とも、もうベテランの域に達している方でしたので、私も聞くのが楽しみでした。
一人目の論評者は、J見さん。
非常に的確かつ丁寧に論評されていました。

二人目の論評者は、K塚さん。
こちらも的確で、しかも個性を十分に発揮した論評でした。

最後に、みなさんお待ちかねの受賞者発表です。

最優秀テーブルトピックス賞はY井さん、最優秀論評者はJ見さんでした。
(※ベストスピーカー賞は、タイムオーバーのため該当者なし)

みなさん、おめでとうございます!

会長K島さんの「役員の仕事紹介」で紹介がありましたが、トーストマスターズクラブには「DCP(Distinguished Club Program)」というクラブの活動指標があります。

そのDCPで、なんと飯田橋TMCは、日本の全126クラブ中トップだそうです。
そんな現在日本一を走り続けている飯田橋TMCに、ぜひあなたも見学に来てみませんか?
なぜ日本一なのか?なぜこのクラブに在籍している人達は、みな楽しく成長できるのか?
その秘訣に、あなたも気がつくかもしれません。

クラブ見学という小さな一歩が、あなたの人生の大きな一歩となる可能性を秘めています。

少しでも興味がある方は、ぜひ見学へお越しください。

飯田橋TMC会員一同、歓迎致します。^^

第94回通常例会

3月17日、飯田橋トーストマスターズクラブの第94回例会が行われました。この日は会長
児島さんが「今夜のトーストマスター」として司会進行を務めてくれました。
急な役割変更がありましたが、いつも冷静沈着な児島さんらしくさっさと代役を決めてス
ムーズな進行です。


今夜の言葉は、児島さんの無茶ぶりに応えてT内さんが「なう」をチョイス。
続いて即興で出されたお題に応える「テーブルトピックス」コーナー。今日の司会はY井
さんです。あらかじめテーマは「春」ですと会員メーリングリストに予告してくれまし
た。
さて、具体的なお題は①春になると食べたくなるもの②あなたが卒業したいこと。③桜を
見て思い出すこと、の3つです。K原さん、T辺さん、S井さんがそれぞれご自分の頭をフ
ル回転させてミニスピーチを披露してくれました。


続いてお待ちかねの準備スピーチです。

最初のスピーカーはM澤さんが初めてのスピ
ーチ。「アレのすすめ」と題してなんと「野宿」を紹介してくれました。「アレ」など、
意味深なタイトルは聴衆の興味を引くフックとして有効です。初スピーチでこの手のワザ
を使うとは恐るべし!

2人目のスピーカーはH間さん。「21世紀型プレゼン方法」というタイトルでSonyと
Appleの違いや感性に訴えるプレゼン手法についてお話してくれました。

3番目はS村さんが「人生最大の失敗劇」と題して学生時代の盗難車騒動の顛末を演じてく
れました。

そして今日最後のスピーカーは近く東京を離れるK野さんです。タイトルは「歴史上の出
来事―そりゃないぜ!」歴史の小ネタを連ねつつ、ラストはご自分の「そりゃないぜ」ま
で一気に持っていきました。

休憩の後は論評セッションです。S川さん、K又さん、T田さん、T内さんが各スピーカ
ーへの温かいフィードバックをしてくれました。

例会の最後にはゲスト参加2回目のRさんから入会表明があり、ますます元気になる飯田橋
トーストマスターズクラブです。人前でのスピーチやプレゼンに悩んでいる多くの方がこ
こで一緒に学んでいます。どうぞお気軽にご参加ください。

今日の受賞者
ベストテーブルトピックス賞:S井さん
ベスト論評賞:T内さん
ベストスピーカー:K野さん

第93回通常例会

3/3(土)の例会はいつもの東京ボランティアセンターから場所を移し、千代田区富士見区民会館で開催されました。
まず、会長からこの日の午後に大田区の池上会館で開催されたエリア24コンテストの結果についての報告がありました。
飯田橋トーストマスターズクラブからは、先日のインハウスコンテストで勝ち残られたT田さんが出場しました。
例会の開催日にも関わらず、飯田橋クラブからはたくさんの応援メンバーが駆けつけました。
T田さんは70名以上の聴衆の前で素晴らしいスピーチを披露し、見事、準優勝を獲得されました。

※左から2番目がT田さん

T田さんは、4/14に同じく池上会館で開かれるディビジョンBコンテストに出場されます。是非、みんなで応援に行きましょう。

さて、例会の方に話題を移します。今夜のトースマスター(総合司会)は、S木さんです。S木さんは次回のディビジョンBコンテストでも司会を務められる予定です。

ゲスト紹介、ヘルパーの紹介に続いて、テーブルトピックスの部へと入ります。

即興スピーチのお題を出すテーブルトピックスマスターは、S村さん。
S村さんが出すお題は、【学生の時の思い出】、【人生のターニングポイント】、【卒業】、【別れ】など、誰もが経験するテーマを選ばれました。
指名されたそれぞれ方の人生が垣間見える、非常に面白いテーマだったと思います。

次に、いよいよ準備スピーチの部に入ります。
本日の準備スピーカーは4人でした。

まず一人目はS村さん。
S村さんは、今回が2回目のスピーチです。
タイトルは「親切と傲慢の境目」。
ご自身が普段読まれている科学雑誌から興味深いお話をされました。デングネスという病気の撲滅のために二人の科学者がそれぞれ行った実験の結果とプロセスの違いに着目し、「親切傲慢の境目」とは何かを訴えられました。
「親切傲慢の境目」は「相手を立場にたって行動できるかどうかだ」という結論には、思わずはっとさせられてしまいました。

二人目は、Y井さん。
タイトルは「顔を上げて、胸を張って」。
ご自身の父親との思い出やエピソードを通して、顔を上げ、胸を張り、堂々とされる事の大切さを訴えられていました。その言葉には、人生経験が豊富なY井さんならではなの、説得力に満ちあふれていました。

三人目は、K又さん。
タイトルは「大人のJ-POP」。
冒頭でBONNIE PINKの曲の歌詞を紹介されました。
人生の悲しみや辛い思いをした時に、J-POPの歌詞へ共感し、救われた経験をK又さんのゆっくりとした語り口調で話されました。

四人目は、K治さん。
タイトルはアイスブレーカー「私の目標」。
K治さんは先日入会されたばかりです。
自分の情報収集の仕方や、集めた情報の分析手法などを紹介されました。どれも、独特な手法で、非常に勉強なりました。
今後のトーストマスターズの活動や、情報発信に対するK治さんの意気込みが感じられるスピーチでした。

休憩時間を挟んで、論評の部です。
トーストマスターズではトーストマスターそれぞれが、スピーチをし、論評をし合う事でスピーチのスキルを高めていきます。
今回の論評者は、K島さん、J見さん、K野さんです。それぞれ独自の着眼点でスピーチ内容の良かった点、改善点を指摘されていました。鋭い分析の数々は、スピーカーだけでなく、聴衆にも参考になったかと思います。

最後に表彰式です。
ベストテーブルトピックス賞は、ゲスト参加のN川さん。
ベスト論評賞は、J見さん。
ベストスピーカー賞は、Y井さんでした。
みなさん、おめでとうございます!

本日の例会でも多くのゲストの方に参加して頂きました。さらに、エリアコンテストでのT田さんの快挙の報告など、非常に盛り上がりました。
飯田橋クラブは日本全国に数あるトーストマスターズクラブの中でも非常にレベルの高いクラブだと思います。
人前で話す力や、リーダーシップ力を身につけたいと思っているあなた。
難しいことはありません。まずは、見学にいらしてください。
飯田橋TMCでは、あなたのご参加を心からお待ちしています。

第92回例会(国際スピーチクラブコンテスト)

第92回例会は国際スピーチ クラブコンテストでした。
例会前にブリーフィングが行われ、コンテストならではの緊張感も漂っていました。

コンテストの前に、I田さんの入会式が和やかに行われました。
仲間がどんどん増え、ノリにノッてる飯田橋TMCです。

入会式も終わり、いよいよコンテスト開始。
コンテスト委員長はしっかり者のS川さんです。入念に準備をされていて、スムーズにコンテストが進んでいきます。

まずはトップバッターのコンテスタント、T田さん。
タイトルは「小さなタイムマシン」。最近の出張での出来事から始まり、お父様との楽しいながらも心温まるエピソードを交えつつ、「タイムマシン」と「子供」というキーワードを使い「次の世代へ伝えていく」ことをじっくりと考えさせられるスピーチでした。

2人目はJ見さん。
タイトルは「なりたい自分になるクラブ」。論評コンテストでの体験から始まり、トーストマスターズクラブへ入会を決めたきっかけや、目標とする人のエピソード、論評をするときのJ見さんの「想い」を話されました。そして最後は、その場にいるみんなを勇気づけてくれる言葉を贈って下さいました。

3人目はH田さん。
タイトルは「バカになるのだ」。ご本人が話をされる前から、タイトルだけで会場から笑いが出る、明るい雰囲気でスタートしたスピーチ。「バカボンのパパと読む老子」という本の話を、ご自分の過去のエピソードと、現在の仕事を通じて気づいたこと、これからの心構えを、ボディランゲージや笑いをふんだんに使い表現した楽しいながらも元気づけられるスピーチでした。

4人目はT内さん。
タイトルは「ジャンクフード」。
カップラーメンという身近にある食品が誕生するまでの裏に、こんなに深いドラマがあるなんて!!と思わせるスピーチでした。また、カップラーメンの産みの親の「食足世平」という思いにも感動しました。スピーチを聞き終えた後は、カップラーメンが神々しく見えてきました。

5人目はK原さん。
タイトルは「2つの故郷」。K原さんの故郷であるカリフォルニアと日本(宮崎)との7つの共通点を紹介しつつ、2つの故郷の魅力的なところや、抱えている問題点などを紹介されていました。終始K原さんらしい元気な言葉でスピーチをされていました。

ラスト、6人目のコンテスタントはK塚さん。
タイトルは「人生の階段」。スピーチのネタを探しに町へ繰り出し、東京タワーにたどり着き、東京タワーをエレベーターではなく階段で登ってみるというK塚さんらしいエピソード。階段全部を見るのではなく、人生の階段を一段一段丁寧に登って行くことの大切さを感じました。

どのスピーチもとても素晴らしく、とても盛り上がった中、参加賞贈呈とインタビューの時間が来ました。インタビュアーは私S木でした。「スピーチを終えた後の気持ちを体を使って表現してください」という無茶ぶりにもみなさん楽々答えていました。

いよいよ授賞式。
1位はK塚さん
2位はT田さん
3位はJ見さん
という結果でした。

楽しかったコンテストも終了。ゲストの方も、他クラブからたくさんいらっしゃり、非常に華やかなコンテストとなりました。どのスピーチも魅力的で、飯田橋TMCの底力に圧倒されました。
飯田橋TMCは日々すごい勢いで成長しているクラブです。少しでも興味を持たれた方、まずは見学にお越しいただければと思います。2時間があっという間に過ぎでしまうほど没頭できる例会ですよ。