Category Archives: 2018年

飯田橋トーストマスターズクラブ第251回例会(3/17)

3/17(土)、第251回飯田橋トーストマスターズ例会、ボラセンAにて開催。

今日は総勢8名ものゲストさんを迎え、とても活気のある楽しい例会となりました。

本日の例会は、K村さんの入会式からスタート。K村さん、ご入会おめでとうございます。

 

本日は通常例会と異なり、教育セッションの前にPathways説明会実施。

仙台TMCのK籐さん、遠いところから説明会のためにお越しいただき、本当にありがとうございました。

TMC本部から英語で送られてくる情報を日本語で説明していただき、とても分かりやすい説明会でした。

 

説明会が終わり、通常通り各教育セッションの開始。

本日のTMOE(司会進行)はS村さん

さすがベテランのS村さん、ミスなくスムーズで、とても安定した司会進行でした。

S村さん司会進行の元、各ヘルパーの役割紹介開始。

まずはMさんによる、今夜の言葉の説明。今夜の言葉は”泰然”。

この言葉は、“泰然とした態度”などの使い方ができます。

スピーチをする際、泰然とした態度は必須ですので、TMCの活動にピッタリな今夜の言葉でした。

それから文法係、計時係、集計係、笑いカウンター、記録係の役割説明へ。

どのヘルパーの方も、分かりやすく、かつ泰然とした態度で説明されていました。

 

ヘルパーの説明が終わり、お待ちかねの準備スピーチセッション開始。

最初のスピーカーは、今夜がアイスブレークのU澤さん

U澤さんはゲーム会社勤務で、ゲームを制作する時はいつもスクラップ・アンド・ビルドという作業を行っているそうです。

スクラップ・アンド・ビルドとは、ゲームのプログラムを作っては壊し、そしてまた制作するといった作業になります。

“せっかく作ったゲームを壊すなんてもったいない”と最初は思ったそうですが、子供の頃からゲーム好きだったU澤さんは、そんな作業にも音を上げることなく作業をこなし、自分の制作したゲームがCMで放送されるまでになったそうです。

とても前向きで、粘り強いU澤さんの性格がうかがえるスピーチでした。

 

2番目のスピーカーは、こちらもアイスブレークのHセさん

スピーチタイトルは、”Hセのトップ3”

Hセさんにはこんな3つのスキルがあるそうです。

  1. 柔道黒帯、柔術で国際大会に出場、しかも柔術アジアチャンピオンというスーパー格闘技術
  2. エネルギー関連のコンサル業務などをこなす、インテリ系の知能
  3. パタゴニア料理を振舞ったり、ABCクッキングに通ったりもする、女子顔負けの高い女子力

何と幅広く、素晴らしいスキルの持ち主でしょう??

羨ましいと思いながら聞いていましたが、6分では足りないので、今後まだまだ色々とお話を聞いてみたいと思うようなスピーチでした。

 

準備スピーチが終わり、次は論評セッションの開始。

本日の論評者は、O橋さんS木さん

どちらの論評者もスピーカーに対し、良い点と改善点の両方を伝えており、スピーカーにとってスピーチ能力向上につながる有意義なセッションだったと思います。

特にS木さんHセさんに対し、とても明確かつ分かりやすく改善点を伝えていました。

アイコンタクトの改善点を指摘していましたが、“アジアチャンピオンなのに伏し目勝ちだった”とか、強いのに弱そうと言った、比較表現をうまく組み合わせて論評されていたのが印象に残りました。

 

全てのセッションが終わり、いよいよ受賞者の発表。

今日のベストは;

ベスト論評者:S木さん

ベストスピーカー:Hセさん

受賞者の方々、おめでとうございます。

 

本日は、2名のゲストの方から入会宣言を頂きました。

順調にメンバーが増え、それにより頑張っているメンバーからの刺激を受ける量も増え、ますます画期的な飯田橋になっていく事と思います。

スピーチ能力を伸ばしたい、人前で緊張しないで話せるようになりたい、又は一緒に何かを頑張れる仲間がほしいと思っている方、是非一度飯田橋トーストマスターズに遊びに来てください。

他クラブからのご参加も歓迎です。

 

 

 

飯田橋トーストマスターズクラブ第249回例会(2/17)

2/17は羽生選手がオリンピックで金メダルを獲得し、二連覇を達成しました。

そんなオリンピックで盛り上がっている日の例会のTMOEは、話すだけで面白いS藤さんでした。S藤さんは独自の淡々とした話し方で皆の笑いを誘い、会場のボランティアセンターはオリンピックに負けないくらいの熱気でした。S藤さんの面白い雰囲気は誰にもまねできません。また、ゲストも9名とたくさんの方々が来てくださいました。

続いて各ヘルパーの役割説明です。

T木さんは今夜の言葉に「有終の美」を選び、選んだ理由と、言葉の意味を改めて説明してくれました。「えーと」カウンターはHセさん役割を自分の言葉で説明してくれていたし、スピーカー全員分の「えーと」をまめに数えてくれました。計時係のU澤さんも集計係のN田さんも入ったばかりなのに、はきはきと説明できていたしきちんと自分の役割をこなしていました。笑いカウンターのT田会長は全体の笑いの数を数えるだけでなく個人的な意見も発表し、工夫していました。記録係のZ間さんは今夜の言葉をうまく使い役割を説明していました。

 

準備スピーチのセッションです。2名の方がスピーチをしてくれました。

CC#3 T地さん「ギターだけではないバンド世界」

T地さんはなんとバンドをやっていたそうです。バンドマンにしかわからない楽器のパートの裏話も話していて面白かったです。また、同じ曲を各パートのみの音源で表しスピーチをして今までにない新鮮さを感じました。まだ3回目のスピーチなのにアイコンタクトやボディーランゲージを使っていたり、堂々と話していて大分慣れた感じがうかがえました。

 

AC♯2 Y井さん「オーマイガー!」

今回のプロジェクトのテーマは楽しませるためのスピーチでしたが海外へ行った時の驚くようなピンチの場面を面白さを交えながらスピーチされていました。それにしてもさすがY井さんその時の情景や心情を表すのがとてもうまく、場面が目に浮かんできます。演技力、表現力が抜群でした。さすが!!

 

続いてテーブルトピックで、TTマスターはK子さん

K子さんは大流行中のインフルエンザにかかってしまったそうで、きっかけが職場の方から移ってしまったというエピソードの説明がとても面白かったです。また、転職に伴い引っ越し予定で、その日新居を決めてきたそうで、テーブルトピックのお題も自分の現状に関するお題でユニークでした。

「プレッシャーを1番感じたとき」をA野さん

「理想の世界」をC道さん

「1番寒い思いをした経験」をゲストのM吉さん

「ウィンタースポーツとサマースポーツどちらがいいか」T内さん

「今までで1番大きな決断」をY口さん

「あなたの理想の家」をK部さん

「日常生活でのこだわり」をU井さん

「やめられない習慣」をZ間さん

以上の7名が発表してくれました。なかなか聞いたことがないテーマだったのであまり聞けない話が聞けました。また、テーブルトピックが7個と多かったので、当てられる前の皆さんの表情から胸のドキドキ具合が伝わってきました。

 

論評                                          トーストマスターズには先生がいません。なので別の会員がスピーチに対してよかった点、改善点を発表します。

まずはT地さんへの論評、K林さんK林さんは初めての論評でしたが、T地さんの音を使いスピーチする点をほめ、また、スピーチの間の取り方をアドバイスされていて、段々スピーチに対する成長が見え、ベテランの貫禄に近づいてきた気がします。

次の大ベテランS村さんは大先輩のY井さんの論評にチャレンジしました。私はY井さんのスピーチは完璧で言うことないと思いましたが、メッセージ性がなく何を伝えているのかわからないという、ベテランにしかできないような鋭い論評をしていました。

 

表彰

ベストスピーカー賞…Y井さん

ベストテーブルトピック賞…U井さん

ベスト論評賞…K林さん   でした!

 

見学に来た外部の方の最後の感想で、飯田橋のクラブは面白く、こんなに笑ったのは久しぶりというコメントがありました!!

その方の言う通り、飯田橋TMCは笑いの絶えない楽しいクラブです!!

トーストマスターズクラブに入っていない方はぜひ、飯田橋まで遊びに来てください!

飯田橋トーストマスターズクラブ第248回例会(2/3)

本日は節分なり。

2月最初の例会は、寒い日に嬉しい飯田橋駅直結のボラセンにて開催されました。今回はお誕生日の赤鬼さんが3人!Y井さんK岡さんTにゃん、お誕生日おめでとうございます!

 

さてさて、今夜は新しい2人の仲間の入会式からスタートです。                HセさんZ間さん、これから一緒に頑張りましょう。

 

新しい仲間を迎えた後は我らが教育担当C道さんによるPathwaysに関する説明が始まりました。Pathwaysは今年4月から始まるTMCの新しい教育制度。全員C道さんの説明に興味津々です。こういった説明って、実は説明するC道さんご自身のプレゼンの練習にもなっていて、TMCは余すとこなく練習なんだなーなんて思いました。

 

今夜のTMOEは釣り職人Y口さん。自分で釣って自分で捌く。そんな懐の深いY口さんは今回大勢きてくれたゲストの方に向けて「ヘルパーとはなんぞや」としっかり説明したうえでヘルパーの紹介に入ります。さすが!

「今夜の言葉」はK田さんによる「驚倒」。なんとK田さんはこの冬2回もインフルエンザにかかったそうです。律儀にA型とB型1回づつ。さすがに2回目のインフル宣言にはご自身も驚き、のけぞり、そのまま倒れてしまいそうだった経験からこの言葉を紹介されました。

続いて各ヘルパーのコーナー。まず「えーとカウンター」は本日25歳になったTにゃんがきっちりと説明をされました。続いて「文法係」のT田さん、「計時係」のN呂さんは安定の説明力。「集計係」を務めるZ間さんは本日入会したばかりとは思えないハキハキとした説明をされていました。昨日32歳の誕生日を迎えたK岡さんは貫禄の「笑いカウンター」。大人になるとちゃんと笑いも数えられるんだぞ、というところをみせつけました。最後は「記録係」のK清水さん。今夜の言葉を常に捩じ込んでくるK清水さんは「何が好きかって?勉強と運動」とのこと。べんきょうとうんどう。どこに今夜の言葉が潜んでいるかわかりましたか??

 

さて準備スピーチのセッションです。今夜は2名。

 

CC#3 M木さん「コンテストから学んだこと」

今日からちょうど3か月前のTMC全国大会。ホストクラブとして運営を任された我らが飯田橋TMCの一員として参加したM木さんが全国大会出場の強者たちから学んだこと。今回のスピーチでは全国大会で感じたことをしっかりと取り込み、体現していました。素晴らしい!

 

CC#8 O橋さん「桃源島」

この美しい島はいったいどこ?ウミガメさんに会える島?ひょっこりひょうたん島?少しづつ真実に近づきながら最後に辿りつくこの島はいったい…?数々のスライドを投影しながら、桃源郷ならぬ桃源島に近づいていくワクワク感を見事に演出していました。

 

続いてテーブルトピックのセクション。

今夜のマスターは百戦錬磨のお笑い貴公子T内さん。今回は当日のご指名ながら、スピーチセッションや今夜の言葉、パスウェイの説明など例会中に出た話に関連づけた質問を投げかけます。

皆さんのお話はというと、Hセさんが今年はいっぱい笑うことを目標に。N田さんはあの名俳優と自分との差を見て愕然としたい。J見さんは息子さんが志望校に受かって驚倒!U澤さんはあの有名サンドイッチ屋での体験。でした。

それにしてもT内マスターの話の振り方には驚倒させられました。

 

最後は論評セッションです。

総合論評は飯田橋で初となりますわたくしS木が務めます。ドキドキ…。

まず最初のスピーカーM木さんへの論評をS村さん。CC#3の目標である「ポイントを押さえる」を踏まえた論評はさすがです。「私はこのように理解しました」としっかりとスピーカーに伝える論評、今後真似させていただきます。

続いてスピーカーO橋さんへの論評を本日の誕生日ボーイのひとりY井さんO橋さんの個人的な経験に裏打ちされた話を評価されていました。聞いていて楽しかったっていう感想、素敵です。

 

本日のベスト賞受賞者は以下の通りです。

ベスト論評賞:Y井さん

ベストテーブルトピック賞:Hセさん

ベストスピーカー賞:O橋さん

おめでとうございます!

 

そしてここで例会は終了。

 

この後、Y井さんによる居残りセミナー「鉄板の構成」が開催されました。

春のコンテストに向けて飯田橋クラブから全国大会優勝者を出したい!そんな想いが詰まったこのセミナーには、多くの会員が参加し、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

いよいよコンテストシーズン。

きっと今年は飯田橋TMCから優勝者がでちゃうぞー。

 

 

 

 

 

 

飯田橋トーストマスターズクラブ第246回例会(1/6)

2018年最初の例会は、なんとゲストが12名も来て下さるという活気に満ち溢れた例会になりました。

この日の例会は前半1時間が通常例会、後半1時間がY井さんのワークショップという構成となっており、他クラブからもたくさんの方が見学に来てくれました。

 

さて、そんな本日の例会を取り進めてくださるのは、安定感抜群のベテラン、S村さん

T田会長から「トーストの神」という紹介され照れつつも、丁寧かつタイムリーに進行役を務めて下さいました。

今夜の言葉はS木さん。今年は戌年ということで、犬の慣用句をいくつか紹介してくださいました。

慣用句のほか、K清水さん「ワンダフル」、S藤さん「こんばんワンコ」、など多様な使い方をされるメンバーもいて、文法係から「正しくない日本語です」などと指摘を受けるという笑いもあり、例会を盛り上げるよい題材になったと感じました。

 

そして一人目のスピーカN田さん: タイトルは「失敗から学んだこと」

度重なる誘惑や弊害があり、何度失敗してもあきらめずに頑張り続けた結果、3度目のチャレンジで会計士試験に合格された経験を語られました。

コツコツとやり続けることの大切さを伝える、熱いアイスブレイカースピーチでした。

 

そして二人目のスピーカーはK林さん: タイトルは「今年の漢字」

ご自信の今年の目標とする感じとして「逃」という漢字を紹介されました。

一見、ネガティブに思えるこの漢字ですが、「本当に大切なことに専念するために、あまり必要のない事からはなるべく避ける」という取捨選択の大切さを伝えるスピーチでした。

 

そして論評セッションではN田さんにはT田さんK林さんにはO橋さんが改善点で例を交えた、参考になるフィードバックをされました。

 

後半はY井さんのワークショップです。

タイトルは「スピーチで何を伝えるのか」です。

前回の245回例会でワークショップを行ってくださったM-サさんの全国大会のときの映像を用いて、何を感じたか、をグループディスカッションするところから始まりました。

M-サさんのスピーチ映像をみたメンバーは、直接スピーカー本人が言葉にしていなかったにもかかわらず、聴衆はM-サさんが何を伝えたかったのか、感じ取っていたことに気がつきました。

続けて「小学校の頃怒られたこと、うれしかった事」というテーマでM-サさんのスピーチのように直接メッセージを伝えずに即興のスピーチを各グループで行いました。

スピーチというものはひとつの「メッセージ」が中心にあり、それを「ストーリー」や、「デリバリー(ボディランゲージなど)」という3つのレイヤーで構成されていると説明してくれました。

このように、直接メッセージを言葉にしなくても伝わるんだ、という事を身をもって体験することができる体感型ワークショップでした。

Y井さん、いつもありがとうございます!

 

トーストマスターズクラブでは通常例会のほか、このようなベテランメンバーによるワークショップが定期的に開催されています。

2018年、想像すらしなかった自分へなってみたくないですか。

飯田橋トーストマスターズクラブでは3回までゲスト見学が可能です。

ご興味がある方は、是非見学にいらしてください。