Category Archives: 例会の記録

隔週で行なわれている例会の記録です

第320回 (10/17) 通常例会

2020年10月17日、第320回通常例会が、千代田区区民館にて開催されました。今回も、恒例のハイブリッド方式です。

【会長の挨拶】
例会は会長Kさんの挨拶から始まりました。
映画などの「ネタバレ」についてどのように思うか?ということから話始め、人の受け取り方についてお伝えされていました。
その中では、「人の物事の受け取り方」をKさんなりに考えを纏めておりましたが、Kさんからは「様々な価値観の受容性」を感じました。
責任感があり、なんでも話しやすい雰囲気のある会長のKさんです

【司会者・ヘルパーの説明】
司会者は、例会プログラムを作成し、例会全体をコントロールします。
ヘルパーは、例会コントロールのサポートや、スピーカーを客観的に観察する役割です。

今晩の司会者(TMOE)は、Tさん。「鬼滅の刃」の原作を読んではいたものの、それほど面白い印象は無かったとのこと。しかし、アニメを見ると、声色、間、動き、顔色などの「ノンバーバル」を強く感じ、感動した、とのことでした。
トーストマスターに通じることがあり、表現力を豊かに出来ることは、同じ物事を伝えるのでも、全く違った印象を受けるので、表現力を磨くことは大切だ、というお話から始められました。

ヘルパーの皆さんの説明は「自分の言葉」を入れて説明されていて、独創性がありました。

【準備スピーチ】
会員が事前に準備して行うスピーチセッションです。
会員になると「パスウェイズ」というスピーチマニュアルを購入することができ、各段階のプロジェクト目標に合わせたスピーチを行っていきます。

1人目のスピーカーは、初めてスピーチに挑戦するOさんです。
過去に学んだ知識が、後になってから役立つことが多く、「学ぶことは未来不安を解消すること」というメッセージだったと思います

2人目のスピーカーは、初めてスピーチに挑戦するRさんです。
ご自身の名前を題材に、他の方の苗字と比較対象した分析的なスピーチとなっておりました。

3人目のスピーカーTさんは、未来の自分をスピーチされた、想像力を掻き立てられるスピーチでした。表現力豊かで、皆さんを楽しませておりました。

4人目のスピーカーは、クラブ役員も務められているSさん。秋の植物の香りの「情報を伝える」スピーチでしたが、情緒豊かで、単に情報を伝えられるスピーチよりも、より印象深く心に残りました。

【テーブルトピックス(即興スピーチ)】
このセッションは、その場で司会者から「お題」が当てられて、その場で「当意即妙(とういそくみょう)」に頭を働かせ、2分間のスピーチをする訓練のセッションです。
テーブルトピックス司会者のMさんは、お題を上げつつも、実例もお話されていて、ゲストも含めた5名のテーブルトピックスピーカーの方は、経験談をもとにスラスラとスピーチされておりました。スピーカーにとって「話しやすい」雰囲気に持っていくことも、司会者の役目ですね。

【個人論評】
このセッションでは、聴き方や観察力、洞察力を学んでいきます。
論評者は、準備スピーカーに対して建設的なフィードバックをしていきながら、お互いに自信や自己肯定感を育んでいきます

論評者の皆さんは、良い点を3~4つ、多い時は6つ!も挙げることがあり、しっかりスピーチを聞いているな~と、いつも思います
総合論評者の私からは「ポイントを深掘りしていきましょう」と提案させて頂きました。

【ベスト賞】
ベストテーブルトピックスピーカー:Kさん
ベスト論評者:Kさん
ベストスピーカー:Tさん

まだまだコロナ禍ではありますが、参加者の皆さんは、感染対策には抜かりなく準備されていまして、安心して例会を楽しむことが出来ます

第319回 (10/3) 通常例会

2020 年 10 月 3 日、第 319 回例会が富士見区民館にて開催されました。

今回も恒例のハイブリッド例会です。自宅からでもオンラインで参加できる新しい飯田橋
の形、安心安全に配慮された例会が 18:30 の時間ピッタリに開始されました。

まずは K 松会長から「ロンリー英会話」なる講座が突如披露されました。その名のとおり、
一人で過ごすことの悲哀を、ユーモア溢れる英会話で見事に昇華させていました。明治期
の俳人・尾崎放哉の代表句「咳をしても一人」の現代版とでも評するべきか、いずれにせ
よ、華々しい例会の幕開けとなりました。

【TMOE ・ヘルパー登場】
ここから TMOE が登場。今夜の TMOE は S ワットさんです。この日も牧歌的ながら、一人
一人を大切にする温かみのある口調でヘルパーを紹介していきます。まずは K 田(J)さん
で今夜の言葉。語彙力を鍛えるために今回 K 田さんが選んだ言葉は「酣(たけなわ)」
「宴も酣」等、何度か使用していながら、その言葉の真意をこの日初めて知った方は多い
ことでしょう。えーとカウンターの T 道さんは、わざと「えーと」を多用して役割を紹介
し、実に説得力がありました。文法係の L さん計時係の O さん集計係の M 村さん
いカウンターの R さん記録係の T 井さんもそれぞれしっかりと自分の言葉で役割を説明
していたのが印象的でした。

【準備スピーチ】
お待ちかね、準備スピーチの時間です。
最初のスピーカーは9月に入会したばかりの K 田(Y)さん。タイトルは「多面的に人を見
る」。K 田さんはこの日が初めてのスピーチでしたが、堂々とした話しぶりでした。途中、
部屋が消灯してしまうというハプニングがありながら、それにも動ぜず自らの半生を自分
の言葉で語り、それを社会一般への提言にもつなげるという鮮やかとも言うべき論理展開
でした。初めてとは思えない素晴らしいスピーチで聴衆を楽しませてくださいました。

2番目のスピーカーは入会1年未満ながらハイペースでプロジェクトを進めているN村さ
。タイトルは「下学上達」。紅茶好きという N 村さん。身近な着想から、汎用的な次元
に話を広げていくという、まさしくタイトルを体現するスピーチでした。途中、聴衆との
やり取りを織り交ぜたりと、高度なテクニックを披露され、成長を感じられるとともにと
ても参考になるスピーチでした。

3番目のスピーカーは T 中さん。タイトルは「サプライズ!」。内容はご自身の誕生日に
おける娘さんとのエピソード。画が目の前に浮かぶような丁寧な情景描写が印象的でした。
飯田橋クラブにおいては妙に新鮮に聞こえるファミリースピーチ。ともすれば心もささく
れがちなコロナ渦の昨今。聴衆一同が癒されたことは間違いないでしょう。

4番目のスピーカーは Y 井さん。タイトルは「リーダーシップって美味しいの?」。オン
ラインから参加された Y 井さんでしたが、まるでその場で話しているような臨場感。ご自身の体験から得たリーダーシップの妙味を語ってくれました。トースト歴はもとより、人生経験も豊富である Y 井さん。含蓄に富んだスピーチでした。

【テーブルトピックス】
テーブルトピックマスターは初挑戦の M 川さん。ハロウィンなど、タイムリーで間口の広
いテーマでテンポよくお題を出していきます。今回は役割を振られていない方を中心に 5
名の方を指名されました。テーブルトピックは急に話題を振られたときの対応力が試され
ます。日常でよくあるシーンへの練習に最適ですね。

【論評】
K 田(Y)さんの論評に S 藤さんT 岡さんの2名が登場。S 藤さんは、K 田さんの良いところ
を細かく丁寧に拾って説明されていたのが印象的でした。論理も一貫しており、整理され
た論評という感じでした。T 岡さんは、フェイスシールドで登場。こちらは情的な側面から
ご自身の率直な感想、思いを K 田さんに伝えておりました。お二方それぞれの個性も垣間
見える、勉強になる論評でした。
続いて N 村さんの論評に T 地さんが登場。セイロンティーの話題を皮切りに、紅茶への親
和性を伝えるとともに、スピーチ内容のおさらいを聴衆に振っていたのが印象的でした。
全員参加型とも言うべきか、見習いたい手法です。
T 中さんの論評にはベテランの S 木さんが登場。T 中さんのスピーチに勝るとも劣らない快
活な話しぶりでした。提案もボリューミーかつ具体的で、スピーカーになり切って考えて
いるのだろうなと思わせてくれます。
Y 井さんの論評にはこちらもベテランの J 見さんが登場。ほとんど完璧とも思えるスピーチ
にも、「目的は何か」という切り口から前向きな提案をするあたり、こうして慢心せず切
磋琢磨するから今日の飯田橋クラブの盤石さがあるのでしょう

本日のベスト賞は以下の方々が受賞されました。
ベストスピーカー賞:T 中さん
ベスト論評賞:T 地さん、S 木さん
ベストテーブルトピック賞:Y 武さん
おめでとうございました!

そして閉会間際、なんと2名から入会宣言が飛び出しました。いっしょに学びたいって思
ってもらえるってとっても嬉しいですね。もしこれを読みながら、TMC に興味あるかもと
いう方がいらっしゃいましたらぜひぜひお気軽にお問合せくださいませ。入会も退会もご
自身の意思は必ず尊重されますので安心してくださいね。

第317回 (9/5) 通常例会

2020年9月5日、第317回例会が富士見区民館にて開催されました。

今回も恒例のハイブリッド例会です。自宅からでもオンラインで参加できる新しい飯田橋の形、安心安全に配慮された例会が18:30の時間ピッタリに開始されました。

まずはK松会長からのお知らせです。10月31日は他クラブと合同で仮装パーティーが企画されているとのこと。もちろん運営も自分たちでやります。仲間と一緒にイベントを運営して、コミュニケーション能力を養ったり、リーダーシップを発揮したり、多くの学びがあるのはTMCならではですね。

【入会式】
さて、今回は入会式がありました。なんと3人分!それぞれがそれぞれの想いを持って、会員の前で決意を表明されました。新しい仲間が加わると新しい刺激が加わって、どんどん良いクラブになっていきますよね。3人とも、飯田橋へようこそ!

 【TMOE・ヘルパー登場】
ここからTMOEが登場。今夜のTMOEは前会長のS藤さんです。この日も元気いっぱいにヘルパーを紹介していきます。まずはS村さんで今夜の言葉。語彙力を鍛えるために今回S村さんが選んだ言葉は「○○のごとく」。使える場面がたくさんある素晴らしいチョイスです。えーとカウンターのY武さんは急遽役割を担当することになりながらもさすがの対応。文法係のJ見さんはオンラインでの参加、画面の向こうから会場に向かって説明する新しいスタイルを実践しました。計時係のD井さん、集計係のK下さん、笑いカウンターのM川さん、記録係のK松さんもそれぞれしっかりと自分の言葉で役割を説明していたのが印象的でした。

【準備スピーチ】
お待ちかね、準備スピーチの時間です。

最初のスピーカーは8月に入会したばかりのT井さん。タイトルは「人生の通信簿」。T井さんはこの日が初めてのスピーチで最初はやや緊張した面持ちでしたが、まさかのスーパースピーチ!飽き性というキーワードを軸にご自身の半生を紹介していきます。夢中になってもすぐ飽きちゃうT井さん。でもいいんだ。人生の通信簿は自分でつけるんだ。そして最期のとき、その通信簿を見返して良い人生だったと笑うんだ、と。初めてとは思えない素晴らしいスピーチで聴衆を楽しませてくださいました。

 2番目のスピーカーはC道さん。タイトルは「もう一つの目標」。過去2年、ディストリクト役員を務めてきたC道さん。TMCの構造を知り尽くしたC道さんが、TMCについて聴衆にわかりやすく説明していきます。今回入会した3名に質問して答えを引き出したり、ベテラン会員とのやり取りを織り交ぜたりと、聴衆の反応に応えながら話を展開する高度なテクニックを披露され、とても参考になるスピーチでした。

3番目のスピーカーはS藤さん。タイトルは仕事終わりに飲んだビールがめっちゃ美味しかったという話」。内容はタイトルのまんまです。ダイエットのためにビールから発泡酒に切り替えたS藤さん。カロリーゼロ、プリン体にもやっと慣れ始めたころ、会社の飲み会で久しぶりにビールを飲んだらやっぱりビールは美味しかったという話でした。しかしこの話を臨場感たっぷりに表現するS藤さんのスピーチ力は素晴らしいの一言です。さらにすごいのは、なんとS藤さんはTMOE!スピーカーが少ないことを気にして、急遽スピーカーに手を挙げてくださいました。クラブのことを想って頑張るS藤さん、素敵です。

【テーブルトピック】
テーブルトピックマスターは初挑戦のE子さん。ご自身の体験を交えながら、テンポよくお題を出していきます。今回は新入会員を中心に5名の方を指名されました。テーブルトピックは急に話題を振られたときの対応力が試されます。日常でよくあるシーンへの練習に最適ですね。

 【論評】
T井さんの論評にK塚さんが登場。ベテラン会員から新入会員へ鋭い指摘が・・・と思いきや、T井さんのスピーチが素晴らしすぎて改善点がみつからない!その代わり、良い点をいっぱい発見しました。スピーチの構成や聴衆を惹きつける表現力、キーワードを決めて話を展開する発想力などなど。K塚さんは新しい逸材の登場にとっても嬉しそうでした。

続いてC道さんの論評にSワットさん、S藤さんの論評にHセさんが登場。ふたりとも久しぶりの例会参加とあって、やや緊張しながらもスピーカーの良い点と改善点をしっかりと指摘していました。Sワットさんはタイ出身、Hセさんはチリ出身。ふたりとも日本人に負けない日本語力で堂々と話していたのが印象的でした。

本日のベスト賞は以下の方々が受賞されました。
ベストスピーカー賞:T井さん
ベスト論評賞:Sワットさん
ベストテーブルトピック賞:T中さん
おめでとうございました!

 そして閉会間際、なんと入会宣言が飛び出しました。いっしょに学びたいって思ってもらえるってとっても嬉しいですね。もしこれを読みながら、TMCに興味あるかもという方がいらっしゃいましたらぜひぜひお気軽にお問合せくださいませ。入会も退会もご自身の意思は必ず尊重されますので安心してくださいね。

 ではでは、また次回!

第316回(8/29) 飯田橋TMCスピーチコンテスト新人戦!

今晩の飯田橋クラブでは、通常の例会とは趣をかえて、「飯田橋クラブ・スピーチコンテスト新人戦」が開催されました。

【スピーチコンテスト新人戦開催の背景】
トーストマスターズでは年に一度、春に国際スピーチ・コンテストが開催されます。日本語部門については5月に開催される全国大会で日本一が決まる仕組みです。

本日の新人戦はまだ入会して日が浅く、この公式コンテストに出場できない方々を対象とした当クラブ独自開催のイベント
・新しく入ってきた会員のみなさんにスピーチコンテストを体験してもらう
・審査員を未経験の会員のみなさんにスピーチコンテストの審査員役を体験してもらう
・コンテストを影で支えるヘルパーの方々の経験を積んでもらう
などの趣旨で今回、実施されました。

コンテストと聞くと、どうしても勝ち負けを争う勝負事のように捉えられてしまいがちですが、トーストマスターズではスピーチコンテストを最高の学びの機会であると捉えています。

コンテスト当日に向けて、スピーチを練り上げ、そして他のコンテスト参加者と並んで、緊張感を感じながらスピーチを披露、審査員、観客から客観的なを得ることはスピーチの総合力の向上に非常に役立ちます。

【いざ、新人戦開幕!】
コンテストの開催前には、事前にコンテスト参加者に向けた説明会が開催され、スピーチ順がその場で決められます。いよいよ、T中コンテスト委員長、M村審査員長のもと、いよいよコンテストが開幕です!

1) K下さん「ここは。。。」
過酷だったハワイでの大学院生時代、学友に誘われたテニスに救われた経験を回想していきます。当時の状況と現在のコロナ禍のいまを重ね合わせて「ピンチでもなんとかなる、あきらめない!」という力強いメッセージのこもったスピーチでした。

2) Lさん「中華料理進化論」
「中華料理という料理はない!」というハッとする問いかけから始まったスピーチ。世界の料理が辿ってきたこれまでの長い歴史を振り返り、世界中の人々、世界中の文化がつながっていることを実感させる内容でした。

3) U田さん「トースト歴8か月の効果」
入会してからの8ヶ月を振り返り、まわりの会員の方に圧倒されながらも刺激を受けていくU田さん。自らもスピーチ、論評と次々とチャレンジしていく楽しさと、充実感を熱く語っていただきました。

4) S藤さん「Spiral Life」
思い描いていた人生とは違う人生を歩むことになったS藤さん。私たちが生きていくなかで行う一つ一つの選択を強く肯定し、聴衆の一人ひとりにエールを送る感動的なスピーチでした。

5) H原さん 「マルセイバターサンドの秘密」
誰もが知っている北海道名物「マルセイバターサンド」の由来になった北海道開拓時代の勉三さん。困難な状況にも負けず、北海道の礎を気づいた熱い情熱に刺激を受けたH原さんの熱い思いが伝わってきました。

6) M島さん 「私の本懐」
高校野球が大好きだというM島さん、その魅力を熱くプレゼンしたと思いきや本題はそこから。「知らないこと」を想像しながらプレゼンしていくという、無謀なプランに果敢にチャレンジ。ユーモアあふれる笑いいっぱいの楽しいスピーチに聴衆は爆笑の連続でした。

7) N村さん 「夢現 (ユメウツツ)」
有名な落語の一節を現代風にアレンジしてのスピーチ。うだつの上がらないサラリーマンの主人公とそれを支える妻のやりとりを表現豊かに、そしてユーモラスにスピーチされていたのが印象的でした

こうして、すべてのコンテスタントのスピーチが終了。インタビューでは、今日のスピーチをつくるきっかけなどの裏話を披露しました。そしていよいよ授賞式。審査の結果、第一位Lさん、第二位M島さん、第三位H原さんの3名が受賞されて、コンテストの幕が降ろされました。

【まとめ】
受賞者のスピーチはもちろん、すべてのコンテスタントが、七人七様のバラエティあふれるスピーチを披露。今年の飯田橋クラブのスローガン「BreakThrough!」のごとく、自分の殻をブチ破ってまた一つ大きな前進を遂げていきました。

次回例会は9/5(土)、通常例会に戻ります。このようにしてみんな楽しみながらも、学びの多い飯田橋クラブに、ご興味を持った方はぜひ、ゲストとしての見学参加をお待ちしています!

第315回 (8/15) 通常例会

第315回目の例会が8月15日に行われました。

朝からじりじりとした暑さが続く中、第315回目の通常例会は、現地とzoomの両方で同時に行うハイブリッド例会で開催されました。今回は外の暑さにも負けず、ゲストさんが7名も参加頂き、なんと入会宣言者が3名も出たとても熱い例会となりました!それでは、振り返っていきましょう!!

今回は、いつもと違う構成で準備スピーチが2本といくつものコンテストに出場してきた百戦錬磨スピーチ請負人ともいうべきY井さんが、スピーチのネタ探しの方法を伝授するワークショップが開催されました。

【準備スピーチ】
1番目のスピーチは飯田橋TMCの教育係でもあるK塚さん

タイトルは「カラスに襲われない方法、教えます」

よくカラスに襲われるというK塚さん。どうしてもカラスから逃げられない、これは生まれながらにしての運命なのでしょうか。冒頭から実際にカラスに襲われるシーンを演じて、カラスへの対処方法を模索する様子をリアルに再現してくれました。そして、カラスの生態、どうして襲うのか、ついにたどり着いた対処方法を惜しみなく皆さんに紹介してくれました。冒頭からK
さんのスピーチにぐいぐい引き込まれていく大変楽しいスピーチでした。これでもうカラスは怖くない!!

2番目のスピーチはSさん
タイトルは「ミッフィーに学ぶリーダーシップ」

Sさんの目標とするリーダーは会社のある上司。Sさんは、彼の言動から勉強になる事を逐一メモしているとのことで、その中で一番気に入った言葉を紹介してくれました。「みんなが幸せになろう」、目標となるものを定め、チームのかじ取りをしていくことがリーダーに求められる資質で、上司はまさにそれを体現する存在として紹介してくれました。さらに、ミッフィーも実はリーダーに求められる資質を備えており、実際の本も出しながら皆さんに紹介してくれました。ミッフィーの顔がいつも正面を向いている理由はリーダーシップとも関係があるという話を初めて知り、大変勉強になったスピーチでした。

今回のベストスピーカー賞は……ドゥルル・・ドン!K塚さんでした!!(パチパチ)
カラスを制する者はスピーチも制する、K塚さん。おめでとうございます!!

【ワークショップ】 「スピーチのネタを見つけよう」

40分をかけて行われたワークショップ。スピーチのネタが見つからない・・・そう感じる人は少なくないと思います。このワークショップを通して、ネタ探しの極意を身に付けようと皆さん真剣にワークショップに取り組んでいました。

ワークショップは、複数のグループを作り、グループ内で話し合いながら進んでいくスタイルでゲストさんと会員の皆さん交えて色々と議論され、大いに盛り上がりました。身近にある出来事に対して、「なんでかな」と考えることがスピーチネタを見つける大きなきっかけになるという極意を教えてもらいました。今回の極意を胸に刻みながら、ネタを探していきたいと思います。また、次回も開いて欲しいなぁ。。

【論評】
K塚さんのスピーチの論評はC道さん

私はK塚さんの楽しいスピーチに圧倒されていましたが、そんな中でもC道さんは、冷静に良い点と改善点をそれぞれ的確に挙げ、しっかり論評されておりました。

Sさんへの論評をHさん
良かった点をしっかり褒めつつ、スピーチの課題点も最後に挙げられており、スピーチの方も次につながる論評をされていました。

今回のベスト論評賞はC道さんでした。おめでとうございます!

司会(TMOE)のLさんは、なんと今回が初めて!とても初めてとは思えないほど、時折場を盛り上げる話をしながら落ち着いてしっかり会を回していただきました。

例会ヘルパーの方も単に役割を説明するだけでなく、自分の言葉も交えながら役割説明を行っており、1分間スピーチのような形でした。ヘルパーの皆さんお疲れ様でした! ヘルパーの中でも、入会してから1回目の例会で早速ヘルパーに挑戦してくれたT井さんも、大変だったと思いますが滞りなくしっかり役割を務めていただきました。ありがとうございました!

いつも明るく楽しい飯田橋TMC、次回は新人戦です。トーストマスターズの新人コンテスタントによるスピーチ大会です!!!新人の雄姿をどうぞ見に来てくださいね。

それではまた次回お会いしましょう!

第314回 (8/1) 通常例会

飯田橋TMC第314回例会 例会記録
8月になり梅雨もあけて快晴の日、まだまだコロナ騒動は収まらない中、今日も飯田橋TMCは元気にハイブリッド例会でした。

【今夜の言葉】は、「クラスター」Dさん
コロナ騒動でもっぱら、今年の流行語にもなりそうな言葉。本来の意味はマーケティングの用語である「集団の塊」の意味合いということを説明頂きました。

【準備スピーチ】は3本

1番目のスピーチはMさんタイトルは「小心者の羅針盤」
飯田橋TMC入会までの話を中心に、物事を行動するために、自分なりに立ち止まって考えて、リスク分析を行い行動していることが良くわかるスピーチでした。

2番目のスピーチはNさんタイトルは「若かりし頃」
目標とするリーダーとして学生時代の先生の話をされていて今後自分がこういうリーダーになりたいということをお話いただきました。

3番目のスピーカーはTさんタイトルは「2」
2回目の自己紹介のスピーチでした。今までのTMCでの活動の振り返り、自分の家族の事、今後の夢についてPPTをうまく使いながら、スピーチして頂きました

ベストスピーカーはTさんでした。 

【テーブルトピックス】(即興スピーチ)4問 Sさん

1. 最近始めた趣味や習慣

2. 料理について

3. 頑張ろうと思ったが続けられなかったこと

4. 無人島に行くとき持っていきたいもの

回答しやすかったり、考えさせられるお題と幅広く出題頂きました。
ベストテーブルトピックス賞はDさんでした。

スピーチに対する【論評】ですが

Mさんのスピーチの論評はM村さんとS藤さん

Nさんへの論評をYさん

Tさんに対する論評をJさん

それぞれみなさん良かった点をしっかり褒めつつ、次の課題を説明してくださいました。
ベスト論評賞はJさんでした。

司会(TMOE)のS木さんは、とても場を盛り上げる話などを混ぜながらしっかり会を回していただきました。

いつも明るく楽しい飯田橋TMC、次回はスピーチのワークショップです
皆さんの参加をお待ちしております。

第313回 (7/18) 通常例会

第313回例会が7/18に行われました。
なんと、ゲスト参加していただいた方(今回で2回目)より入会宣言がございました!
新体制での初の入会者です。仲間が増えるのは嬉しいですね。

今回も、会場とオンライン(Zoom)でのハイブリッド例会となりました。
会場の人数制限があるため、Zoom参加者がいつもより多めでした。
ハイブリッド例会はこれで4回目、Webカメラなど必要な機器等が揃い、滞りなく進行するよう運営も洗練されてきました。

【準備スピーチ】
教育プログラムに沿ったスピーチが2本と、会社のプレゼンに向けた練習としてのスピーチが1本、ハイブリッド例会の準備や運営等に関する説明のスピーチが1本ございました。
教育プログラムを進めるだけでなく、会社で実際に行うスピーチの練習をするなど、いろいろな試みができるのもいいですね。

【論評】
4人の論評者のうち、1名が初の論評でした。
そして、なんとその初論評者がベスト論評を受賞されました。入会して1年満たないですが、トーストの活動を通じて、話す力が着実に上がっていっているのかなと思います。
おめでとうございます!

【テーブルトピック】
出されたお題に対して、即興でスピーチをするテーブルトピックのコーナー。
今回は4人がスピーチされました。
2人はZoomからスピーチされましたが、その1人がベストテーブルトピックを受賞されました!
会場で聴衆に直接スピーチするのに比べて、オンラインでスピーチするのは難しいものです。
オンラインにおいても魅力的なスピーチができるスキルが今後重要になってくるのかなと思います。

【おわりに】
今回3名のゲストさんがいらっしゃいました。
引き続きハイブリッド例会が続きますが、Zoomでも参加できますので、お気軽にご参加いただければと思います。暑くなってきましたが、熱中症にお気をつけてお過ごしください。
皆様とお会いできることを楽しみにしています!

第312回 (7/4) 通常例会

遅れちゃってごめんなさい。例会終わって早三週間、満を持して第312回例会ブログ始まるよ!

Break Through -自分をブチ破れ!-

第312回例会は記念すべき今季初例会。

新型コロナウイルスの影響によりなかなか人が集まりにくいご時世の中ですが、クラブとしてWEB会議環境を構築し、お家から安心して参加できる環境を整えたところ、3名のゲストにクラブ会員24名、総勢27名もの大人数が参加し、新会長・Kさんの掲げたエネルギーに溢れた今季のテーマに相応しい、大盛り上がりな例会となりました。

【今夜の言葉】

「ぶっ壊す!」

担当のMさんから発表された今夜の言葉は今季のテーマに沿った刺激的な言葉でした。普段なかなか声に出すことのないこの言葉、使いどころが難しいですがシチュエーションがピタリとはまるとすごく気持ち良さそうですよね。使いどころが難しい言葉を意識的に使うのがとても難しいですが、良いトレーニングでもありますので皆さんもぜひ取り組んでみてください。 

【準備スピーチ】

どんどん行きましょう。今夜のスピーチは4本でした。

1) 「夏のマストハブ!布マスクショッピングガイド」Uさん

この夏、私の企画したマスクが発売されます!

昨今必須アイテムとなったマスクがですが、今では防護アイテムに留まらずファッションアイテムの一つになりつつあります。開発したマスクのプレゼンテーションを交えつつ、マスクがいかにファッションアイテムに成っていったのか、独自の分析を交え解説して頂きました。

え、どんなおしゃれマスクが発表されたかって?気になった方は飯田橋TMCまで^^

2 )「毎日カップラーメンでいいの?」Dさん

新型コロナウイルスによりテレワークが常態化。会社に通勤する必要なんか無かったんだ!アフターコロナは在宅勤務が主流に!そんな評価が世間をにぎわす中、問題提起をされたDさんのスピーチ。

毎日始業直前に起きて、お昼は家にあるもので手軽に済ませる。適当に休憩を挟みつつ、就業したらPCを閉じる。コミュニケーションはオンライン上だけ。

一見楽に見えるし、実際在宅勤務は楽だけど、それはまるでカップラーメンのよう。お手軽でおいしいけど毎日じゃ飽きるし最高の食事ではない。

毎日カップラーメン食べたいですか?

世に流されず、しっかりと自分の考えを持って述べる。そんな人が集まる場所が飯田橋TMC。興味が出た方はお問い合わせフォームまで^^

3) 「後悔、そして私のリーダーシップ」Sさん

秋葉原TMCよりゲストでお越しいただいたSさんからもスピーチをいただきました。

仕事で積極性を欠いた結果、大きな後悔をしてしまったSさん。あの時だれか背中を押してくれる人がいたら・・・・

それから数年後、ふとしたことがきっかけで職場の後輩の背中をおしたところその後輩が大活躍!

ちょっと背中を押してあげることで、人は大きく変化することに気が付いたSさん。

そんなSさんのリーダーシップ論とは・・・気になる方は秋葉原TMCへ^^

4) 「選挙、行く?」Yさん

都知事選を控える中、ベテランのYさんから投げかけられた問題提起。

‐若者の投票率が他の年齢層に比べ大きく低い現状を打破すべく、投票を義務とし違反者には罰金を課します!‐

提案されたのは選挙権行使の義務化と違反者への罰金制度。強権的な提案に例会参加者からは様々な意見が!大きな議論の結末はいかに?気になる方は飯田橋TMCへ^^ 

【テーブルトピック】

今夜のマスターはTさん

コロナ禍の中過ぎ去る日々。卒業式はなくなり、お花見は中止。GWはステイホーム、東京オリンピックは中止。コロナは人々から季節を奪ってしまいました。

でも安心してください、日本にはスピーチで季節を感じることができる秘密の言葉があります。

それは「季語」

季語をテーマに季節を感じる素敵なスピーチが咲き乱れました。

え、私も季節を感じたい?そう思った方は是非飯田橋TMCまで^^

 

【論評】

1)  Uさんへの論評 Sさん

Uさんには前会長Sさんからからフィードバック。

良かった点をたくさん紹介頂きました。良い点がんがん伸ばしていきましょー 

2 ) Dさんへの論評 Kさん

Dさんには新役員のKさんからフィードバック。

「テレワークに対する考え方の多様性を示した」とスピーチの意図をしっかり評価。一方でスピーチの良かった点、改善点をうまく伝えらない課題も。スピーチするだけでなく、論評も学ぶ場がTMC。一緒に成長していきましょう。

3)  Sさんへの論評 Sさん

ゲストがスピーチをする難しさをしっかり評価し、会員に示すところから始まったSさんの論評。

良かった点、改善すべき点をしっかり伝えられており、きっとSさんの大きな成長の糧になったのではないでしょうか。

4)  Yさんへの論評 Sさん

会場から意見を引き出し、議論をする。Yさんのスピーチテーマの難しさをしっかりと理解した上で、より良くする手法を提示されたSさん。

Yさんのみならず会員にとっても大きな学びとなりました。 

【今夜の表彰】

ベストスピーカー:Dさん

ベスト論評賞:Sさん

ベストテーブルトピック賞:Rさん

皆さんおめでとうございます。

 

【おわりに】

新会長の門出に相応しく、最後まで大いに盛り上がった第312回通常例会、これにて幕引きです。

おもしろそう!ちょっと気になる、そう思った方は飯田橋TMCまで^^

それではまたの機会までごきげんよう~

第307回(5/2)通常例会

みなさん、こんにちは。

先日の例会で総合論評を務めましたT木です。
第307回 飯田橋TMC通常例会も、引き続き、オンラインでの開催となりました。
私は、オンラインの例会に初めて参加するということもあって、どんな雰囲気なのかとても
不思議に思っていました。でも、オンラインだろうが、いつもの例会と同じようにスムーズに
進行されていました。
むしろ、チャットでのコメントなど、オンライン例会ならではの長所もあるのだなと感じました。

さて、今夜のTMOEは、Y武さんです。
例会前から、おもしろい例会案内のメールをお送りされていました。
また、例会中も、ゲストの方に対するさりげないフォローを入れるなどされ、
例会をうまく進行されていました。

【今夜の言葉】
今夜の言葉をご担当されたのは、N村さん。

止楊(しよう)」という言葉を選ばれていました。
意味は、「あるものをそのものとしては否定するが、契機として保存し、
より高い段階で生かすこと。
矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること。」とのことです。
過去、流行語大賞候補にも選ばれた言葉とのことでした。
 

【準備スピーチの部】
本日のスピーチは2本です。
スピーチ(1)『テレビ・本・食器』:T内さん
コロナウイルスの蔓延で、外出自粛などを余儀なくされる日が続くなか、ライフスタイルを
変えたご経験を紹介されたT内さん。
T内さんは東日本大震災を契機に、テレビを見るのをやめ、本を紙媒体のものから電子データ
のものに移行し、食器も割れづらい材質のものに変えられたとのことでした。
スライドも多用されながら、オンライン例会の長所を存分に活かしたスピーチで私もコロナを
きっかけに、ライフスタイルを見直してみようかと思いました。

スピーチ(2)『武蔵VS小次郎 巌流島の決闘』:Y井さん
誰しもが知る、「巌流島の決闘」について、
まるでプロの落語家のような口調でお話しされたY井さん。
画面いっぱいに繰り広げられるボディランゲージに多様なボーカルバラエティー。
さすがベテランといった、非常に高度なスピーチでした。
お金を払ってでも見る価値があるのでは??
オンライン(ZOOM)を通じても、
臨場感がひしひしと伝わってくる、そんなスピーチでした。

【テーブルトピックスの部】
即興スピーチのコーナーです。テーブルトピックマスターの出すお題に、
いきなり指名された人が、即興で答えるコーナー。
しかも、1分以上話し続けないと失格になるという、シビアなルールがあります。
参加者の多くは、にわかに目線を下げて、指名されないように、存在を消し始めます。
今夜のテーブルトピックマスターは、K塚さん。
新聞の記事からお題を出すという、タイムリー且つ斬新なスタイルでした。
 ・コロナウイルスはいつまで続くか?
 ・武漢研究所の所長として、トランプ大統領からコロナウイルスの発生源ですか?
と質問された際の回答?

 ・母の日にまつわるエピソード?
 ・中国~北朝鮮を結ぶ国境の橋が建設中だが、あなたが掛けたい橋は?

なかなか、難しいお題もありましたが、皆さんうまく即席で回答を仰っていました。

【論評の部】
論評の部は、スピーカー並びに例会全体に関する論評を行うことで、例会参加者のレベル
アップに役立ててもらうよう、新たな気付きを提供していくセッションになります。

本日の論評者は、下記のとおり。
T内さんのスピーチに対する論評:S村さん
Y井さんのスピーチに対する論評:S木さん
 
S村さんは、画面にメッセージを効果的に投影されて、印象に残る論評をされていました。
S木さんは、カメラワークなど、オンライン例会ならではの視点でアドバイスをされていました。

本日のベストスピーカー賞:Y井さん
本日のベスト論評賞:S木さん

本日のベストテーブルトピックス賞:K松さん

オンライン例会にも独特の良さがあるなと感じました。
けど、やっぱり、皆さんに直接お会いしたいところですね。
コロナが早く収束しますように。

第306回(4/18)通常例会

みなさん、こんにちは。
飯田橋TMC 今夜の総合論評K塚です。

第306回 飯田橋TMC通常例会は、飯田橋TMC設立史上2回目のオンラインでの開催となりました。
最初は、「果たしてうまくいくのだろうか?」と不安に思っていたオンライン例会も、今夜は2回目とあって、すっかり手慣れたもの。
運営陣、さすがです!

本日のZoomの画面(お顔コレクション)には、ずらり、21名のお顔が並びました。
ゲストさんも、全国津々浦々からお越しいただき、これは、オンライン例会ならではの醍醐味でしょうか。

さて、今夜のTMOEは、S村さんです。
飯田橋以外にも多くのクラブに参加されているS村さん。
Zoom の扱いもお手の物。期待どおり、楽しくて、学びいっぱいの例会となりました。

【今夜の言葉】
今夜の言葉は、Hセさんからのご紹介で、
~の至り」。
「光栄の至りでございます」等々、
フォーマルな場面でよく使われる言葉ですね。
「今夜の言葉」は、例会参加者の語彙を増やすことを目的として行われるセッションです。
紹介された言葉を、例会中、なるべく使うようにして、自分の血肉にしていきましょう。

そして、例会は、準備スピーチへと入って参ります。
【準備スピーチの部】
本日のスピーチは3本です。
●スピーチ(1)『コート探しにいきませんか?』:K下さん
テニスを愛してやまないK下さん。
タイトルのコートとは、テニスのコートのことです。
テニスの楽しみ、醍醐味、テニスから得られる効果などを、熱く熱く熱く、
テンポよく語り尽くしてくださいました。なんと、ラップ付きです!(楽しかった~(^^))
どうも、テニスはいいこと尽くめのようですよ!
みなさんも、始めてみてはいかがでしょう?

●スピーチ(2)『ソーシャルメディアで存在感を築く』:Sトさん
お料理が得意なSトさん。Sトさんがアップされているおいしそうなお料理の投稿をFacebookでよく拝見しています。
Sトさんによれば、ソーシャルメディアで存在感を築くコツは、
「自分が好きなことを、継続的に投稿し続けること」だそうです。
例え最初は注目されなくても、自分が好きなことを継続的に投稿し続けていくうちに、
少しずつ周囲に知れ渡るようになりジワリジワリと存在感が高まっていく、というわけですね。

●スピーチ(3)「議事手続きを調べた(ロバート議事規則入門)」:S藤さん
トーストマスターズクラブでもおなじみの「ロバート議事規則」。
例えば、新入会員を新しく迎える時、ふつうであれば、
「今日から新しく○○さんが入会しました。」で終わるところを、
いちいち、会員担当役員が動議をあげて、会員が「支持しまーす」
という毎度おなじみの儀式。
アレは、ロバート議事規則に則っています。
ロバート議事規則に関心を持たれたS藤さんが、ロバート議事規則について
入念に調べた結果を、私たち会員に、わかりやすく伝えてくださいました。
さすがは頼れる我が飯田橋TMCの会長さんです。

【テーブルトピックスの部】
即興スピーチのコーナーです。テーブルトピックマスターの出すお題に、いきなり、
指名された人が即興で答えるコーナー。
しかも、1分以上話し続けないと失格になるという、シビアなルールがあります。
参加者の多くは、にわかに目線を下げて、
指名されないように、存在を消し始めます。
今夜のテーブルトピックマスターは、Y井さん。
『しつもんブック 100』という、素敵な本からのお題でした。
 ・宇宙人のおならって、どんな音?
 ・新しく自分に名前をつけるなら?
 ・ざばーん。海から何が出てきたと思う?
こんな、ピュアで楽しいお題満載。
みなさんのお答えも絶妙で、ものすごく盛り上がりました。
Y井さんの盛り上げ方も天下一品。見習いたいです。

【論評の部】
スピーカーに、今日のスピーチを振り返ってもらうために、準備スピーチをきいて、
よかった点、ここをこうしたらもっとよくなると思う点を発表する論評の部。
論評は、トーストマスターズクラブの真骨頂であります。

本日の論評者は、下記のとおり。
 K下さんのスピーチに対する論評:K松さん
 Sトさんのスピーチに対する論評:Y武さん
 S藤さんのスピーチに対する論評:M村さん
短い時間に、聞いたスピーチを思い出し、整理し発表できるまでにまとめて、
会員全員の前で発表する(時間制限:3分30秒)、これは至難の業です。
にもかかわらず、本日の論評者のみなさんは、それぞれ、スピーチのかった点、
ここをこうしたらもっとよくなると思う点を、的確に捉えて、
見事に発表されていました。

 ★本日のベストスピーカー賞:K下さん
 ★本日のベスト論評賞:K松さん
 ★本日のベストテーブルトピックス賞:Y岡さん(ゲスト)

最初は戸惑いもあったオンライン例会。
確かに、リアル例会の臨場感には欠けるかもしれません。
そして、オンライン上では、自己表現が非常にしにくいこともわかりました。
しかし、「これはこういうもの」、と割り切ればいいのかなと思うようになりました。

Zoomのオンライン例会では、ずらりそろったみなさんのお顔を、いっぺんに見ることが
できたり、自宅で、マグカップの紅茶なんぞを飲みながら例会に参加するこのまったり感も、
慣れてきたら、これはこれで、悪くない。(割り切れれば、ですが)
オンライン例会を見事に運営してくださっている関係者のみなさんに感謝です。

STAY HOMEで、おウチ時間が増えて、なんだか寂しいよ~
と思っているあなた!
毎週第1・3・5の土曜日18時~
5月中は、オンライン例会を開催していますので、ぜひ、遊びにきてくださいね。
心よりお待ちしております!

第305回(4/4)通常例会

飯田橋トーストマスターズクラブは、スピーチ、プレゼンテーション、
並びにリーダーシップのスキル向上を目的としています。
スピーチが上手くなりたい、人前で緊張して上手く話せない、
新年度になり初めて部下が出来たけど、どのように接したらいいんだろう、
このような悩みをお持ちの方、一度、例会に遊びに来てみてはいかがでしょうか!

4月になって、コロナウィルスの影響により、
例会会場が使用出来なくなったことから、飯田橋クラブ初の
zoomによるオンライン例会となりました!
会長、教育担当副会長を中心に入念な準備を行った結果、
無事定刻に例会をスタートさせることが出来ました。
TMOE(司会)は、初のオンライン例会ということで、
お手本として、当クラブの教育担当のK松さんが務められました。
初めてのオンライン例会にも関わらず、スムーズな進行で例会が進んでいきました。

今夜の言葉はK塚さん。
今日の言葉は「臨機応変」、初めてのオンライン例会にぴったりな言葉です。
「今夜の言葉」 とは、例会内で、メンバーが発言する際に、
積極的に使ってみよう!という言葉です。

例会ではヘルパーの方々もメンバーが務めます。
えーとカウンターRさん。
文法係はSさん。
計時係はS藤会長。
集計係はK松さん。
笑いカウンターはD井さん。
記録係はS木さん。
皆さん、アサインされた役割を、皆さんの言葉で説明して頂きました。

さて、お楽しみの準備スピーチです!
スピーチには全てプロジェクト目標があり、目標に沿ったスピーチを
行っていきます。

■N村さん:Pathways Level1 論評とフィードバック
「哲学カフェ・働くとは」

このプロジェクトでは、一度行ったスピーチに対して受けた
フィードバックを受けて、再度スピーチを行います。
このスピーチでは、N村さんの社会人のご経験や
哲学カフェについての学びがありました。
さらに、前回指摘された抑揚をつけるという点が改善されるなど、
前回のスピーチから進化していることが感じられるスピーチでした。

■Y武さん:Pathways Level2
自分のリーダーシップスタイルを理解する「小さなリーダー」

このプロジェクトでは、事前のオンラインアンケートで知った
自分のリーダーシップスタイルを元にスピーチを行います。
ご自身ではリーダーになれるわけがないと決めつけていた心情を、
名だたる世界のリーダーとの比較をした後、アンケートの結果から
ご自身でも身近なところからリーダーシップを
発揮していきたいという決意を伺えました。
飯田橋クラブでリーダーシップを発揮したいという一言が頼もしかったです!

■Hセさん:Pathways Level3
自分のユーモアセンスを知る「Connecting to Fly」

このプロジェクトでは、
ユーモアを交えたスピーチをするスキルを身につけることを目指します。
Hセさんは、英語による国際スピーチコンテストで
エリアコンテストを勝ち上がっており、4/29に開催される
ディビジョンコンテストへの参加が決まっております。
この英語のスピーチの内容を、日本語でユーモアを交えて話して下さいました。
オンラインならではの背景変更など、細かな気配りも交えつつ、
ハネムーンの大変な体験を話して下さいました。

この後、いつもはお楽しみの
「テーブルトピックス」という即興スピーチのコーナーがありますが、
今回は、初めてのオンライン例会ということで、
次回以降のお楽しみということになりました。

論評
トーストマスターズクラブは講師がおりません。
クラブ内のメンバーからの厳しくも優しい、
愛のあるフィードバックをしていきます。

■M村さんからN村さんへ
■Y井さんからY武さんへ
■HさんからHセさんへ

三人の論評者とも、スピーカーのモチベーションが上がる、
参加者が納得する良かった点と、
こうしたら、さらに良いスピーチになるのでは?
という点をわかりやすく説明されていました。

■さて、今夜の受賞者は…?
ベスト論評賞はY井さん。
ベストスピーカー賞はY武さんでした。

皆さん、おめでとうございます!

★最後に★
飯田橋トーストマスターズクラブには色んな方がいて、
参加する会員のスピーチを聞くことも非常に勉強になります。
メンバーの、入会の目的も、仕事も、年齢も、国籍も、様々です。
是非、お気軽にご見学にいらっしゃって下さい!

第304回(3/21)通常例会

飯田橋トーストマスターズクラブは、
スピーチ、プレゼンのスキル向上を目的としています。
スピーチが上手な人ばっかりで不安…
人前で緊張して上手く話せない…
見学に行ってみたいけど、大丈夫かな?
ご安心ください!
恐らく、会員のほとんどが同じ理由で入会しています。
誰だって、最初は初心者です。

今、このブログを書いている私もそう。
会社内でのスピーチで一言も話せず、
ある会議では社員から「説明が下手すぎ、話が長い」と言われて、
あまりの悔しさから入会して気づけば1年半。
今ではすっかり例会に行くのが楽しみになりました。

そんな例会の様子をブログでお伝えいたします♪
例会ではスピーチをする人と、
スピーチしない人は、何らかの役割がアサインされることが殆ど。

トーストマスターズクラブでは講師がいないので、
会員それぞれが、例会を支える役目があります。

TMOE(司会)を努めたのは、M川さん。
初めての大役にも関わらず、
堂々とした余裕を感じる司会ぶり。
(準備も万全過ぎて、あるグッズが出てきてた時、私は爆笑が止まらず…)

今夜の言葉はU田さん。
「今日はどんな言葉かな?」といつもドキドキする瞬間です。
今日の言葉は「えもいわれぬ
語彙力をあげるために、
スピーチや、役割の説明の挨拶などで、
「今夜の言葉」を混ぜてスピーチを引き立たせていきます。
U田さんは言葉を発表する前に、
自らの挨拶の中にサラッと含めてニクイ演出をしてくれました。
(私も今度、この手法を真似よう…!)

計時係はEさん。
笑いカウンターはN村さん。

入会から約半年のお二人も、
積極的に例会やコンテストに参加し、
役割もどんどんアサインされ、
飯田橋を支えるメンバーとして活躍してくれています。

えーとカウンターD井さん。
文法係Yっさん。
集計係はK塚さん。

トースト歴が長いベテランのお三方は、
それぞれの役割の難しさ、醍醐味をサラリと説明されていました。

TMOEのM川さんは、
各役割の後に「積極的に今夜の言葉を使いましょう」とか、
「投票対象外のスピーチです」など補足説明を入れてくれました。

こうした細部の気配り、配慮を
随所に感じる司会っぷりです。

さて、お楽しみの準備スピーチいきます!
■M島さん「ド文系野郎が読み解く」
なぜかスピーチをすると、
いつもトップバッターというM島さん。
M島さんはスライドを使ってのスピーチだったのですが、
表紙のスライドが出ただけで、会場を爆笑の渦に沸かせました。
淡々と細胞の説明をしながらも、周囲を笑わせるM島さんでした。
我々人類は5億年後、
どんな進化を遂げているのか?
5億年たっても飯田橋TMCは続いて欲しい!

■T地さん「人生は夢だらけ」
学生生活、就職、結婚、子育て。
T地さんの人生の様々なエピソードが聞けました。
ご自身のことだけでなく、奥様のお話も。
「え~?T地さん、学生時代そんなだったの~?!」
意外な経歴がご紹介され、
驚いた皆さんも多いのではないでしょうか。
(学生時代のTさんにちょっと会ってみたかった)

■S村さん
トーストといえばS村さん。
S村さんといえばトースト。
東京、神奈川にS村あり!
「いるいる、こんな人!」
「これ、うちの会社のことじゃない?」
と、錯覚した人も多いのでは? と思うくらい、
サラリーマンのドラマのワンシーンを彷彿させるような、
コミカルなスピーチをされたS村さん。
エンターテイメント性に溢れた、
非常にユニークなスピーチでした。

■Y井さん
翌日、コンテストを控えたY井さん。
トースト大ベテランのY井さんがメンターを務めた
入会して間もないメンティーのお話をしてくれました。
スピーチとは何か。
今までの自分を変えたい、という想い。
このクラブに入る迄に、一歩踏み出す勇気。
Y井さんのエピソードに出てきた方が
このスピーチを是非リアルに聞いて欲しかった。
もしご縁があれば、このブログや明日のコンテストを通じて、
Y井さんの心をこんなに動かしたこと、
是非、その気持ちが届いて欲しい…。
そんな、胸をグッと打たれるスピーチでした。

■S藤さん
こちらも翌日のコンテストを控えたS藤さん。
同じスピーチを聞くのは2回目ですが、
前回よりもパワーアップされていました。
若い新入社員だから許され…る?
(私ならお説教してると思いますが笑)
やらかしてしまったお話も
こうしてスピーチのコンテンツにできること、
そしてそんな部下を優しく見守る上司Oさん。
我らがS藤会長のキャラが出るスピーチでした。

★テーブルトピックス★
続いてお楽しみの即興コーナー。
スポーツやオリンピックに並々ならぬ熱意があるK下さんです。
いきなり当てられて、即興で話すこのコーナー。
カラダを動かすことが大好きなK下さんらしい、
オリンピックにちなんだトピックスになりました。

1.ボランティアに参加する理由
他クラブからのゲスト参加のK村さんがご指名。
さすが、テーブルトピックスを強化したクラブ出身ということで
堂々とお答えされていました。

2.五感を1つ取り戻すなら?
久しぶりのT木さん。
パラリンピックの経緯を説明されながらのスピーチで、
聴衆も大変、興味を引く内容でした。

3.燃え続けているものは?
C道さん。
「自分を好きでい続けること」、
そしてさりげなく「単細胞生物」の話を含んだスピーチでした。
準備スピーチのネタをサラッといれちゃうのは、
さすがベテランC道さん。

♡論評
トーストマスターズクラブは講師がおりません。
クラブ内のメンバーからの厳しくも優しい、
愛のあるフィードバックをしていきます。

■I藤さんからM島さんへ
クラブ内の女性ではベテランのI藤さん。
飯田橋TMCの男性メンバー内で独特の笑いを誘うM島さん。
M島さんの良さは「気の抜けた笑い」
その表現に「座布団一枚、うまい!」と膝を打ちそうになりました。

■HさんからT地さんへ
「夢はありますか?」と聞かれて言えない人が多いこと、
Hさんが仰ってて、私もそのうちの1人だし、
凄く共感ポイントでした。
また、「先に結論言うと、印象が強くなる」というアドバイスも。
結論をどのタイミングで伝えるかによって、
聴衆の惹きつけ、理解が変わりますね。

■K田さんからS村さんへ
のっけから会場内を爆笑させたK田さん。
「絶対にいらないシステム」(注1
「白々しい謝罪」(注2
テキストにすると、読者の皆さんには伝わりづらいかもしれませんが、
K田さんが言葉を発した瞬間、会場中が大笑いでした。
 注1 技術と開発費用が恐ろしくかかる、空想上の機械。
注2 S村さんのスピーチに出てきたYさんとWさんは実在しない人物とのこと。

■M村さんからY井さんへ
M村さんからY井さんへのスピーチはもう言うことなし。
じゃあ改善点は…?
翌日のコンテストはコロナの影響もあり、
オンラインでの開催。
例年とは大きく異なる対応で、
コンテストに挑むコンテストもいつもと違うため、
不安を取り除けるような、
暖かいエールをを送られていました。

■SさんからS藤さんへ
こちらもコンテストに参加予定のS藤さん。
スピーチはコンテンツ毎に大体5~7分以内に収めることになっています。
身近過ぎても長すぎても、投票の対象外になります。
S藤さんは時間内に収まったスピーチでしたが、
タイムオーバーまで45秒あることを気づいたSさん。
この45秒の時間でよりスピーチの制度を上げるための
コツをお伝えされていました。
時間内に収まったからOKという表面的な部分ではなく、
スピーチの本質を突いた論評でした。

■今夜の受賞者は…?
ベストテーブルトピックス賞はT木さん。
ベスト論評賞はK田さん。
ベストスピーカー賞はY井さんでした。

皆さん、おめでとうございます!

○最後に…
クラブには色んな方がいて、
参加する会員のスピーチを聞くことも
非常に勉強になります。

自分が知らなかったこと。
異業種の仕事のお話。
笑いが止まらない話。
社会情勢を考えさせられる話…。

仕事も、年齢も、国籍も、様々です。

私はメンバーのスピーチがキッカケで、
マイナーな映画の存在を知ったり(これが意外に面白い!)、
気になる本や漫画を知って買ったり、
良いお店情報を教えてもらったり。

発見、気づきが多く、楽しいクラブです。
是非、お気軽にご見学にきてくださいね。

第303回(3/7)通常例会

新型コロナウイルスの影響で何かと後ろ向きなニュースを
よく耳にするこのご時世ですが、本日の例会にも多くの出席者が参加し、
熱気のある例会となりました!

早速登場したのは、いつもの会長ではなく今回は教育係のK松さん。
※会長は体調不良のためお休みでした、、、
突然のピンチヒッターにも関わらず、コロナウイルスに関わるトピックを
流暢に話されておりました。聴衆もK松の小話に聞き入っていました。

今夜のTMOEはK田さん。
しっかりとした司会進行に加え聴衆の笑いも誘うなど
例会全体を盛り上げていました。

今夜の言葉は、M川さんで「熱気」。
テレワークで家にこもりがちなると後ろ向きな気持ちになることから、
言葉から前向きな気持ちになっていこうという思いをこめて
熱気という言葉にしたそうです。

各ヘルパーですが、皆さんマニュアルをただ読むのではなく
自分の言葉で説明されていました。
また、各説明の中で「前向き」という言葉が多く使われており、
出席者全員が例会を盛り上げていこうという気持ちになりました。

さて、今夜の準備スピーチは計3本です!

①K下さん「あなたのコート見つけませんか?」
誰もが服の”コート”を想像した一方で、
まさかのテニス”コート”のお話でした!
テニスの良いところや雑学を交えながら聴衆の興味がそそられる内容、
K下さんのテニスへの思いが熱気として伝わるスピーチに
テニスを始めようと思った聴衆の現れたのではないでしょうか!?

②D井さん
「コスミックリーダーから学ぶパブリックスピーキング・リーダーシップのテクニック」
ワークショップで学んだ内容を今回は披露されました。
タイトルから難しい内容と思いきや、参考として登場したのは
ドラゴンボールのフリーザ様!身近な人物?を例にしたことで
聴衆に分かりやすく優しい仕上がりになっていました。

③H澤さん(ゲスト):「あっこれ、なんかいい感じ」
最後のスピーカーは、ゲストのH澤さん。
最近ハマったゴルフをきっかけに学んだことを披露されていました。
教えてもらったこと全部を吸収するのではなく、自分が良いと
思ったところだけを踏襲し続けていくことの大切さが伝わりました。

つづいては、TT(テーブルトピックス)のコーナー。
担当はS木さんでした。

お題は

①あなたがコロナに対して思うことは?
②自分を変えようと思ったきっかけは?
③今あなたが一番言われたい言葉は?
④もしも生まれ変わったら何になりたい?※人間以外
⑤この世の中で一つだけ”半額”で変えるとしたら何を選ぶ?
⑥あなたの”早い””安い””上手い”お店は?

といったバラエティに富んだS木さんらしい内容でした。
回答者達は自分の言葉で質問に対してしっかりと自分の意見を述べていました。

続いては論評の部。

K下さん → K田さん
D井さん → M島さん
H澤さん → T中さん

三人の論評者ともにスピーカーのモチベーションを上げるような
とてもためになる論評をされていました。
きっとスピーカーもさらにモチベーションが上がったこと間違いなし!?
さて、今宵のベストを受賞した方々は!

テーブルトピック:U田さん
論評:K田さん
スピーカー:H澤さん

でした!

今回の例会もコロナウイルスに負けず熱気のある例会となりました!

少しでも興味のある方は、
ぜひ飯田橋トーストマスターズに足を運んでみてはいかがでしょうか?(^^)

第302回(2/29)通常例会

新型コロナウイルスの影響にも負けず東京ボランティアセンターの例会会場には、
多くの出席者があり、活気ある例会となりました!
細やかな心配りが感じられる準備をされた、TMOEのH田さん。
とても落ち着きのある例会運びでした。

Y武さんが選んだ今夜の言葉は「忖度(そんたく)」。
言葉の由来、歴史も織り交ぜながら「他人の心情を推し量る、配慮する」という、
本来の意味を紹介してくださいました。

「えーとカウンター」、「文法」のダブルロールを請け負ってくださったHさん。
分かりやすく説明してくれて、すてきな表現を拾い上げてくれました。

「計時」はT地さん。時間を知らせるカードの色が変わると慌てがちになるという、
スピーカーが陥りやすい点も忖度して、リマインドしてくれました。

「集計」「笑いカウンター」は、独自の笑いセンスが光るK田さんがダブルロール。
しっかりと笑いをさらっていきました!

「記録」は、ベテランのI藤さん。なんと、驚くことに在籍4年7か月にして、
初めての記録係担当だったそうですが、さすがのベテランぶり、
説明の時に早速「今夜の言葉」を織り込んでいました。

お楽しみの「準備スピーチ」は、
最近入会したメンバーによるフレッシュな顔ぶれスピーチ。
1)Lさんによるアイスブレーカー、「1992」。
初めてのスピーチとは思えないほどの落ち着きぶりと、熱のこもった自己紹介。
「私に会えた皆さんは、幸せ者です!」の名セリフ。
Lさんの素敵なスピーチを聞けたのは、幸せです!

2)N村さんによる「哲学カフェ」。夢を追うこと、働き方を考える、
深いテーマで、N村さんの考えをじっくりと聴かせてくれました。

3)S藤さんによる「バーチャル」。ご自身の仕事から、
普段から「危機管理」を強く意識されています。
皆さんも、普段から危機に対する感覚、研ぎ澄ましていますか?
S藤さんは、VRでの体験仲間、募集中だそうですよ。

そして、コンテストスピーチが3本。
いずれも、コンテストに向けて、
インハウスコンテストを勝ち抜いた手練れスピーカーの登場です。

1)他クラブからゲスト参加のK藤さん、「星に願いを」。
家族の愛あるエピソードを交えた心温まるドラマチックなスピーチでした。

2)S藤会長の「心理的安全性とパフォーマンスに関する実証」。
インハウスコンテストから、さらに推敲を重ね、ユーモアたっぷりながら、
強いメッセージ性が際立つスピーチでした。

3)I藤さんの「全盛期」
こちらも、インハウスコンテストからますますパワーアップ!
過去にとらわれず、自分を信じて道を切り開く・・・
そんなメッセージをスピーチの推敲でも体現されていました。

今回は、スピーチ6本ともりだくさんだったので、
テーブルトピックスはお休みでした。残念!

論評は、準備スピーチ3本と、ゲストK藤さんへの論評4本。
論評者それぞれの個性たっぷりな視点で、
スピーカーへの温かいフィードバックが贈られました。
ノンスピーカーにも、大変参考になるものばかりです。

M村さんは、スピーカーの練習成果やメンターとの関わりといった
スピーチの裏側もよく見ていて、スピーカーの準備スピーチにかける想いも
忖度した論評でした。

S木さんは、お得意のユーモアをふんだんに含めて、
これでもかというくらいに良い点を乱れ打ち!
緊張していたスピーカーの心を解きほぐし、自信につながる論評でした。

D井さんは、説得力をテーマにして、理路整然と論評を展開。
次のスピーチにつなげやすい具体的なアドバイスが
たくさん紹介された論評でした。

K松さんは、自分が受けたメッセージをリピートすることで、
スピーカーに「メッセージが伝わったよ」ということを伝える、
スピーカーにとって嬉しい論評。
実演付きで、参考にしやすいアドバイスも紹介されました。

トーストマスターズクラブには
「先生」がいませんので、論評でスピーチを磨きあいます。
次のスピーチにつながるモチベーションも高まります。

スピーチ、論評ともに、投票が行われ、
その回のベストスピーカー、論評者が決まります。

ベストスピーカー:Lさん
ベスト論評:S木さん

おめでとうございます!

第299回(1/18)通常例会

回を重ねて、第299回の例会です!
今日の会場はいつもの飯田橋ボランティアセンターを離れて、
富士見みらい館で、気分も変わります。
~~~~~
■教育セッションの報告です。
今回の総合司会のT橋さんの、ふわっと優しいスピーチで幕があがりました。
例会をサポートするみなさんも、それぞれ工夫をされ、新しいトライがありました。
■今夜の言葉は「いまだ嘗て(かつて)」。
担当のHさんが、厳選した今夜の言葉は、トーストマスターズに親和性が高いのか、
多くのメンバーがスピーチの中で活用し、「いまだ嘗て」ないほどの使用回数でした。
■スピーチのコーナーです!
今回はスピーチ5本。
最近入会された方から、ベテランまで、バランスのいい構成です。
1人目:Y部さん「ソーシャルVR」
Virtual Realityのコミュニティを実機を使って紹介してくださり、
こんな世界があるんだと、私も仮想体験することができました。
2人目:M村さん「1~10・・・?」
メンター/メンティの関係を、ドラゴンボールの師匠と弟子、
そして、けん玉を通して「けん丸」から学んだことへと発展させる、
見事なスピーチでした。
3人目:K松さん「心のおまもり」
スピーチのあとのみんなからのコメントシートが、
私の「心のおまもり」になって、次も頑張ろうと思う。
K松さんらしい、あたたかな気持ちになるスピーチでした。
ちなみに私もみんなからもらったコメントシートはノートに張っています。
4人目:Sさん「自分のことを他人のように扱うこと」
ご自分のつらい体験から、自分を大切に扱うことが何よりも重要だということを
切々と訴えるスピーチで、そうだよねと思えました。
5人目:T内さん「30年前のラストスパート」
いつものT内さんのスタイルとは違って、真面目な内容(ごめんなさい)。
聞き終わって、事実はどうだったんだろう。
自分が彼だったらどうしただろうと、考えさせるスピーチでした。

~~~~~
■続いて「テーブルトピックス」のコーナー。
このコーナーの司会者、今回はH田さんが用意してきた質問について、
ミニスピーチにトライしていきます。
「矛盾を感じること」T内さん
「みんなが知らないこと」Y井さん
「自分な好きなこと」T橋さん
「私の健康法」H崎さん
質問がよく練られていて、答えも当意即妙。
笑いいっぱいの楽しいコーナーでした!
~~~~~
■休憩をはさみ、後半は論評の部となります。
トーストマスターズクラブには「先生」がいませんので、
メンバーのみんながお互いに対して前向きに、
ためになるフィードバックを返そう、という約束になっています。
前半のスピーチひとつに対して、論評者がひとつずつ論評を行います。
じっくり練ってするスピーチとはまた違ったスキルを磨いていくことができます。
登壇したのはM島さん(初挑戦)、T地さん、M川さん、C道さん、D井さん。
論評もそれぞれが個性が活かされ、スピーカーのモチベーションがアップする、
あたたかく、かつ、ためになる論評が行われました。

■投票の結果選ばれるベスト賞のみなさんは、どんどんどんどん♬
ベストテーブルトピック賞は、T内さん!
ベスト論評賞は、D井さん!
ベストスピーカーは、M村さん!
でした。みなさん、受賞おめでとうございます!
~~~~~
次回2月1日(土)は300回記念例会、そして、2月15日(土)の
第301回はクラブでのスピーチコンテスト@千代田区富士見区民館となります。
私達の活動にご興味を持たれたら、ぜひ遊びにきてくださいね!
3回まではゲストとして無料で見学できます。
お申込みやお問合せは「見学・お問合せ」のページからお気軽にどうぞ。
お待ちしています!

第298回(1/4)通常例会

新年あけて初の例会です!
飯田橋ボランティアセンターにはたくさんの参加者があつまりました。
ゲストさんは2名いらしてくださいました。
本年初の入会式で、Rさんがメンバーに加わることになりました!
これからいろいろなお話を聞かせてください。ともに頑張っていきましょう!
なお本例会では、近づいてきた第300回記念例会の予算について討議があり、
前向きで活発な意見が交わされました。
~~~~~
■教育セッションのご報告です。
今回のTMOEであるT木さんの、はつらつとした司会で幕があがりました。
例会をサポートするみなさんも、それぞれ工夫をされ、新しいトライがありました。
■今夜の言葉は「ついてる」。
担当のY部さんが、新年にふさわしい言葉をたくさん検討し、最終的に選んだとのこと。
縁起のいい言い回しで、例会内ではたくさんの人がとりいれ、盛り上がっていました。
スピーチのコーナーです!
今回はスピーチ5本。
なんとそのうち3名が入会後初めてのスピーチでした!
1人目:U田さん”苦手”の先に
苦手を克服するためのいろいろな挑戦について教えてもらいました。
初スピーチとは思えないなめらかな語り口で、
「苦手は思い込みなのでは?」というメッセージが心に響きましたね!
2人目:N村さん好奇心旺盛な自分
N村さんも初スピーチだったにもかかわらず、
分かりやすく、よどみなく発表されていましたね。
親しみのわくテーマを選ばれ、おおいに語ってもらいました。
みんなカレーが食べたくなったはず(笑)!
3人目:S藤さん私の特技って?
S藤さんも初スピーチ!
いろいろなことにトライして世界を広げていくS藤さんの挑戦エピソードは
驚きをもって受け入れられていました。
仕事道具の実演には、全員がひきつけられましたね!
4人目のスピーカーは、他クラブからいらしたゲストさん
コンテスト用のスピーチということでタイトルや内容は省略させていただきます!
メッセージの内容はもちろん、みなさんの意識を引く出だしから
よく練られた展開などなど、たいへん勉強になるものでした!
コンテスト、ぜひがんばってください!
5人目:Hセさんオタクになりましょう
情熱をとりもどすテクニックについて語ったHセさんの今回のスピーチ、
目玉はなんといっても音楽でしたね。
ぴったりの音楽をタイミングよく効果的に使うことで
今回のスピーチ目標を十分に達成されたと思います!
~~~~~
■続いて「テーブルトピックス」のコーナー。
このコーナーの司会者(今回はK松さんです!)が用意してきた質問について、
ミニスピーチにトライしていきます。
「旅の魅力について」→A原さん
「新年、やめたいこと」→K田さん
「初売りで買いたいもの」→T内さん
みなさん当意即妙のナイス回答が聞けました!
~~~~~
■休憩をはさみ、後半は論評の部となります。
トーストマスターズクラブには「先生」がいませんので、
メンバーのみんながお互いに対して前向きに、
ためになるフィードバックを返そう、という約束になっています。
前半のスピーチひとつに対して、論評者がひとつずつ論評を行います。
じっくり練ってするスピーチとはまた違ったスキルを磨いていくことができます。
登壇したのはD井さんSワットさんC道さんM村さんS村さん
モチベーションがアップする、あたたかく、かつ、ためになる論評が行われ、
たいへん勉強になりました。

■投票の結果選ばれるベスト賞のみなさんは…
ベストテーブルトピック賞は、A原さん
ベスト論評賞は、M村さん
ベストスピーカーは、Hセさん
でした。みなさん、受賞おめでとうございます!
~~~~~
次回の通常例会は、1月18日土曜日、18:00~
飯田橋ボランティアセンターで行われます。
新しいメンバーはいつでも大歓迎です。
まずはゲストさんとして無料で見学できますので、ぜひ遊びにきてくださいね!
お申込みやお問合せは「見学・お問合せ」のページからお気軽にどうぞ。
お待ちしています!

第297回(12/21)通常例会(ワークショップ)

本日はいつもの東京ボランティアセンターでの今年最後の例会です。

今回はなんと他クラブ所属のS田さんによるワークショップ
S田さんは、今年の春のコンテストで優勝された実力者です!

ワークショップのテーマは2本立!
1本目は「どうやってスピーチを作っていますか?」

S田さんの自己紹介、そしてコンテストで優勝した
スピーチを披露いただけました。
自らの体験から気づいた固定概念を疑問として聴衆に投げかけ、
固定概念にとらわれず自分の気持ちに素直になることの大切さが
心に伝わるメッセージ性のあるスピーチでした。

披露いただいたスピーチをどのようにして作ったかお話いただきました。
一番大切なことは「何のためにスピーチをやっているのか?」だそうです。
スピーチ対してビジョン、ミッション、バリューを
しっかり設定することが重要だと仰られていました。
さらに日ごろから楽しい、つらいといった感情に関わる出来事を
書き留めてスピーチの材料としてストックされているとのこと。
皆さんしっかりメモに取ったり、真剣にお話に耳を傾けたり、
収穫のある充実した時間となりました。

2本目は「戦略的コンテストスピーチの作り方」
コンテストで本当の主役はスピーカではなく聴衆
スピーチを作るとき自分の話したいことではなく、
聴衆がどんな人たちかを理解し、共感を得られる身近な話題と、
世の中の動向にあった話題を取り入れて、自分の話と結びつけることで
より伝わりやすいスピーチになるそうです。

そこで、まずは世の中の動向を知る!というテーマで
みんなで今年1年あった、流行、事件、気になったことを付箋に書き出し、
同じカテゴリごとに分けて、壁に貼り付けていきました。
たった1年なのに意外と忘れてることも多く、様々な内容が揃いました。
その中から、温暖化・家族・ラグビーの3つの話題をピックアップ。
これらの話題から「どんなメッセージが伝えらえるか?」
そんなお題をみんなで考えます。
「チームで協力することの大切さ」
「1人じゃない」
「1+1は2ではない」等々
大いに盛り上がったラグビーを題材とした
メッセージが多い結果となりました。
これらのメッセージと自分のスピーチをリンクすることで
より聴衆に伝わり心に残る良いスピーチができるのだそうです。

自分の言いたいことばかりでは、確かに伝わるスピーチはできませんよね。
今日のワークショップを通じてスピーチ作りに磨きをかけたい、
スピーチ作りのヒントを得た!と思った方も多いのではないのでしょうか。
春のコンテストまであと数か月。
聴衆を巻き込む、素敵なスピーチをみんなで目指していきましょう。

そんな向上心の高いメンバー集まる飯田橋トーストマスターズ。
気になった方は是非とも一度見学にいらしてくださいね。
あなたのご参加をクラブ会員一同、楽しみにお待ちしております。

第296回(12/7)飯田橋×東京論評 合同例会

12月7日、東京論評TMCの皆様にお越しいただき飯田橋×東京論評 合同例会を
飯田橋ボランティアセンターで開催しました。
本日の例会は、U田さんの入会式から始まりました。
リーダシップを磨き、仕事に活かしたいとの動機から、
入会を決めたとのことでした。
これから一緒に学んでいけるのが楽しみです。
さて、本日は準備スピーチ2本、
テーブルトピックス(即興スピーチ)9本の例会でした。
TMOEはベテランK田さん。
雰囲気作りがとても上手で、軽妙な笑いを誘う司会進行で盛り上がりました。
例会のサポート役となるヘルパーは以下の方々でした。
今夜の言葉:M村さん
えーとカウンター:H原さん
文法係:D井さん
計時係:Jさん
集計係:N村さん
笑いカウンター:S木さん
記録係:S藤さん
皆さん、独自の説明で笑いも取りつつ、
初めての方でも分かりやすい役割紹介でした。

準備スピーチは、T中さん、S村さんが披露してくださいました。
1人目は、T中さん。
スピーチタイトル:そうだ、人間ドッグ、いこう
自身の経験を踏まえ、人間ドッグに行き、定期的に検診することの
重要性を説明してくれました。ご家族とのやりとりなどを、
ダイアログを用いつつ、おどけ混じりに表現していました。

2人目は、S村さん
スピーチタイトル:電力業界って
このスピーチの課題は、聴衆からの野次に対応するスキルを
演習するというものでした。誰が野次を言う担当になっているか、
スピーカーはわかりません。スピーカーにとってかなり難易度の
高いスピーチ課題でしたが、ベテランのS村さんは冷静に対応し
ていました。

続いてはテーブルトピックス
テーブルトピックスは即興スピーチで、
司会の方が出したお題に1分~2分30秒で話すというもの。
今回の司会はT内さん。
出されたお題は、2019年のマイベスト○○でした。
今年1番の弁当やアイドル、買って良かった商品、嬉しかったことなど、
スピーカーそれぞれにとっての2019年マイベスト○○を紹介して頂きました。
即興で振られたお題に対してスピーチができるようになると、
自信がつき、色々な場面で使えるようになるのではないかと思います。
是非、あなたならどう答えるか考えてみてください。

最後に論評の部
トーストマスターズでは先生はいません。
会員同士でアドバイスをしあって伸ばしていくという考え方です。
論評ではスピーチに対するアドバイスを別の会員が行います。
今回、各スピーカーに対して、
東京論評さんより、K地さん、T口さん、K杉さん、Oさんが論評されました

そして論評が終われば、皆さんお待ちかねの表彰式です!
本日のベストスピーカーは以下の方々でした。
おめでとうございます!!
ベストスピーカー T中さん
ベストテーブルトピックス T橋さん
ベスト論評 Oさん
本日の入会式でまた一人仲間が増えた飯田橋トーストマスターズクラブ。
是非お気軽に見学に来て下さいね~!

第295回(11/30)通常例会

11月30日、第295回通常例会が飯田橋ボランティアセンターで
開催されました。

本日の例会は、N村さんの入会式から始まりました。
しっかりとした入会挨拶もいただき、
これから一緒に学んでいけるのが楽しみです。
N村さん、これからよろしくお願いします。

さて、本日は準備スピーチ2本、
テーブルトピックス(即興スピーチ)5本の例会でした。

TMOEはベテランS木さん。
雰囲気作りがとっても上手で、安定した司会進行でした。
例会のサポート役となるヘルパーは以下の方々でした。

今夜の言葉:K田さん
えーとカウンター:Y武さん
文法係:K松さん
計時係:K塚さん
集計係:Sワットさん
笑いカウンター:Hさん
記録係:S藤さん
皆さん、独自の説明で笑いも取りつつ、
初めての方でも分かりやすい役割紹介でした。

準備スピーチは、M島さん、D井さんが披露してくださいました。
1人目は、M島さん。
スピーチタイトル:日本の戦争映画入門
たくさんの映画を紹介してくださいましたが、
1つ1つを短い時間で面白おかしく紹介してくださいました。
女性陣にお気遣いいただきながら(?)の
とっても面白いスピーチでした!笑

2人目は、D井さん
スピーチタイトル:てら銭の行方
ついに最終回、ボートレースに関するスピーチです。
ボートレースの収益金ってどうなるか知っていますか?
舟券の購入者に還元されるだけでなく、レースを主催する
全国の地方自治体のために使われているそうなんです。
聞く側もボートレースについて、色々詳しくなってきていて、
最終回だなんて寂しいですね。
次回もボートレースのスピーチお待ちしています。

続いてはテーブルトピックス
テーブルトピックスは即興スピーチで、
司会の方が出したお題に1分~2分30秒で話すというもの。
今回の司会はH原さん。
出されたお題は以下5点盛りでした。
1、冬に身につけるもの
2、冬の好きなところ
3、こたつの良い点、苦手な点
4、冬のスポーツのおすすめを語る
5、冬に関連するもので100万円あったら何に使う?
………今回のお題も難しかったですね!笑
でも、答えられると面白いし、自信もつきます。
色々な場面で使えるようになるのではないかと思います。
是非、あなたならどう答えるか考えてみてください。

最後に論評の部
トーストマスターズではプロの先生はいません。
会員同士でアドバイスをしあって伸ばしていくという考え方です。
論評ではスピーチに対するアドバイスを別の会員が行います。
今回、各スピーカーに対して、
M川さん、M村さん、T尾さん、T中さんが論評されました
M川
さんT尾んは初めての論評でしたが、
堂々と良い点や具体的な改善点を指摘していたのが印象的でした。

そして論評が終われば、皆さんお待ちかねの表彰式です!
本日のベストスピーカーは以下の方々でした。
おめでとうございます!!
ベストテーブルトピックス K松さん
ベスト論評 M村さん
ベストスピーカー D井さん

本日の入会式でまた一人仲間が増えた飯田橋トーストマスターズクラブ。
是非お気軽に見学に来て下さいね~!

第294回(11/16)通常例会

本日のTMOET中さん。
T中さんは落ち着いた感じの司会進行をしてくれました。
また、例会前から役割に欠員がでたら素早くアサインをしてくれました。

準備スピーチ
最初のM川さん
スライドを使いながらのスピーチでしたが、
初めてとは思えないほど資料や写真の選び方や
載せ方が的確でした。

2番目のスピーチ
Y武さん
本人のスピーチが上手くなりたい
という意志や、なぜスピーチがうまく
なりたいかわかり、聞き応えがありました。

3番目のスピーチ
Sワットさん
いい人になってはではダメだという、
生きて行く上で陥りそうなことから
脱却させてくれるような、自分自身を
顧みる機会になるようなスピーチでした。

4番目のスピーチ
S木さん
ドキドキメモリアルと日本昔話のストーリーを
掛け合わせたユニークなスピーチでした。
また、スライドの絵の選び方が面白く、
たくさん笑いが起こるようなスピーチでした。

5番目のスピーチ
Y井さん
ビストロの店主になりきりスピーチをされてました。
ボーカルバラエティやボディランゲージと主題を絡めて
スピーチされていて学びになりました。

テーブルトピック
C道さん
時事ネタで、ニュースを対して考えるきっかけになりました。
また、ゲストを主に当てていましたが、
オーディエンスも暖かく迎えていて良い雰囲気でした。

論評
K下さん
はじめてにもかかわらず、スピーカーの様子や内容だけでなく、
改善的も的確に述べていました。

Y部さん
同じくはじめてにもかかわらず、自信満々に論評していました。
前回のスピーチのことも述べていて、洞察力が素晴らしかったです。

M村さん
次にどんなスピーチをしていいか的確にアドバイスしていてあまり無い論評でした。

K塚さん
K塚さんが出ると盛り上がりますね!
スピーカーと会話しながら論評していて、ユニークでした。
ビジュアルエイドの使い方を面白おかしく述べていて、斬新でした。

D井さん
冒頭に「Y井さんのスピーチはエンターテイメント型だ」と、
スピーチの総括を述べていたため、後の内容がスッと入ってきました。

ベストテーブルトピック
U田さん
ベスト論評
M村さん
ベストスピーカー
S木さん

でした。
レベルの高い例会でしたね。
ご興味があれば、是非見学に来てください!