Category Archives: 飯田橋TMCニュース

飯田橋TMCでのニュースをお伝えします

第274回(2/16)通常例会

こんにちは!
前回はクラブ内コンテストがあり、今回は久しぶりの通常例会でした。

今夜のトーストマスター(司会)は、初めてのK松さん!
例会が始まる30分前には準備万端の状態になってました。
バレンタインが近いと言うことで、チョコも置いてあり、小さな気遣いが例会の雰囲気を良くしますねー!
また、新しいメンバーの方も加わり、今後さらにクラブが活気付きそうです!

【ヘルパーの紹介】
今夜の言葉はT橋さんで、「メッキが剥がれる」
最近はこの言葉の意味が変わってきているらしく、言葉の最先端を走りたいという思いから選ばれたそうです。

また、集計係もT橋さんで、説明分を自分で考えてきて読み上げていました。
用意周到な姿に、自分も頑張らないと!という思いが強まりました。

えーとカウンターはA野さん。「えーと」や「あのー」と言いそうになったら、歩いてみるといいよ、というチップスと共に簡潔に説明されていました。

文法係のS藤さん、「など」と「等」は使う場面が本当は違うんですよ!というウンチクを交えた面白い説明でした。

計時係のY井さん。焦らないでしゃべってね、とベテランならではの安心させることを目的とした説明をされていました!

最後は笑いカウンターと記録係のHさん。
笑いの数をフルマラソンのkmに例えて表現するその工夫がすごくよかったです!

【準備スピーチ】は3本。
1人目はM村さんの「TAKE○○」
以前にやったスピーチを何倍もパワーアップさせて、自信満々にスピーチをされてました! 「TAKE○○」の○○には「66」が入り、この日までにスピーチを練習した回数だそうです。

2人目はHさんの「僕のリーダーシップスタイル」
ご自身のリーダーシップスタイルの紹介と、それをどのように活用したかをパワーポイント資料を使って説明されました。
リーダーシップの方法ってひとつじゃないんだなぁ〜ととても勉強になる内容でした。

3人目はI藤さんの「パズル」で、コンテスト用のスピーチを披露しました。
完璧じゃなくても、自分自身のパズルをはめていけばいいんだよ、というメッセージのこもった心温まるスピーチでした。

テーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーを担当したのはT道さん。
もうすぐ開催されるオリンピックにちなんだ面白いテーマを選ばれて、会場が笑いの渦に巻き込まれました!

【論評の部】
M村さんへの論評はS村さん。
さすが慣れているだけあってメモを見ないでアドバイスをしている姿はベテランそのものでした。

Hさんの論評はT内さん。
一言目から笑いを取るT内さんの笑いのセンスに、感無量でした。

I藤さんの論評はK塚さん。
ちゃんと改善点をしっかりと指摘する姿に、I藤さんとK塚さんの信頼関係が見えました。

本日の例会はとてもエキサイティングで学びがたくさんあり飯田橋TMCっていいなぁ〜と思わせる良い例会でした!
これを読んでいる皆さんが飯田橋TMCを見学されることを祈っています!

第273回【飯田橋TMC インハウス スピーチコンテスト】開催!

2019年2月2日(土)(於.東京ボランティアセンター)
【飯田橋TMC インハウス スピーチコンテスト】が開催されました!

コンテスト委員長はK松さん。初めてとは思えないほどのきめ細やかさ!
そして、審査委員長は、ご存知!みんなのT田さん。
ヘルパーのみなさんも、てきぱきてきぱき。
コンテスト運営、おつかれさまでした!

そして!
コンテスタントは全員で9名。
みなさんのスピーチは、九人九色。個性的なスピーチばかり!
もう、本当に楽しかった~!

【9名のコンテスタントとスピーチタイトル】
T地さん  「人生は夢だらけ」
K塚さん  「小ちゃな小ちゃなスピーチ宣言」
Y井さん  「夢の自転車」
I 藤さん   「パズル」
N呂さん  「PNG」
S木Yさん  「当たらないけど当たるかも」
T内(兄)さん 「怒られマネジメント」
K田さん  「なぜ綛田隼也はこんなに前向きなのか」
S藤さん  「あなたと私をつなぐもの」

【入賞者のみなさん】
❤️ 1位 K田さん
❤️ 2位 K塚さん
❤️ 3位 I 藤さん

本当におめでとうございました~
スピーチコンテストは、クセになる~

第272回 飯田橋TMC 10周年記念例会!(1/19)

2019年1月19日(土)18:00~21:00 於.学士会館

飯田橋TMCは、おかげさまで、10周年を迎えることができました!
多くのOBOGやゲストをお迎えして、にぎにぎしく「10周年記念例会」
を開催することができました!
コンセプトは、『飯田橋劇場』!
洋風の学士会館と寄席風の雰囲気づくりが、絶妙のバランスでした。
懐かしい顔がいっぱい! !
OBOGのみなさんのスピーチは圧巻でした!
現役会員たちのパフォーマンスも素敵でした!
文句なしの、素晴らしい記念例会になりました!








第271回(1/5)通常例会

新年、あけましておめでとうございます!
2019年も、「飯田橋TMC」をよろしくお願いいたします!

2019年1月5日(土)18:00~(於.東京ボランティアセンター)
新年早々、「第271回 通常例会」を元気に開催いたしました。

詳しい内容は、後日、ブログ原稿が届き次第、掲載します。
まずは、写真のみ、アップしておきますね。^^

第270回(12/15)通常例会

2018年12月15日(土)18:00~(於.東京ボランティアセンター)

今回は今年最後の締めの例会です。
例会後は毎年恒例のクリスマス会。
その楽しみを前に、笑いあり、ためになる豆知識あり、
今回の例会も大きく盛り上がりました。
 

「牛肉ばかり食べていると地球の温暖化がすすむ。その理由は?」
「日本語は難しい言語ランキング何位?」
※その答えはこのブログの最後にあります。 

今回はいつもより多めの5名がスピーチ。

1、M村さん「笑顔は広がる」
入会後、初めてのスピーチにもかかわらず、そんな素振りは微塵も見せない堂々としたスピーチでした。「君が笑えばみんなが笑う。みんなが笑えば君が笑う」このスピーチを聞いて笑顔になったメンバーも多数発生。幸せなスピーチでした。

論評者はベテランのK塚さん
初めてのスピーチであるM村さんの良いところを指摘しつつ、今後に対する的確なアドバイスはさすがです。

2、T中さん「暗闇で見えたもの」
最近、ビジネスシーンでも注目されている「ダイアローグインザダーク」。その経験談をリアルに語ってくれました。暗闇をみんなに体験してもらう動作などを具体的に取り入れ、その経験がリアルに伝わってくるスピーチでした。このスピーチを聞いて、実際に「ダイアローグインザダーク」をやってみようと思った人もたくさんいるはず。

論評者はT地さん
T中さんと事前打ち合わせをしっかりされ、目標を共有されているのがとても伝わってくる論評でした。 

3、S木さん「着るは一時の恥、着ないは一生の恥」
女性も男性も誰もが興味のある「ダイエット」。〇イザップに通えば痩せられる、でもお金が。。と悩んだS木さんが選んだのが「着ればやせられるTシャツ」。着るだけで痩せられる神のようなTシャツですが、それには大きな欠点があった!その体験談を実物を見せながらリアルにスピーチしてくれました。

論評者はTニャンことS木さん。
出だしで大きく笑いをとりつつも、内容はかなり厳しめの論評になりました。それもS木さんS木さんに対する大きな愛情ですね。

4、Y井さん「365の空白」
紙の手帳の話でした。手帳アプリの普及で廃れると言われつつも、最近はその人気が再燃している紙の手帳。その具体的な活用方法について語ってくれました。「書くだけで脳トレになる」「(目標を達成するために)自分とのアポイントを入れる」「1日の終わりに良かったことを記す」など、今日から使える技ばかりでした。最後の計時係の赤カードと手帳の「赤」との連携もさすがです。

論評者はK松さん
具体的に良いところを指摘しつつ、さらに良くなるためのアドバイスをされていました。「Y井さんのようなアラ還になりたいです!」は本気かどうかは不明。 

5、K地さん「燃える男」
ゲスト参加してスピーチをしてくれたK地さん。社会人であれば、その多くが経験しているであろう仕事の大変さを、自らの経験をもとに話してくれました。上司や部下との関係、仕事の割り振り、チームワーク、それらをどうしていくか。仕事のヒントになった人も多かったのではないでしょうか。

論評者は重鎮のC道さん
「マニュアルにそって」というとても大切な部分をメインに指摘されていました。「さらにこうしたら」の具体的なアドバイスは、どのスピーチにも活かすことのできる内容でした。

ベストスピーカーS木さん
 ベスト論評者C道さん 

今回はTMOEのK清水さんと文法係のK田さんからちょっとためになるお話が冒頭にありました。 

K清水さん
「牛肉ばかり食べていると地球の温暖化がすすむ。その理由は?」

牛のゲップが地球の温暖化の原因になっているそうです。温暖化の原因ごとに比べた場合のその比率はなんと10%超。仮にもし牛が現在の半分に減ったら、温暖化の原因が5%減るということです。では、どうしたら良いか。「牛肉のかわりに鶏肉を食べる」だそうです。鶏はゲップをしないのか?は次回に持ち越しです。

K田さん
「日本語は難しい言語ランキング何位?」

日本語は漢字、ひらがな、カタカナもあり、習得するのが難しいと言われますが、そのランキング順位は「4位」だそうです。このランキングをどう見るかは個人次第ですが、「190言語中4位」と聞くと何となく納得です。
ちなみにランキング1位は「中国語」だそうです。

第269回(12/1)飯田橋TMC (誰でも)スピーチコンテスト♪

2018年12月1日(土)18:00(於.東京ボランティアセンター)
【飯田橋TMC (誰でも)スピーチコンテスト♪】

今夜は、飯田橋TMCのスピーチコンテスト!
それも、飯田橋TMCに入会したばかりの新人会員から、ベテラン会員まで、
誰でもコンテスタントになることができる 【(誰でも)スピーチコンテスト】の日でした!
なんと、総勢13名のコンテスタント!
次から次へと繰り広げられる、珠玉のスピーチの数々。(^^♪
まるで、宝石を散りばめたような、きらっきらのスピーチばっかり!
あぁ、本当に、楽しかったなぁ~~!


コンテスタントのみなさん

飯田橋TMC(誰でも)スピーチコンテストの入賞は~
第1位:T木さん
第2位:T地さん
第3位:K水さん
おめでとうございました~~!!(^^)!


入賞者のみなさん

第268回通常例会(11/17)

飯田橋TMC 第268回 通常例会

日程:2018年11月17日(土)18:00~
場所:東京ボランティアセンター

今回の例会は、〇村さんの入会式からスタートし、最後は参加2回目のゲストから入会宣言を頂きました。ゲストさんが『いつかなりたいをいま形に』を実践して下さるのは非常に嬉しいことです。また、ヘルパー運営については、急遽ピンチヒッターとして引き受けて下さった〇田さん、さらにダブルロールを引き受けて下さった〇木さん、お疲れ様でした!さらに〇木さんの例会記録が美しく、本原稿を容易に作成することが出来ました。感謝です!

今回は次回12/1のクラブ内コンテストの審査説明が審査委員長予定者からありました。コンテスタントの中にコンテストを見たことがないメンバーが複数いますので、審査方法の説明は『勝てるスピーチ』を考える上で非常に参考になったことと思います。

さて、今夜の言葉は、今年もあっという間に終わりそうということで『光陰矢の如し』。用意してくださったのは、会員担当としてクラブをサポートしてくれている〇藤さんです。スピーカーやヘルパーが積極的に使おうという姿勢が見え、素晴らしいと感じました。

<準備スピーチ>

1. さん 「なりたい自分になる」

さんのスピーチ、初めてのスピーチにも関わらず、構成がしっかりしており、『怒ったのを見たことがない、と言われる』から始まり、小学生の時のエピソード、ご自身の趣味、話し方をよくするための活動などの経験から、最後は『自分の意見がきちんと言えるようになりたい!、ピアノのリサイタルを開きたい!』という、今後、トーストマスターズで学びたいことがよく伝わった、アイスブレーカースピーチでした。12/1のコンテストでの活躍に期待しましょう!

2. 〇武さん 「聞くのは好きだった」

〇武さんのスピーチ、『1年前から何か成長しましたか?』という大抵の社会人ならドキッとする問いかけから始まりました。その後は話すのが苦手というご自身の分析から、複数の著名人から吸収した内容を例にわかりやすく説明し、今夜の言葉も織り交ぜつつ、最後はトーストマスターズで話すことが上手になりたいという、心のこもった、アイスブレーカースピーチでした。〇武さんも12/1のコンテストに出場されるとのことで、活躍を期待しています!

3. 〇ワットさん 「幸せの作り方」

〇ワットさんのスピーチは、ご自身の趣味についてでした。趣味が何かという3つの質問による問いかけから始まり、お菓子で幸せになれる理由として、食べる幸せ、作る幸せ、あげる幸せをわかりやすく説明されていました。また、説明だけに留まらず、回答者にお菓子を配る、さらに聴衆の一人に実演でお菓子を作ってもらうという、前代未聞?の聴衆参加型スピーチを披露して頂きました。何故、〇ワットさんが、いつも幸せそうにされているのかが良く理解できるスピーチでした。〇ワットさんも12/1のコンテストに出場されるとのことで、聴衆が幸せになれるスピーチを、勝手に期待しています!

4. 〇村さん TMCと私」

6クラブに所属され、さらに様々なイベントで活躍されている〇村さんは、日本有数のスピードでPathwaysのプログラムを進めていらっしゃいます。今回は、PathwaysのPath2個目のアイスブレーカーということで、8年前のTMC入会からの、ご自身のトーストでのご経験から始まり、その経験があったからこそ仕事でのどん底から立ち直れたこと、今後のトーストでの目標、さらに『TMCに入らなかったら死んでいる』という名言を織り交ぜつつ、最後はノウハウで貢献して頂けるというありがたいという言葉を頂きました。今後も頼りにしています!

<今夜のテーブルトピック>

今夜のテーブルトピックマスターは 〇子さん。靴を購入されて足に合わなかった恨み?からのお題ということで、簡単なようで難しいと感じるお題でしたが、流石トーストマスターの皆様、入会ホヤホヤの〇村さんを含め、3名共、既にお題を知っていたかのように饒舌に話をされていました。

「思っていたことと違うこと」?⇒〇村さん
「放置していて困ったこと」?⇒〇村さん
「自分のやってみたい仕事」?⇒〇田さん

<論評>

〇塚さんと〇呂さんは、アイスブレーカーへの論評ということで、二人ともベテランらしく、プロジェクト目標を達成されていたことをポイントを押さえて論評されていました。

〇岡さんの〇ワットさんへの論評は、改善点を見つけるのが難しかったと思いますが、きちんと改善点を伝えることが出来ていました。

〇セさんはアイスブレーカーとして必要なポイントを押さえつつ、みんなが知りたい『6クラブへの熱意を聞きたい』という内容で締めくくっていました。

<本日のベスト賞>
ベストスピーカー       : 〇武さん
ベスト論評賞         : 〇岡さん
ベストテーブルトピックス賞  : 〇田さん

第267回 東京論評TMC×飯田橋TMC合同例会(11/3)

2018年11月3日(土)(於.富士見区民館)

11月最初の例会はあの上級クラブ東京論評との合同例会です。
なんだかいつもよりピリピリした雰囲気が張り詰めるなか、飯田橋S木会長東京論評T口会長
開会挨拶から始まります。

今回のプログラムは東京論評スタイルを採用です。
ひとりのスピーカーに対して5人が論評し、その論評者に対してそれぞれ5人が論評する。
まさに論評に特化したプログラムに我々飯田橋クラブも初挑戦です。

スピーカー1 T橋さん
「この世をば 我が世とぞ思ふ」
まずひとり目のスピーカーは今夏の入会以来、成長著しいT橋さん。平安時代すべてを手に入れた藤原道長が詠った一句から始まるスピーチは、T橋さん独自の視点で藤原道長を分析していきます。強い運に恵まれながら、多彩な戦略を駆使して時代の頂点にまで上り詰めた平安のチャラ男道長。あれから1000年経った現代のサラリーマンの出世競争に置いても大いに学ぶことがあるとの教訓を含んだ楽しいスピーチでした。 

ここで2本のテーブルトピックをはさみ、すぐさま論評の時間となりました。普段の例会に比べて考える時間が極端に短く、上級クラブプログラムの難易度の高さをうかがわせます。先ほどのT橋さんの論評には、T口さんK田さん、Mさん、I籐さん、Hセさんが挑戦し、それぞれ独自の視点からアドバイスをされていました。 

そしてこの5人の論評者に対して、Y井さん、S籐さん、S村さん、K地さん、K岡さんがそれぞれ論評されました。 

スピーカー2 T地さん 
「声に意思を、表現を」
ふたり目のスピーカーはT地さん。ボーカルバラエティのプロジェクトに対して歌のレッスンスピーチを披露しました。バンド、オーケストラ、ブラスバンドと、音楽に長くかかわってきたT地さんだからこそできる、声に意思を乗せる素晴らしさを表現豊かに伝えるスピーチでした。 

T地さんのスピーチには、S木さん、S山さん、T橋さん、K田さん、Tにゃんが論評、そして論評の論評をT木さん、I籐さん、S村さん、K田さん、Mさんが担当されました。T橋さんK田さんは初めての論評でしたが、堂々と良い点や改善点を指摘していたのが印象的でした。 

本日のベスト論評者
第1部:K田さん
第2部:S木さん でした。
おふたりともおめでとうございました。 

本日は心地よい緊張感に包まれながら、初めてのプログラムを参加者全員で楽しむことができました。次回はまた通常例会に戻ります。
みんなで楽しく切磋琢磨していますので、興味のある方はぜひぜひ遊びに来てくださいね。

  

 

第266回通常例会(10/20)

第266回 通常例会
日程:2018年10月20日(土)18:15~
場所:富士見みらい館 

だんだんと秋・冬の気配がし出した10月の後半、いかがお過ごしでしょうか?
外は寒い日でしたが、例会はとてもあたたかい雰囲気で始まりました。
今夜の言葉は「破天荒」
破天荒と聞くとなんとなく悪いイメージがありますが、実は「今まで誰も成し得なかったことをすること」という非常にプラスの意味の様です。知らない言葉を知ることだけでなく、知っている言葉の本当の意味を知れることも、今夜の言葉の一つの良い部分ですね。 

本日の例会は少し変則的で、準備スピーチは以下の2本と、 飯田橋の良心こと〇井さんの論評ワークショップを行いました。 

【スピーチ①】〇村さん 「666

初めてのスピーチ(アイスブレーカー)ということで、今まで謎のベールに包まれていた○村さんの内面を知れるスピーチでした。ご自身の生年月日から今までの経歴も等含め、今頑張っている・考えている3つのことをお話し下さいました。

一つ目はお母様の影響もあり、手に職を持ちたいと思って始められたヘッドマッサージに関して、今年からご自身のお店を持ってお仕事をされていること。二つ目は婚活の為、選ばれる女性になるにはどうすればいいか考え抜いた結果、最近バーテンダーのバイトを始められたこと。そして最後には、海外での活動の夢をお話していただきました。どのエピソードも微笑ましくも〇村さんらしいお話で、どんな人柄かが伝わる良いスピーチでした。 

論評者は〇セさんと〇木さんのお二人。今まで謎に包まれてきた〇村さんの自己開示を聞けると共に、エピソード豊富に語って頂き、アイスブレーカーにぴったりの内容でした。

非常にいきいきとお話されていたというコメントもあった通り、次のスピーチもとても楽しみなスピーチでした! 

【ワークショップ】論評ワークショップ

ベテラン〇井さんの論評ワークショップ。7年以上のトーストマスターズ歴を総動員して作成頂いた論評作成フォーマットを基に、スピーチに対する内容(コンテンツ)面と伝え方(デリバリー)面を見る視点を丁寧に説明頂きました。論評でよく使ってしまいがちな言葉一つにもこだわりを見せる姿勢が、さすが〇井さんだなあと感じる、非常に勉強になるワークショップでした。 

【スピーチ②】〇さん 「自分を好きになれるマラソン」

今まで音楽一筋だった〇松さんがひょんなことからマラソンを始めて、ついにフルマラソン完走をしたそうです。マラソンを始めたことで周囲からの見る目も変わり、1年半かけて10数回の大会に出場することで徐々に成長を実感できたとのこと。それらを通して自信を持つことが出来たそうです。最後にはこれからマラソンを始めようと思う人への練習場所や取り組み方のアドバイスも教えて下さいました。聞きながら「自分にも出来るかも!」と思えるような内容で、マラソンの素晴らしさを感じることのできるスピーチでした。

〇松さんへの論評は、ワークショップで4つの班に分かれて考え、それぞれの版より発表(論評)を行いました。それぞれの班のコンテンツ面・デリバリー面の視点でよかった部分を見事に指摘していましたが、モチベーションをキープ出来た理由や苦労話などのエピソードをもう少し聞きたかったというコメントもありました。ワークショップ後ということもあって、それぞれに非常に的確で、愛のある論評ばかりでした。 

ベストスピーカーは、〇松さん
ベスト論評は〇木さん
でした。 

本日の入会宣言を頂き、また一人仲間が増えた飯田橋トーストマスターズクラブ。
是非お気軽に見学に来て下さいね~!

第265回通常例会(10/6)

飯田橋TMC 第265回 通常例会

日程:2018年10月6日(土)18:00~
場所:東京ボランティアセンター

3連休初日ということもあり、会員の参加者はやや控えめだったのですが、多くのゲストさんに参加いただき、とても賑やかな例会になりました。ヘルパー運営については、当初は兼任の部分が発生していたのですが、急遽ピンチヒッターとしてのヘルパーアサインを、〇塚さんと勝〇さんが快くひきうけてくださり、非常にスムーズな例会が実現できました。困ったことがあったら誰かが進んで助けようとする…こういうところが飯田橋の魅力のひとつ!

さてさて、今夜の言葉は『肩』。用意してくださったのは、ゲスト参加でいらっしゃっていた、〇澤さん(江〇TMC)。いつものように決まったフレーズを使うのではなく「”肩”にまつわる表現を使うこと」という、新しい取り組みでした。肩という概念にまつわる、古くからの文化的背景などの解説があり、言葉について理解することは、歴史・文化などを理解することにも繋がるのだと再認識する良い機会となりました。 

<準備スピーチ>

1. 〇藤さん 「歌舞伎を楽しむ」

テーマは歌舞伎。TMCのみんなにもっと歌舞伎に慣れ親しんでもらいたい、と◯藤さんのアツい思いを感じさせるスピーチでした。歌舞伎の時代的背景はもちろんのこと、同じく伝統芸能である「能」との比較や、など、要所のポイントがしっかり抑えられてわかりやすい内容でした。話の内容には、みんな「へえ〜…!」というリアクション。日本の伝統芸能について、意外にも、知っているようで知らないことは多いのだな、と感じさせられた人は少なくなかったはず。 

2. 〇ワットさん 「よくきかれる、3つの質問について」

タイからの留学生でもある、〇ワットさんのスピーチは、自身の名前についてでした。名前について、よく周囲の日本人から聞かれる3つの質問にポイントを当て、その回答に対する解説を通じて、自己を紹介していくという巧みな構成でした。〇ワットさんは、別のクラブですでに英語でCCマニュアルを達成していらっしゃるとのことで、スピーチの最後には要点をもう一度まとめるなど、上級アイスブレーカーの実力を感じさせられるスピーチでした。 

<今夜のテーブルトピック>

今夜のテーブルトピックマスターは 〇内さん。今回、テーブルトピックの枠が長かったのですが、その分、多くのお題を考えてきてくださいました。ファンタジーや空想が好きとのこと、「もし〜なら」といったお題や、動物に関するお題など、非常に多様かつユニークなトピックが炸裂。次は何のお題が来るかわからないドキドキ感が会場に満ち溢れていました・笑。

「生まれかわったら何の動物になりたい」?⇒〇澤さん
「ドラえもんに出して欲しい道具は」?⇒〇道さん
「第4ステージ(フロイトの理論より)はどんな世界」?⇒〇塚さん
「もしこのボラセンを使って商売をするなら、どんなビジネスをする」?⇒〇田さん
「もし王国をつくるとしたらどんな王国にする」?⇒勝〇さん
「今まで経験した動物にまつわる面白いエピソードは」?⇒清水さん

<論評>

今回は、一人のスピーカーに二人の論評者がつくという豪華仕様!
〇藤さんへの論評が木さんと〇道さん。〇ワットさんへの論評が松さんと〇田さんから行われました。〇藤さんと松さんは、今回初めての論評でありながら、見てあげるべきポイントをしっかり抑え、良いところの発見・改善点のアドバイスをしっかり行っていました。〇道さんと〇田さんは、つかみからばっちりの、ベテランらしい論評で、普段からお二人自身がどのような点に気をつけてスピーチをされていらっしゃるのかが垣間見れる内容でした。 

<本日のベスト賞>

ベストスピーカー       :  〇ワットさん
ベスト論評賞         : 〇田さん
ベストテーブルトピックス賞  : 〇清水さん
 

第264回 合宿例会(9/29~30)

台風24号の迫る週末、私たちは、合宿例会に行ってまいりました!
緑濃き奥多摩。天気は雨。でも、本当に楽しかったでした!
会員のみなさんは、思い思いの出し物を披露!
歌あり、ゲームあり、ワークショップあり!
とっても充実した2日間でした!



 

第263回通常例会(9/15)

第263回 通常例会
日程:2018年9月15日(土)18:00~
場所:東京ボランティアセンター

天気が悪い日が続き、当日も雨の中始まりました9月15日通常例会。
今夜の言葉はその日の天気にちなんだ『しとしと』
いつもながら悪い天気を吹き飛ばすかのごとく、盛り上がりと笑いに溢れた例会でした。

準備スピーチは以下の3本
1. 〇中さん 「ホップ・ステップ・ジャンプ!」
仕事では部下をたくさん持つ立場だが、元々は何事も平均的で、皆と同じであることが重要だった○中さん。 留学をきっかけに人と同じでなくても大丈夫、特別でなくてもなんとかなると気づいたことで仕事で成果を出せるようになり、周りの方々のサポートのおかげで今のキャリアがあるとのこと。 今後はトーストマスターズで頑張る方達の支えになっていきたいと、なんとも嬉しい内容で締めて頂きました!
論評者は〇村さん 改善点を多く上げつつも、〇中さんが初のスピーチということで「今後の成長に期待してますよ」という気持ちがとても伝わる愛にあふれた論評でした。

2. 〇井さん 「ドキドキ、そしてワクワク!」
トーストマースターズで今まで体験したことや、新しく始まった活動プログラムを進めていくことについて、ドキドキ、ワクワクという表現で語っていただきました。 長年トーストマスターズへ所属されていて豊富な経験を持つ○井さんならではのスピーチで、今後自分もドキドキ、ワクワクしながら活動できるんだろうなと、想像が膨らむスピーチでした。
論評者は〇木さん 完成度の高いスピーチへの論評は難しいのですが、「レトリックが素晴らしかった」など、細かい言い回しについて言及されていて、言葉の表現を大切にした論評でした。

3. 〇谷さん Club Support System説明会」
トーストマスターズクラブ運営のサポートシステムについての紹介でした。 なんと既に導入しているクラブがたくさんあるとのこと。 工夫されたプレゼンテーションで楽しく説明を聞くことができました。 プレゼンテーションの後は質疑応答で疑問点をクリアにして頂きました。
※論評はなし

ベストスピーカーは、〇中さん+〇井さん(ダブル受賞)
ベストテーブルトピック〇〇岡さん。
ベスト論評〇木さんでした。

受賞者さん+スピーカーさん

〇井さんが、DTMを受賞されました!おめでとうございました!!

 

 

 

第262回 通常例会 (9/1)

9月1日目新学期が始まりました!
ゲストが多く、他クラブのベテランが3人、トースト自体に入っていない方が3人でした。

その日には1人入会されました!
なんと、一児の母だそうです。
そんな今夜のTMOEは、飯田橋TMCが誇るお笑いのプリンスK田さんです!
K田さんは例会を盛り上げるには?
という質問を聴衆に投げかけました。
3人目にしてやっと正解が!
答えは「拍手」ということで、K田さんは盛り上がる拍手の方法を教えてくれたのです、
さすがです。  

今夜の言葉は「腐心」
N村さんが実際に起きた最近の悲しい出来事を元に選んでくれました。 

1人目のスピーカーはT橋さんです。
T橋さん自身の初めてのスピーチで、アイスブレイカーでした。
幼い頃から色々な習い事を親にやらせてもらったけど、結局身につかず、また、親が厳しかったため、人の言うことばかり従っていたので、トーストに入って変わりたいという内容でした。
なんとも勇気のある告白で、T橋さんを応援したくなりました。
また、論評のT田さんも自分のネガティヴな事を主題にしていたことを褒めており、「好き」というシンプルで率直な感想が印象的でした。 

2人目のスピーカーはK松さんで、K松さんもアイスブレイカーでした。
今まで、マラソンやギターなど、様々な事に挑戦してきたので、この勢いで今度はスピーチを頑張りたいという、気迫あふれるスピーチでした。
論評のS木さんは、アイスブレイカーの論評ということで、良いところを5つ挙げ、褒めて伸ばしていくことを見受けられました。また、細かい話し方やアイコンタクトを見ていて、さすがでした。 

3人目はK塚さん。JR新宿駅南口構内でコンタクトレンズを落としてしまい、通りかかった酔っ払いのおいちゃん(おじさん)に助けられたというなんとも暖かい話でした。ボディランゲージも大胆で上手で、さすが大ベテラン!
論評は同じく大ベテランのJ見さんでした。J見さんは「おいちゃん」というK塚さんの表現をなぞり論評しており、改善点でアイコンタクトを挙げており、また、アドバイスまでしていたことが良かったです。 

4人目のスピーカーは同じくベテランのS村さん。
一人旅行の良いところ、悪いところ色々あるけど、やっぱり一人旅行をするべきだという、一人旅行に踏ん切りがつかない人へのメッセージでした。聞いているだけで、一人旅行している気分。表現力が抜群でした。
それに対するK岡さんの論評は、S村さんの気合いを評価していてユニークでした。改善点ではボーカルバラエティーがS村さんっぽかったというユニークな論評でした。 

テーブルトピックのコーナーでは、テーブルトピックマスターをT道さんがやってくれました。
お題は
「好きな食べ物とその理由」をK子さん
「嫌いだったけど克服した食べ物」を岡山TMCのN本さん
「旅行先で感動した食べ物」をT4のH松さん。
テーブルトピックマスターのT道さんは一人ひとりの回答にコメントを入れていたのが良かったです。 

ベストスピーカー
テーブルトピックN本さん
ベスト論評K岡さん
ベストスピーカーK塚さん
でした。

他のクラブに入っている方も、
トーストマスターズ自体に入っていない方も、是非、見学に来てください^ ^
飯田橋TMCはいつもゲストが多いし、会員もゲストさんを笑顔で迎えますよ!


   受賞者さん+スピーカーさん

 

 

 

第261回 通常例会 (8/18)

今回は、夏休み真っ只中のため、会員メンバーの出席が少ないことが心配されましたが、ゲストさんを6人もお迎えし、とても賑やかな例会となりました。

まずは、T橋さんの入会式から。やる気あふれるメンバーがまた1人増えて、
ますます飯田橋TMCが盛り上がりそうです。

また、今日は、会員担当役員に代わり、K田さんが入会式を取り運んでくれましたが、
ピンチヒッターにもかかわらず、とてもスムーズに進行されていました。

さて、お待ちかね、教育セッションです。

今夜のTMOEは初めてTMOEの役割を行う、K岡さん。
K岡さんが、今夜の例会を崎陽軒の駅弁に例え、中身の濃い例会にしましょうと、
盛り上げたところで、教育セッションがスタートします。

まずは、ヘルパーの役割説明です。
今夜の言葉は、A野さん。「Z旗を掲げる」という言葉を紹介してくれました。
意味は漠然とわかっていながらも、ふだん使うことがなかなかない言葉を紹介してもらい、
語彙が広がりました。
また、他のヘルパーのみなさんも、基本に忠実に、漏れなく丁寧に説明されていました。

次は、いよいよ準備スピーチの部です。

まずは、T内さん。「世界一、受けたいかもしれない授業」ということで、「幸せ」について、
本物の先生のように講義を行ってくれました。幸せの4つの因子「やってみよう」、「なんとか
なる」、「ありがとう」、「あなたらしく」は、飯田橋TMCの活動に通ずるものがあるという
ことで、飯田橋TMCで活動していれば幸せがやってきそうだと感じさせるスピーチでした。

続いてのスピーカーはT木さん。「人生最大の問い」と題して、関西出身のT木さんが東京で暮
らしてみて気づいた、関西人のボケとツッコミと江戸っ子の行き当たりばったりといったコミュ
ニケーションの仕方の違いから入り、その文化が醸成されるに至った歴史を考察するという、と
ても知的好奇心を刺激さるスピーチでした。

スピーチの後は、Pathwaysに関するセミナーです。セミナーは、教育担当役員のS藤さんとS木
会長によっておこなわれました。Pathwaysは今年度から導入された新しい教育プログラムなの
で、会員メンバーにとっても、よくわからない点が多いのですが、セミナーでは、TMCのHP
での画面操作法や10種類のPathの違いの説明があり、より実践的で、とても参考になりまし
た。

続いて、今夜のテーブルトピックマスターはJ見さん。お題は、夏らしく甲子園に因んだ、ユニ
ークなものが出されました。
選手宣誓をすることになったら?⇒N呂さん
あなたのチームが優勝した理由は?(監督目線で)⇒K塚さん
AIを使って、甲子園で使える技術を開発するとしたら?⇒K松さん

論評の部は、T内さんへの論評がK田さん。T木さんへの論評がK水さんから行われました。
スピーチの良かったところをしっかりほめながらも、どちらもスピーカーのためになるアドバイ
スを的確にされていました。

【本日のベスト賞】
ベストスピーカー       : T内さん
ベスト論評賞         : K水さん
ベストテーブルトピックス賞  : K松さん

今回は、出席者が少ないなと思いましたが、ゲストさんが多く、結果的には賑やかな例会となり
ました。
今日もそうですが、飯田橋TMCには、ゲストさんもたくさんいらっしゃるクラブです。
もし、ご興味持たれた方は、気軽に遊びに来てください。

第260回 通常例会 (8/4)

猛暑の中、開催されました「第260回通常例会」 

冒頭のS会長の挨拶では、「3Dメガネ」を使って映画鑑賞に(ひとりで)行かれたエピソードを交えながら、「今日の例会は飛び出す例会にしたい」と高らかに宣言されていました。 

続いて、今夜のTMOEI藤さん。
I藤さんも「今日の例会を、夏の花火大会よりも盛り上げたい」と仰っていました。
そんなI藤さん。最近、I藤さんと苗字も血液型も生年月日も同じプロ野球選手を見つけられたそう。この選手は生き別れた双子ではないかと思ったとのことでした。

今夜の言葉は、初のK松さん。
甲子園のシーズンということから「雲外蒼天」を今夜の言葉に選ばれていました。
あまり馴染みのない表現でしたが、K松さんからは言葉の説明もあり、例会参加者にとってはいい勉強になりました。

えーとカウンターは、初のN さん。
まだ入会して間もないNさんですが、しっかり役割のご説明をされていました。

文法係S会長
模範のような役割説明をされ、
会長としての貫禄を見せていました。

計時係J見さん。聴衆へ「時間が重要だと思う人」と質問をされながら、計時係として時間を測ることが大切という話をされてました。
計時係の役割について、考え直すことができて、とてもよかったです。

集計係K水さん。急遽、役割を引き受けてくれました。
こういう温かい方の多いところが、飯田橋TMCのいいところだと思います。

笑いカウンターは、A野さん。
通常の笑いとは別に、苦笑もカウントするという、今までにない取り組みをされていました。
私も苦笑されないよう気を引き締めました。

記録係S藤さんでした。

準備スピーチは4本。 

1番目のスピーカーはK田さん。
タイトル:「インタビュー結果」(Pathways Level1 Ice Breaker)
今回の初スピーチにあたり、知人にご自身がどういう人間なのかインタビューをされ、結果をまとめられていました。
K田さんは爽やかさとは無縁の人生を送ってきたとのことで、知人からのインタビュー結果にもそれが反映されていたそうです。
「単独行動が多い」という知人のご指摘に対しては、「ある人生の挫折時、宇宙に行こうと思い、メキシコのピラミッドの上でUFOを待った」という常軌を逸脱?したエピソードをご紹介されていました。
また、「事件に巻き込まれても大笑いをしていそう」という指摘に対しては、「去年、住んでいるアパートが炎上」などのエピソードを“笑顔”でご紹介されていました。
飯田橋TMCでは、話すより聞くことのほうが好きとのことですが、ここで頑張って成長していきたいと、お話を締められていました。

2番目のスピーカーはS木さん。
タイトル:「ゲーミフィケーションと飯田橋TMC」(Pathways Level1 Researching and Presenting)
これまでの行動をゲーム化することで楽しむ「ゲーミフィケーション」について、学生時代の発表資料を用いながらご説明されていました。
人はなぜゲームにはまるのか、といったことから、ゲーミフィケーションの実社会での応用や、実用に向けた注意点などを述べられていました。
面白かったのが、このゲーミフィケーションの取り組みを飯田橋TMCにも応用することを提案されていたところです。
準備スピーチ・テーブルトピックス・論評の結果をポイント化することで、モチベーションアップを図ることができると仰っていました。

3番目のスピーカーはHさん。
タイトル:「ピンチはチャンス」(Pathways Level1 Researching and Presenting)
前回同様、ブラジリアン柔術の三角締めについて、語ったHさん。
前回は「スピーチで言いたい結論がわかりづらい」という指摘を受けたことで、今回はスピーチ冒頭に「ピンチはチャンス」というメッセージを述べられていました。
そして、無実のS藤さんを捕まえ、三角締めのデモンストレーションを行いながら、技についてご説明されていました。
三角締めは形勢が不利なピンチのときに有効な技とのことです。そこから、「あなたのピンチは何ですか」と茶目っ気たっぷりにスピーチを締められていました。

4番目のスピーカーはT地さん。
タイトル:「安心してください、使えますよ!」(CC#5ボディーランゲージ)
「電車内でお腹が痛くなったとき、どうしますか」との問いかけから、耐えるのでもなく、薬を飲むでもなく、神に祈るでもなく、駅のトイレを使えばいいと提案。
もともと、お腹が弱かったというT地さん。
駅のトイレのヘビーユーザーということで、最近の駅のトイレの進歩について述べられていました。
昨今、駅のトイレは、鉄道会社や行政機関からも重要な公共空間と認識されてきているとのことで、トイレを取り巻く環境は大きく変わってきているそうです。
アプリでトイレの空き情報を伝えるような取り組みも始まっていることも紹介し、聴衆の大きな関心を惹いていました。
また、豊富なボディーランゲージで、トイレ使用時の臨場感をたっぷりと表現されているのも印象的でした。

テーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーはK田さんが担当
「今日、水を買った人」「関西出身の人」「南米出身の人」という具合に質問をし、当てはまった人を回答者として指名するという斬新なスタイルをとられました。
また、回答者も9段階の難易度を指定できるということで、初心者でも上級者でも楽しみやすい工夫をされていました。

論評のコーナーはT木が担当しました。
緊張しました。

1番目の準備スピーカー、K田さんへの論評はC道さん。
全体的に初すぴーちだったK田さんへの思いやりにこもった論評をされていました。
また、「さらにおもしろいネタを聞きたかった」とK田さんの深堀りを期待するコメントをされていたのが印象的でした。 

2番目の準備スピーカー、S水さんへの論評はS藤さん。
印刷した資料を予め配布するプレゼンと、スピーチとでは違いがあるため、前方に投影する字を見えやすくするなどの対応が必要という、鋭い指摘をされていました。

3番目の準備スピーカー、Hさんへの論評はK岡さん。
Hさんの前回のスピーチとの比較を交えながら論評するとともに、ボディーランゲージを入れたり、論評中にHさんとコミュニケーションをとったりするなど、とても積極的な論評をされていました。

4番目の準備スピーカー、T地さんへの論評はT田さん。
T地さんの合宿例会(半年前)でのスピーチを思い出され、T地さんがトイレが好きということを、見事、見抜かれていました。また、ボディーランゲージについても細かな指摘をされ、抜群の洞察力を発揮されていました。

【本日のベスト賞】
〇ベストスピーカー:T地さん
〇ベストテーブルトピックス:T木
〇ベスト論評賞:T田さん

さて、最後に、私は先週、趣味でやっているキックボクシング中に、右足を骨折し、全治1か月という怪我を負ってしまいました。
正直、例会に参加するかどうか非常に悩んだのですが、飯田橋TMCの皆様に会いたい一心で、例会に這いつくばって来ました。
結果、昨日は、皆様のエネルギーに触れられ、本当に有意義な時間が過ごせたと思います。
今後も、骨折くらいならば、気にせず例会に参加したいと思いました。
(別に強制参加の場ではありませんが)

それでは、ご見学をお待ちしております。 

文責:T木

 

第259回 通常例会(7/21)

真夏の暑さが迸る7月21日(土)。
東京都は飯田橋駅直結のビルにて、飯田橋TMCの熱い熱い例会が開催されました。

本日はS木会長の新しい試みである「今夜のつぶやき」が例会に加わり、いつもとひと味違った例会が開催されました。

本日のTMOE(司会)は飯田橋TMCの若きホープ、S木さんです。初のTMOEでしたがS木さんは準備を潤沢にされており、とてもスムーズに例会を進める事ができました。

ヘルパーは以下の方々。この中には初めて役割を務める人もいましたが、皆さん自身の言葉で説明をされて、Guestの方々でも内容がスっと頭の中に入ってくるような、とてもわかりやすい言葉を使用して説明をされておられました。

今夜の言葉:N呂さん  (今夜の言葉:にわか
えーとカウンター:K清水さん
文法係:K田さん
計時係:S木さん
集計係:S村さん
笑いカウンター:T内さん
記録係:梅澤さん

今夜の準備スピーチは4本ありました。

1番目のスピーカーはT木さん
スピーチタイトル:猫キャラの友人

ボキャブラリー豊富で入会間もないにも関わらず、スピーチがとても上手なT木さん。さすが関西出身という事で面白い表現も織り交ぜながらスピーチを展開されておられました。

2番目のスピーカーはK岡さん
スピーチタイトル:飲んで、笑って、学べます

新宿の「そっくり館キサラ」というお店の事をおもしろおかしくご紹介してくださいました。某有名芸能人のそっくりさんが沢山出てきて盛り上げてくださるようですが、店長さんのアドリブが素晴らしいとの事。私も言ってみたくなるスピーチでした!どうやら下記お店のようです。面白そうですね(笑)

http://www.kojima-kikaku.co.jp/schedule/

3番目のスピーカーはHセさん
スピーチタイトル:三角締め&ブラジリアン柔術

飯田橋唯一の元格闘家、Hセさん。自身の特技である三角締を動画を披露したり、歴史を教えてくださいました。元々三角締めにもブラジリアン柔術にも全く詳しくない飯田橋メンバー(笑)釘付けになってスピーチを見ておりました。Hセさんの強さがよく伝わるスピーチでした!

4番目のスピーカーは、外部のトーストマスターズクラブからお越し頂いたM野さん
スピーチタイトル:あなたに芥川を語れますか?

幼少時、芥川龍之介が好きで様々な小説を呼んでおられたM野さん。当時、芥川龍之介の事を作文で書いたら教師に内容について批判をされてしまい、それからは自分の色を出さず、教科書通りの生き方をするようになってしまったとの事。しかし社会に出て壁にぶつかる中で自分のやり方を見つけ生きて行く事で、楽しく、かつ結果が残せる人生になったとの事。メッセージ溢れるスピーチでした!

続いてテーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーは、Y井さんS藤さんです。

ベテランのY井さん売り出し中のS藤さんで進め方にカラーがあり、とても面白いTTの時間でした。今回のお題は、肉と魚のどちらが好きか、珈琲と紅茶のどちらが好きか、最近あった困った事、住む場所へのこだわりなど、様々な内容でスリリングな時間でした!

そして論評の部。

1番目のスピーカーT地さんへの論評をT地さん
2番目のスピーカーK岡さんへの論評をK塚さん
3番目のスピーカーHセさんへの論評をS村さん
4番目のスピーカーM野さんへの論評をI藤さん

皆さん、プロジェクト目標に応じてさらに良いスピーチにするための提案をしてくださいました。

そして今日からはじまった「今夜のつぶやき」。そもそもトーストマスターズは人前で話す事で例えばスピーチ力を高める事が一つの目的となりますが、例会参加者が多く話す機会がない事が稀にあります。そこにメスを入れたのが本企画。話す場面が無かった人に前に出てきてもらい、何か話してもらうというS木会長の新企画となります。本日はS村さんT地さんに回答いただきましたが、お二人とも流石はトーストマスターズ。とどまる事なく1分程度話していただきました。お題がないTTよりも難しいかもしれませんが、飯田橋の名物となるかも!?

さて、本日のベスト賞は以下の方々となりました!
ベストスピーカー:M野さん
ベストテーブルトピックス:S村さん
ベスト論評賞:S村さん

今夜のベスト賞はベテランの方々が受賞されました。入会間もない方々も力強いですが、ベテラン勢の素晴らしさを改めて実感する事ができる例会でした。
飯田橋トーストマスターズクラブは、人前で話す経験をする事でスピーチ力を向上する事ができます。またリーダーシップも学ぶ事ができます。一緒に成長する仲間もいます。

是非、興味あれば気軽にお問い合わせしてください。
飯田橋TMC一同でお待ちしております。

何かのきっかけで、これを読んだあなた、一度見学に来てみませんか?

 

第258回 通常例会( 7/7)

トーストマスターズは7月から新年度が始まります。
というわけで、本日の例会は、S木Y会長新体制のもと、初めて行われる例会です!
新会長から「いつかなりたいをいま形に」という今期のスローガンが発表され、
新鮮な気持ちで例会がスタートしました!

入会式終了後は教育セッションです。

本日のTMOEは初挑戦のT地さんです。10月から希望されていた仕事につけるとのことで、まさに「いつかなりたいをいま形に」を体現されています!
初めてとは思えない、各ヘルパーやスピーカーへの気の利いた一言コメントを含め、落ち着いた進行をされていました。

今夜の言葉は、今期、広報としてクラブのPRに尽力して下さるK塚さんです。『押し並べて』という言葉を選んで頂き、同意語になってしまった?『ほぼほぼ』という言葉について、ご自身の身近なエピソードを交えて説明して下さいました。

えーとカウンターは、初挑戦のU澤さんです。『えーと』が口から出てしまうのは『沈黙』と友達になっていないからだ!
という納得!の説明をして頂きました。

文法係はK水さんです。文法の誤りを3点含むショートスピーチで、正しい文法を使用する大切さを教えてくれました。

計時係はHセさんです。カードを使用したジェスチャー付きのわかりやすい説明でした。

集計係は初挑戦のK田さんです。今回も一生懸命さが伝わる説明でした。

笑いカウンターは、今夜の言葉に続いてK塚さんです。『笑わせてくれる人は人類の宝』という名言を残されました。

準備スピーチは4本です。

前回に続き、PATHWAYS(5月からスタートした新しい教育プログラム)2本と、CC/ACマニュアル(従来から学んでいる教育プログラム)2本でした。

1番目のスピーカーはS藤さん(PATHWAYSアイスブレーカー)
タイトル:覚えてない
トーストマスターズに入会されて1年強のS藤さん、改めてPathwaysのアイスブレイカーに挑戦されました。
入会 したきっかけについて、ご自身の経歴を入れながら、わかりやすい構成で、
S藤さんならではの間合いと笑いとラップを交えて話されていました。

2番目のスピーカーはI藤さん(CC10)
タイトル:3年経って
タイトル通り、3年前に入会された時のエピソードから始まって、ご自身のスピーチの内容の振り返り、ベストスピーカーを取ってからの成功体験のエピソードをわかりやすく説明して頂き、最後は、もっとスピーチをしましょう!とメンバーを鼓舞する内容で締めくくり、
CCマニュアルという初級マニュアルの集大成のCC10に相応しい内容でした。
が、ご本人曰く、CC8が未達成のようです。CC達成まであとひと踏ん張りですね!

3番目のスピーカーはW辺さん(東京メトロポリタンクラブ)(PATHWAYS論評&フィードバック2回目)
タイトル:ぼくらが旅に出る理由
5年間のトーストマスターズの旅をされた経験から、何故5年も続いたのか、また、トーストマスターズでは、フィードバックによって、一人ではなく支えあい学びあっていることでやる気が増して、旅が続けられるというW辺さんのトーストマスターズ愛がよく伝わるスピーチでした。

最後のスピーカーはY井さん(AC4)
タイトル:東京ボランティアセンターからのお願い
いつも会場として利用させて頂いている東京ボランティアセンターの職員になりきり、現在無料の利用料金を有料化したいというフィクションのスピーチでした。『ぼらせん』(と書かれたせんべい)やサポーター制度など、事前のリサーチがされていることがよくわかるスピーチでした。が、有料化を説得するのは、なかなか難しいですよね・・・

テーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーは、N田さんが初の司会です。
今、世界中が、そして日本でも話題となっているロシアW杯にちなんで、
場面の説明後、指名された方が場面に応じたスピーチをするという、
趣向を凝らしたスタイルで進行しました。
3名の方々が難しいお題に取り組んでいました~

論評のコーナーは、私C道が担当しました。

1番目のスピーカーS藤さんへの論評をT木さん
2番目のスピーカーI藤さんへの論評をK岡さん
3番目のスピーカーW辺さんへの論評をY口さん
4番目のスピーカーY井さんへの論評をN呂さん

皆さん、スピーカーの良かった点だけでなく、プロジェクト目標に応じて、さらに良いスピーチにするための提案を、論評してくださいました。

本日のベスト賞
ベストスピーカー:I藤さん
ベストテーブルトピックス:O橋さん
ベスト論評賞:T木さん(2週連続!)

最後に、今日の例会は、皆さん、トーストマスターズに入会して、入会する前と比べて
楽しい人生を過ごされているんだなということを、しみじみと感じた例会でした。

飯田橋トーストマスターズクラブは、スピーチが上達するだけでなく、
活動を通じて、リーダーシップも学べますし、メンバーから良い刺激を受けることもできます。

今年度は始まったばかりです。これからの新体制の一年を楽しみにしています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

何かのきっかけで、これを読んだあなた、一度見学に来てみませんか?

 

第257回 通常例会(6/30)

今期最期の例会でした。

今夜のトーストマスターは約2年ぶりに挑戦のT内さん

今夜の例会のテーマとして「傾笑力」を掲げ、にこやかな笑顔とユーモアで司会を進めていただき、会場全体笑いで盛り上がりました

なんと新規メンバにNさん加わり入会式が行われました。一緒に頑張って行く仲間が増える事は喜ばしいことです。

 

今夜の言葉は、今期会長のT田さんで「初志貫徹」。今期と来期のちゃんと橋渡しできるようにとの意味も込めてこの言葉を選んだとこのことでした。

えーとカウンターは、初のK田さん、えーとカウンター自身が発したえーともカウントするんでしょうか?の一言が笑いを誘いました。

文法係は前期会長のM苫さん、聴衆がスピーチを理解できるよう、文の区切りが明確になっているか注視していただきました。

計時係はY口さん、初めてのゲストさんにもわかるよう丁寧に説明していただきました。

集計係はK水さん、段取りなど集計作業の素早い対応がすばらしかったです。

笑いカウンターは、初のHさん、笑いの回数に加えて、心を動かされるような言葉もカウントしていただきました。

 

準備スピーチは4本

1番目のスピーカーはS木さん(PATHWAYSアイスブレーカー)

タイトル:「とりあえずの代償」

自身の転職活動の経験を踏まえ、とりあえずの代償についてスピーチしていただきました。

2番目のスピーカーはK子さん(CC6)

タイトル:「見上げてごらん」

ビジュアルと多様なボーカルバラエティを用いて、星についてスピーチしていただきました。

3番目のスピーカーはW田さん(ACエンターテイメントスピーチ

タイトル:「悲しい話」

職場の同僚が退職したエピソードをユーモアを交えて面白くスピーチしていただきました。

3番目のスピーカーはA野さん(PATHWAYSアイスブレーカー)

タイトル:「実践!最強のアイスブレーカー」

自身の祖先そ知りたく、自ら調査して家系図を作成したエピソードについてスピーチしていただきました。

 

テーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーはS村さん

わくわくしてしまうこと、最近起きた嬉しいことなどのお題を提示していただきました。 

 

論評のコーナーは私Sが担当しました。

1番目のS木さんへの論評をT木さん

2番目のK子さんへの論評をK塚さん

3番目のW田さんへの論評をJ見さん

4番目のA野さんへの論評をS木さん

みなさん、スピーカーが持っている良い点とさらに良くするための提案をみなさん鋭い目に目線で論評してくださいました。

 

本日のベスト賞

ベストスピーカー:A野さん

ベストテーブルトピックス:I藤さん

ベスト論評賞:T木さん

 

今回の例会も終始笑いの絶えない和やかな楽しい例会でした。

 

さらに今回は今期役員の離任式と次期役員の就任式が行われました

退任する会長の言葉では、目頭が熱くなりました。会長一年間お疲れ様でした。

 

次期のスローガンは「いつかなりたいをいま形に」です。

今期以上に素晴らしいクラブ・例会になるようクラブメンバ一同精進します。

 

次回は次期最初の例会です。

皆さんのご見学をお待ちしております。

文責:S

 

 

第256回 通常例会(6/16)

今期も残りあと2回になりました。

今夜のトーストマスターは前回惜しくもクラブ会長に立候補して落選したN呂さん

飯田橋クラブでは、落選しましたが、他のクラブで会長に立候補し、見事会長になられたということの報告がありました。

今夜の言葉は、初のT内さんで勇猛果敢。しっかりと言葉の意味も説明され、参加者にもわかりやすかったです。

えーとカウンターは、次期会長のS木さん、口癖をカウントしていきますということで参加者の口癖いを拾い改善にむずびつける方針が素晴らしかったです。

文法係も初のU澤さん、話し方について改善していきたいという言葉がよかったです。

集計係はN田さん、サッカーワールドカップにかけて、計時を審判と例えて説明していたのが印象的でした。

笑いカウンターは、初のK松さん、自分の好きな芸人さんと合わせて説明していたのが、良かったです。
準備スピーチは4本

今回は、PATHWAYS(トーストマスターズの新しい教育プログラム)とCC10(今のトーストマスターズの基本マニュアルの最後のプロジェクト)という特異な内容でした。

1番目のスピーカーはHさん(PATHWAYS)
タイトル:「ファッション性を高める誰でもできる3つのステップ」

飯田橋TMCの男性陣はファッションに問題ありと問題提起。
3つのステップとして、自分・雑誌の記事を写真に撮り、今、未来のフォルダーに入れる
服を試着してみる
高級店に行って、服を買わず試着せずアドバイスをもらう

以上3つを指南いただきました

2番目のスピーカーはK水さん(PATHWAYS)
タイトル:「広い世界を見るのだ」
子供のころ将来の夢がないということで、何も考えていなかったが、ある日目の検査に行った際、網膜剥離ということで即入院してしまった。
その時、自分はいったい何をしてきたのかと後悔しかなかったと思い、自分のやりたいことに正直になろうと決意。
インドへ行きたいと思い実際に行くなど行動力が増えた、やりたいことに正直になろうというメッセージを皆さんに伝えていました。

3番目のスピーカーはY口さん(CC10)
タイトル:「とりあえず~」
最初に就職した会社がブラック企業で休みがない長時間労働で悩んでいた際、親戚の方から福祉の仕事紹介いただいたが、やったことがないということで悩んでいた。
しかし、悩んでいても変わらないということで思い切って飛び込んでみたら、楽しくて今も続けてられていること。
その経験を生かして、今後も何事にもチャレンジしていきたいというメッセージを皆さんに伝えました。

最後のスピーカーはO橋さん(CC10)

タイトル:「自分らしく」
小学校の時、逆上がりができず悩んでいた際、クラスのみんなが協力して自分のために逆上がりの練習に付き合って毎日応援してくれたおかげですぐにできるようになった

その経験が、今でも大勢のパネルディスカッションの司会としてやり切れる自信にもなったとのことで。自分でも苦手なことも、みんながいることで頑張れるというメッセージをいただきました。


テーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーはK岡さん
季節のお題ということで梅雨・夏休みに関するお題を皆さんに提示しておりました。
それに対して回答者の方も楽しい話題をお話いただきました。

 

 

論評のコーナーは私S村が担当しました。

1番目のHさんへの論評をS藤さん
2番目のK水さんへの論評をK田さん
3番目のY口さんへの論評をSMらさん
4番目のO橋さんへの論評をA野さん

みなさん、スピーカーが持っている良い点とさらに良くするための提案をみなさん鋭い目に目線で論評してくださいました。

 

本日のベスト賞
ベストスピーカー:K水さん
ベストテーブルトピックス:K林さん
ベスト論評賞:SMらさん

 

最後に、今日の例会は全体的にみなさんへチャレンジと勇気を与える内容でした
特にスピーチは仕事やプライベートで悩んでいる方にとっては、本当にためになるものでした。

飯田橋トーストマスターズクラブでは、スピーチだけでなくスピーチを通じて各個人の生きざまやナレッジなども学べるクラブです。

次回は今期最後の例会です、有終の美を飾る素晴らしい例会になります。

皆さんのご見学をお待ちしております。

文責:S村

第255回 例会通常( 6/ 2)

だんだんと暑くなり、夏の後姿も見え始めたかにも思える今日この頃…

ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは!

飯田橋トーストマスターズクラブの第255回例会も、そんな天気の良い暑い一日に開催致しました。

 

本日のTMOEはK子さん!初めてのTMOEでありながら、笑顔を絶やさず、非常にいい雰囲気で例会のスタートを切りました。

まず始めにK松さんN村さんの入会式からスタートです。お二人とも話をするスキルを磨きたい!という熱い思いで入会されました。

これから一緒に頑張りましょう!

 

「今夜の言葉」はU澤さんから「オンリーワン」という言葉が発表されました。

本日の飯田橋TMCの役員選挙ということもあり、来期に向けてもオンリーワンのクラブになれるように頑張っていこうという一言から、U澤さんの意気込みを感じました。

 

続いては各ヘルパー紹介のコーナー。

まず「えーとカウンター」のS籐さん、自分の実体験も交えながらも説明をされました。続いて「文法係」のT地さん、「計時係」のK田さんは非常に分かりやすく、丁寧に役割を説明されていました。「集計係」を務めるT内さんは持ち前の柔らかい雰囲気もあり、初めての役割と思えない様な説明でした。「笑いカウンター」のTにゃんはとてもいいことがあったようで、自信に満ち溢れたお顔で説明をされていました。最後は「記録係」のHセさん。笑いも交えつつ、一生懸命説明されていました。

初めて役割を担当される方がたくさんいらっしゃいましたが、非常に丁寧にご説明されていました。

 

さてメインの準備スピーチの時間、本日は4名!

 

CC#2:Z間さん「私の集中力コントロール術」

会社での試験合格に向けて、ご自身のなかなか集中が続かないという弱点を、いかにしてカバーしたかをお話されていました。ポイントは「勉強する場所」で、オフィス街にあるカフェがぴったりだったそうです。

自分の弱点を認識した上で、それをカバーするにはどういうやり方がいいかを考えること。お話を聞いて非常に大事なことだと改めて感じました。

 

CC#2:N田さん「出会ったら死ぬ!?ドッペルゲンガーの真相」

世界には自分にそっくりな人がいて、その人に出会ってしまうと死んでしまう…?!そんなドッペルゲンガーの噂からスタート。ご自身の似ている有名人を、パネルを使用しながらユーモラスに紹介し、終始笑いに包まれるスピーチでした。真面目な雰囲気のN田さんのモノマネも飛び出すなど、人の新たな一面を見れることもトーストマスターズの面白いところかも知れません。

 

CC#8:K田さん「今日からできる!気になるあの子と付き合う為のMethod集」

日頃からモテてモテて困っているK田さんのスピーチ。CC#8がビジュアルを的確に使用することを目的にしていることから、プロジェクターを使用したスピーチでした。

「女性は犬系・猫系男性どちらが好きか」のアンケート結果を見せるなど、データをうまく使いながら、ユーモラスなスピーチを展開されていました。

ちなみに、犬系男子の方がモテるらしいですよ!

 

AC#5:Y井さん「人生で必要なことはすべて飯田橋で学んだ」

AC#5の目標は「説得力のあるリーダー」ということで、トーストマスターズの役員になろうか迷っている人を、どのように説得するか、という内容のスピーチでした。

ベテランでいらっしゃるY井さんが今まで役員で培ってきたスキルを、ご自身の失敗談等も交えつつお話されて、迷っている人の想いを的確に捉えながらも背中を押すような、素晴らしいスピーチでした。

続いてはテーブルトピックス!本日のマスターは久しぶりの参加のT林さん。久しぶりの役割にも関わらず、流石の仕切りでした。本日役員選挙がある為、「選挙」という切り口から、お題を出されていました。当たったT木さんN呂さんK岡さん、皆さん準備スピーチかと思うほど素晴らしいテーブルトピックスでした。

最後に論評のセッションに移ります。

Z間さんへの論評はI籐さん。非常に的確な論評で、特に「結論の部分をもっと時間を取って話をした方がいいのでは?」という指摘は的確で、今後のスピーカーの参考になると思います。

N田さんの論評は、初めての論評のMさん

初めての論評に関わらず、落ち着いて論評をされていました。良い点・改善点それぞれで鋭いところを突くなーと感心してしまいました。

K田さんへの論評はベテランのS村さん

モテる為にはというスピーチの内容に対して、スピーカーと利き手の立ち位置を考えないと伝わりにくいという点を、自分の経験を基にしながら指摘されていました。

さすがベテラン、目の付け所がすごい!

Y井さんの論評は前会長のM苫さん。前会長でご自身も説得することを本気で考えてらっしゃることもあり、非常に的確で明快な論評でした。

今回の例会では初めて役割を担当する方が多くいらっしゃいました。

初めてのことは難しい部分もありますが、飯田橋トーストマスターズクラブでは初めての挑戦を応援する雰囲気がしっかりとあります。

トーストマスターズは失敗が許される(認められる)場所です!

ご興味持って頂けたら、是非一度見学に来てみてはいかがでしょうかー!