Monthly Archives: 6月 2019

第282回(6/15)通常例会

【飯田橋トーストマスターズクラブ 第282回例会】
2019.6.15(土)18:00~ 於 東京ボランティアセンター A会議室

大雨の中の例会でしたが、多くのメンバーそして6名ものゲストの方々をお迎えしての例会となりました!
今夜は、A原さんの入会式が行われました。
忙しいスケジュールを調整して、入会宣言をしてから3か月目にして、ようやく入会式にたどり着いたA原さん、ご入会おめでとうございます。 

TMOE初挑戦となるM村さん。
とても初挑戦とは思えないほどの堂々たる司会進行ぶりでした。
例会を映画になぞらえ、ヘルパーの意義を紹介されるという、粋なスタート。素敵です!

K松さんによって提示された今夜の言葉は、「百聞は一見に如かず」
たくさんの人が、アドリブで今夜の言葉を取り入れました。
えーとカウンターは前回の例会で入会したばかりのT尾さん。
いきなりカンペなしでサラっと笑顔で説明をこなしていました。
文法と計時のダブルロールをI藤さん、記録をK田さん、集計をY武さんが担当。
飯田橋TMC特設、「笑いカウンター」は次期会長のS藤さんが、自らの腹筋をカウンターとして紹介。
たくさんの笑いがあり、きっとS藤さんの腹筋は、カレーのルーのようにバッチリ割れたかもしれません!? 

準備スピーチは3本でした。

M川さん:「はじめまして、○かわです」 (※お名前です。)
アイスブレーカーということで、まずは自分の「間違われやすい」お名前の紹介から入り、
仕事を通じて得たスキンケアの知識を熱く語られました。堂々とした語り口で、引き込まれるスピーチでした。
内容盛りだくさんで、時間内に収まりきらないと気付くと、「このトピックは、次のスピーチで。」とうまく次につなげるテクニックまで披露!これからのスピーチが楽しみです。

 H原さん:「プロがすすめる!引っ越しテク」 
前回のスピーチで得たフィードバックを取り入れ、再構成したスピーチ。様々な改善と工夫が取り込まれ、説得力のあるスピーチとなりました。
聞いたのが2回目、という人も、さらに興味をもって聞けたスピーチとなりました。

S村さん:「初めての実行委員長」 
自らの失敗経験を例に挙げて、実行委員長の任務遂行に必要な心掛けを説いたスピーチでした。自らの経験で、さらに失敗談を例に挙げるのはなかなか勇気のいることですよね。
ここ一番のメッセージを印象付けるジェスチャー、落語を聞いているかのような臨場感がありながらも軽妙な語り、ベテランのスピーチから学ぶことがたくさんありました。

【テーブルトピックス】
準備スピーチの内容を受けてトピックを選ばれた、今夜のTTMD井さん。
即興スピーチのセッションだけに、トピックも即興で作り、さらには自分のエピソードも軽く紹介するという、テーブルトピックの極意を披露!とても盛り上がりました。

論評の部】
ベテラン3名による論評で、たくさんの学びがありました。仲間がさらに良いスピーチができるように・・・愛ある論評のお手本が勢ぞろい。感動しました。

J見さん:基本的なスピーチテクニックを網羅した論評は、さすがです。
そして、改善のポイントについては、軽妙なジェスチャー付きで示され、J見さんの「愛」を感じました。

Kさん:かの有名な「K塚ワールド」。
これは、「百聞は一見に如かず。」独特なボキャブラリー、ジェスチャー。
それらは全て、スピーカーのことを思い、体が自然と動いて、「K塚ワールド」が作られるのだ・・・と感じました。・・・ズッキューン!

Cさん
ベテランスピーカーS村さんに、プロジェクト目標を主眼においた、本質を突く質問をしながらの論評は、さすがです。
敢えて、「次回のモチベーションにつながるか分かりませんが・・・」と前置きをしたうえでのフィードバック。
でも、その愛あるフィードバックは、絶対次回へのモチベーションにつながることでしょう!

飯田橋トーストマスターズクラブは、愛ある論評で、お互いのスピーチの技術を磨きあう場所です。
ベテランも多く、ためになるスピーチや論評が聞ける一方で、新しい仲間もどんどんと増えて活躍している、大変活気あるクラブです!

本日の受賞者
ベストテーブルトピックス賞:I垣さん(厚木座間TT4からのゲスト参加)
ベスト論評賞:J見さん
ベストスピーカー賞:H原さん

おめでとうございます!

第281回(6/1)通常例会

【飯田橋トーストマスターズクラブ 第281回例会】
2019.6.1(土)18:00~ 於 富士見区民館 

すべり芸人S会長が笑いカウンターランキング1位を獲得した今夜の例会、新しい仲間T尾さんの入会式も行われました。
T尾さん、ご入会おめでとうございます。 

今夜のTMOECさん。
Cさんのやわらかな笑顔とコメントで、和やかで楽しい例会になりました。しかも手作りパンまで持ってきてくれるという心遣いに感激です!
Cさんありがとうございました。 

続いて各ヘルパーの役割説明です。

今夜の言葉「変化」を選んだS村さん、えーとカウンターのT内さん、文法係のY井さん、記録係のK田さん、それぞれ自身の出来事から役割の重要性をわかりやすく説明したり、体を張って悪い例を示す姿がさすがベテランでした。

苦笑いはマイナス10点というスーパールールで笑いカウンターをしてくれたK松さん、丁寧な説明の中にも独特の間と面白い雰囲気が漂うT橋さん、共に抜群の存在感を示してました。
逆に、今日はTMOEにも総合論評にも存在を忘れられるくらい集計係の裏方仕事に徹してくれたS籐さん。
みなさん仕事熱心なのにいつも面白くて素晴らしかったです!

【準備スピーチ】は3本でした。 

M村さん:「リーダーたるもの…」
権力型のリーダーとは違う親和型リーダーについて、ご自身の体験をもとに語ってくださいました。来季の役員としても縁の下の力持ちとしてやっていきたいという決意表明にもつながる、とても前向きで気持ちの良いスピーチでした。 

T中さん:「2030」
日本での認知度はわずか20%というSDGsをテーマに、初めて聞く人にもわかりやすく説明してくださいました。
未来がどこにいても何をしていても安心できる世界であるために、私たち一人一人の心掛けが必要だというメッセージは、とても考えさせられました。 

T地さん:「未来年表」
言葉はよく聞くけれども具体的にはイメージしにくい少子高齢化や人口減少について、データを用いて具体的な話をしてくださいました。
町が抱える問題とその対策、具体的な取り組み事例は、町づくり業界にいるT地さんならではのお話で、大変勉強になりました。 

【テーブルトピックス】
司会は、いつもさらりとシュールに面白発言をするY武さん。
そんなY武さんが6月をテーマにお題を出してくれたにもかかわらず、スピーカー数名はお題を無視して自由に話をはじめるという、フリーダムで楽しいテーブルトピックスコーナーでした!
 

【論評の部】
K塚さんみんな大好きなK塚ワールドを醸し出しながらも、鋭い視点からの適格なアドバイスは、皆になるほどなーと気づきを与えてくれる素敵な論評でした。 

Hさん
初めても論評にもかかわらず、良い点とアドバイスをバランス良くこなせるのはさすがです。
落ち着いた話し方も耳にはいりやすいなと思いました。
 

C道さん
いつもとてもためになる論評をしてくださる重鎮C道さん。
今夜もスピーチ内容全体を見渡した上での正確で丁寧なフィードバックをしてくださいました。

【今夜のつぶやき】
今夜話す場面がなかったノンスピーカーの人に、前に出て話す機会を作ろうという趣旨の「今夜のつぶやき」コーナー。
最近対象者がなく存在を忘れられていたコーナーにもかかわらず、入会したてなのにさらっと話せるM川さん、お見事でした。
 

本日の受賞者
ベストテーブルトピックス賞S村さん
ベスト論評賞
C道さん
ベストスピーカー賞
M村さん

おめでとうございます。