Monthly Archives: 10月 2018

第266回通常例会(10/20)

第266回 通常例会
日程:2018年10月20日(土)18:15~
場所:富士見みらい館 

だんだんと秋・冬の気配がし出した10月の後半、いかがお過ごしでしょうか?
外は寒い日でしたが、例会はとてもあたたかい雰囲気で始まりました。
今夜の言葉は「破天荒」
破天荒と聞くとなんとなく悪いイメージがありますが、実は「今まで誰も成し得なかったことをすること」という非常にプラスの意味の様です。知らない言葉を知ることだけでなく、知っている言葉の本当の意味を知れることも、今夜の言葉の一つの良い部分ですね。 

本日の例会は少し変則的で、準備スピーチは以下の2本と、 飯田橋の良心こと〇井さんの論評ワークショップを行いました。 

【スピーチ①】〇村さん 「666

初めてのスピーチ(アイスブレーカー)ということで、今まで謎のベールに包まれていた○村さんの内面を知れるスピーチでした。ご自身の生年月日から今までの経歴も等含め、今頑張っている・考えている3つのことをお話し下さいました。

一つ目はお母様の影響もあり、手に職を持ちたいと思って始められたヘッドマッサージに関して、今年からご自身のお店を持ってお仕事をされていること。二つ目は婚活の為、選ばれる女性になるにはどうすればいいか考え抜いた結果、最近バーテンダーのバイトを始められたこと。そして最後には、海外での活動の夢をお話していただきました。どのエピソードも微笑ましくも〇村さんらしいお話で、どんな人柄かが伝わる良いスピーチでした。 

論評者は〇セさんと〇木さんのお二人。今まで謎に包まれてきた〇村さんの自己開示を聞けると共に、エピソード豊富に語って頂き、アイスブレーカーにぴったりの内容でした。

非常にいきいきとお話されていたというコメントもあった通り、次のスピーチもとても楽しみなスピーチでした! 

【ワークショップ】論評ワークショップ

ベテラン〇井さんの論評ワークショップ。7年以上のトーストマスターズ歴を総動員して作成頂いた論評作成フォーマットを基に、スピーチに対する内容(コンテンツ)面と伝え方(デリバリー)面を見る視点を丁寧に説明頂きました。論評でよく使ってしまいがちな言葉一つにもこだわりを見せる姿勢が、さすが〇井さんだなあと感じる、非常に勉強になるワークショップでした。 

【スピーチ②】〇さん 「自分を好きになれるマラソン」

今まで音楽一筋だった〇松さんがひょんなことからマラソンを始めて、ついにフルマラソン完走をしたそうです。マラソンを始めたことで周囲からの見る目も変わり、1年半かけて10数回の大会に出場することで徐々に成長を実感できたとのこと。それらを通して自信を持つことが出来たそうです。最後にはこれからマラソンを始めようと思う人への練習場所や取り組み方のアドバイスも教えて下さいました。聞きながら「自分にも出来るかも!」と思えるような内容で、マラソンの素晴らしさを感じることのできるスピーチでした。

〇松さんへの論評は、ワークショップで4つの班に分かれて考え、それぞれの版より発表(論評)を行いました。それぞれの班のコンテンツ面・デリバリー面の視点でよかった部分を見事に指摘していましたが、モチベーションをキープ出来た理由や苦労話などのエピソードをもう少し聞きたかったというコメントもありました。ワークショップ後ということもあって、それぞれに非常に的確で、愛のある論評ばかりでした。 

ベストスピーカーは、〇松さん
ベスト論評は〇木さん
でした。 

本日の入会宣言を頂き、また一人仲間が増えた飯田橋トーストマスターズクラブ。
是非お気軽に見学に来て下さいね~!

第265回通常例会(10/6)

飯田橋TMC 第265回 通常例会

日程:2018年10月6日(土)18:00~
場所:東京ボランティアセンター

3連休初日ということもあり、会員の参加者はやや控えめだったのですが、多くのゲストさんに参加いただき、とても賑やかな例会になりました。ヘルパー運営については、当初は兼任の部分が発生していたのですが、急遽ピンチヒッターとしてのヘルパーアサインを、〇塚さんと勝〇さんが快くひきうけてくださり、非常にスムーズな例会が実現できました。困ったことがあったら誰かが進んで助けようとする…こういうところが飯田橋の魅力のひとつ!

さてさて、今夜の言葉は『肩』。用意してくださったのは、ゲスト参加でいらっしゃっていた、〇澤さん(江〇TMC)。いつものように決まったフレーズを使うのではなく「”肩”にまつわる表現を使うこと」という、新しい取り組みでした。肩という概念にまつわる、古くからの文化的背景などの解説があり、言葉について理解することは、歴史・文化などを理解することにも繋がるのだと再認識する良い機会となりました。 

<準備スピーチ>

1. 〇藤さん 「歌舞伎を楽しむ」

テーマは歌舞伎。TMCのみんなにもっと歌舞伎に慣れ親しんでもらいたい、と◯藤さんのアツい思いを感じさせるスピーチでした。歌舞伎の時代的背景はもちろんのこと、同じく伝統芸能である「能」との比較や、など、要所のポイントがしっかり抑えられてわかりやすい内容でした。話の内容には、みんな「へえ〜…!」というリアクション。日本の伝統芸能について、意外にも、知っているようで知らないことは多いのだな、と感じさせられた人は少なくなかったはず。 

2. 〇ワットさん 「よくきかれる、3つの質問について」

タイからの留学生でもある、〇ワットさんのスピーチは、自身の名前についてでした。名前について、よく周囲の日本人から聞かれる3つの質問にポイントを当て、その回答に対する解説を通じて、自己を紹介していくという巧みな構成でした。〇ワットさんは、別のクラブですでに英語でCCマニュアルを達成していらっしゃるとのことで、スピーチの最後には要点をもう一度まとめるなど、上級アイスブレーカーの実力を感じさせられるスピーチでした。 

<今夜のテーブルトピック>

今夜のテーブルトピックマスターは 〇内さん。今回、テーブルトピックの枠が長かったのですが、その分、多くのお題を考えてきてくださいました。ファンタジーや空想が好きとのこと、「もし〜なら」といったお題や、動物に関するお題など、非常に多様かつユニークなトピックが炸裂。次は何のお題が来るかわからないドキドキ感が会場に満ち溢れていました・笑。

「生まれかわったら何の動物になりたい」?⇒〇澤さん
「ドラえもんに出して欲しい道具は」?⇒〇道さん
「第4ステージ(フロイトの理論より)はどんな世界」?⇒〇塚さん
「もしこのボラセンを使って商売をするなら、どんなビジネスをする」?⇒〇田さん
「もし王国をつくるとしたらどんな王国にする」?⇒勝〇さん
「今まで経験した動物にまつわる面白いエピソードは」?⇒清水さん

<論評>

今回は、一人のスピーカーに二人の論評者がつくという豪華仕様!
〇藤さんへの論評が木さんと〇道さん。〇ワットさんへの論評が松さんと〇田さんから行われました。〇藤さんと松さんは、今回初めての論評でありながら、見てあげるべきポイントをしっかり抑え、良いところの発見・改善点のアドバイスをしっかり行っていました。〇道さんと〇田さんは、つかみからばっちりの、ベテランらしい論評で、普段からお二人自身がどのような点に気をつけてスピーチをされていらっしゃるのかが垣間見れる内容でした。 

<本日のベスト賞>

ベストスピーカー       :  〇ワットさん
ベスト論評賞         : 〇田さん
ベストテーブルトピックス賞  : 〇清水さん