Monthly Archives: 4月 2017

飯田橋トーストマスターズクラブ第228回例会(4/15)

新しい始まりの季節4月15日飯田橋トーストマスターズクラブ第228回例会を開催しました!

久しぶりに参加したら新しい人がたくさん入会していて驚きと嬉しさがありました。 

また本日、トーストマスターズクラブの全国スピーチコンテスト(Div大会)に私たちのクラブからY口さんT内さんが参加されてその勇姿を見せてくれました!

さて、まず初めに教育セッションからです。

今日の司会(トーストマスター)はN呂さん

暖かい陽気にぴったりな元気な司会進行をしてくれました。

まず準備スピーチ。

スピーチをしたのはM下さん、T田さん、S川さん、Y井さんの4人!

M下さんのハキハキした自己紹介スピーチから始まり、肩こりのオリジナルかつ理にかなった解消方法、ぬいぐるみを使ったストレス発散方法、武蔵VS小次郎の物語の語り、などバリエーション豊かなスピーチでとても勉強になりました。

始めはみんな緊張した気持ちでスピーチの舞台に立ちますが、例会でスピーチを重ねることでだんだん緊張しなくようで、継続的に活動をしている人はとても堂々としたスピーチをされていました。

さて、次にテーブルトピックス(即興)スピーチの練習です。

今回のお題はスピーチの内容からピックアップしました。その場で題材を決めるのって結構大変なんですよね…でもさすがのK田さん、バランスよくスピーチする人の采配をして、多くの人が話せるよう工夫しながら進行してくれました。

次に教育セッションから論評セッション(フィードバック)に移ります。

4人に対する論評を、T邊さん、Y口さん、E多さん、S木さんがしっかりされていました!

実は、スピーチをするとき、いくつか目標を設定して(メモを見ない、マテリアルと使うなど)スピーチするのですが、今回の論評者はしっかりそれぞれのスピーカーの目標を踏まえたうえでフィードバックをしていました。

やっぱりスピーチしただけでなく、しっかりフィードバックしてもらえると自分の伸びしろがわかって次につなげる気持ちになれます^^

準備スピーチ、テーブルトピックス、論評でベスト賞を取った皆さんおめでとうございました!

みんな最初は自分のために入会しますが、活動を通していつの間にかお互いの成長を見守り、互いに高めあう関係になっているのが飯田橋トーストマスターズクラブです。

今の自分から一歩踏み出したいと思っている方、一緒に活動してみましょう!

これまでとは、少し変わった自分になれるかもしれません。

それでは次回の例会で^^

飯田橋トーストマスターズクラブ第227回例会(4/1)

本日は、エイプリルフール。

M苫会長の人事異動の話で一瞬周りを驚かせ、実は嘘と、まさに今日にふさわしい会長挨拶で例会は始まりました。

本日のTMOEはS木さん。

今日の例会は直前で仕事の都合等で欠席が多く出ましたが、急きょピンチヒッターを引き受けてくれた会員が多く、みんなの助け合いで例会は成り立っていることをお話されました。
TMCの例会は会員でみんなで作るものだと改めて皆さん実感されておりました。

今夜の言葉はK田さん。
「袋小路」という言葉の語源を皆さんにご説明されていたのが印象に残りました。

えーとカウンターは、急きょピンチいったーで役割を引き受けてくれたY口さん。

文法係はK林さん。計時係はH野さん

お二方は初めての役割経験ですが、自分の言葉で説明していたのが印象でした。
集計係は、これまたピンチヒッターで引き受けていただいたI藤さん。
笑いカウンター(飯田橋独自の役割)はN呂さん。
記録係(飯田橋独自の役割)はS波さん。
以上のヘルパーのおかげでいい例会になりました。
準備スピーチの部。
本日も4名の準備スピーチです。
最初のスピーチは、前回入会のS木さん。
アイスブレーカー(一番初めに行うスピーチ)でタイトルは「サラリーマン」

サラリーマンになりたくないからアメリカへ一人旅をした話から始まりその後サラリーマンになり、サウジアラビアなど海外での仕事を通じていろいろな文化を経験なさったスピーチをしていただきました。

2番目のスピーチはT道さん
パワフルな説得でタイトルは「4倍いい映像体験で変わるもの」
前回やったスピーチをフィードバックいただいたことをもとにもう一度スピーチをしていただきました。4Kテレビは6チャンネル、8時間同時録画、2週間の保存期間と映像の美しさを言葉を駆使して説明してくれました、またニーズを組んだ話もよかったです。

3番目のスピーカーはW田さん
トピックのリサーチでタイトルは「チームビルディング」
リーダーシップとは何か、スピーチコンテスト運営を通じて学ばれたことをお話されました。
リーダーは方針を決めて、役割をアサインし、スケジュールを決めることで一番大事なのは
全体を見守ることであると図を使いながら説明されていたのが印象的でした。

最後のスピーカーはM苫会長
「M苫のリーダーシップ」ということで飯田橋の会長経験を通じてWhyを突き詰める、継続する、人に頼る、誰よりも努力することが重要である。リーダーシップは、一つじゃないといった経験に基づいたナレッジを紹介されました。また、目標があるなら、とにかくやらなければいけないことはやる選択肢しかないといったことをお話されました。

準備スピーチのあとは、テーブルトピックス(即興スピーチ)の部です。
テーブルトピックマスターはT田さん。
お題も、季節の出来事から、時事ネタなどバラエティに富んだお題を出題されました。
回答者も、自分の考えを皆さん2分半以内で話されました。

続いては論評の部です。
S木さんのスピーチへの論評はS川さん。
S木さんはすでにスキルとして、落ち着いて堂々と話せている、わかりやすい説明があるとほめ、次回のスピーチ課題として、いろいろ内容があるのでメッセージに絞って話すよいと次回のスピーチ目標と絡めて発表されました。

T道さんへの論評はE多さん
同じスピーチに再度チャレンジされたのが良かったと同じスピーチをやることの大切さをお話されました。改善点説得というよりかは説明のみだったと指摘し、次回のスピーチに生かしてほしいとアドバイスをしていただきました。

W田さんへのスピーチの論評はベテランのY井さん。
図などを使いわかりやすく説明していたのが良かったと実体験に基づく内容であったのが良かった、数字を取り入れるとわかりやすくなるなど具体的な改善点を話されました。

M苫さんのスピーチはゲストで来ていただいた江戸クラブのK川さんに論評いただきました。
論理的な説明、リーダーをやらないとわからない苦労、本気で悩んでいることがよく伝わるスピーチであったのが説得力があった、改善点として、経験を活かしもっと皆さんを鼓舞するようにするとよいとアドバイスされておりました。

なお
ベストテーブルトピックス賞はW辺さん(東京メトロTMC)とK川さん(江戸クラブ)
ベスト論評賞はA井さん
ベストスピーカー賞はW田さん
でした。おめでとうございます!

また、3名の入会宣言もありました。
新年度始まりの例会も楽しくかつ、学びの多い例会でした。

もしこの記事を見て悩まれている方、まずは来て判断してみてはいかがでしょうか。

飯田橋トーストマスターズは皆様のお越しをお待ちしております。