Monthly Archives: 4月 2015

飯田橋トーストマスターズクラブ第175回通常例会(4/18)

春まっさかりの4月18日、第175回例会が行われました。

今夜のトーストマスターは、N江さん、今回初めての総合司会にチャレンジです。

今夜の言葉はY井さんが、「オノマトペ」を提示してくれました。斬新な試みです。 柔軟に言葉を選べるので、日本語らしい表現をみな考えながら探していました。

~教育セッション~

<準備スピーチ>

さて、本日最初のスピーチは、アイスブレーカーK林さんの「区別と差別」。 自身の仕事上での経験を踏まえた男女の違いというテーマについて、自分の考えを、初めてとは思えない堂々とした態度で話されていました。

二番目のスピーカーはA野さんの「感謝し続けること」。 おじいさんに対する想いを、生き生きと描いていました。こんな孫がほしい、と思ったのは私だけでしょうか。

三番目のスピーカーは浅Nさんの「国際競争社会で日本人が生き残るための三つの提案」。 きちんと調査された数字を交えながら、日本人に対するメッセージを、なぜか薩摩弁で語りかけていました(この謎は後で解けることになります)。

四番目のスピーカーは、E多さんの「カテゴライズ」。 レッテル付けより中身を見よう、というテーマを、分かりやすく話していました。聴衆と掛け合いをしながらスピーチを行うなど、余裕すら感じるスピーチでした。

そして今日は特別スピーチとして、サクセスフルクラブシリーズ Evaluate to MotivateをO宮さんが行いました。 秋の論評コンテストを見据えたコンテストでの審査のポイントから、スピーカーの成長のため、という本質的な部分まで、役立つスピーチでした。ダメな具体例を挙げていたのも分かりやすかったです。

<テーブルトピックススピーチ>

次は、H間さんのテーブルトピックです。スピーチから題材を取るというスタイルで、シンプルで答えやすい設問を作っていました。みな答えやすそうで、よく話せていました。

<論評スピーチ>

後半戦の論評の部。K林への論評はI田さんです。論評でもユーモアを忘れないI田さん、3つの愛という切り口で、楽しい論評でした。

二番目の論評者はS本さん。構成のすばらしさを指摘したところや、最後におじいさんへのメッセージを入れるという改善点も、的確でした。スピーチとしての質がそもそも高かったです。

三番目の論評者はY口さん。本日初論評です。しっかり調査に基づいてトピックを作っていたよい点の指摘や、誰もが突っ込みたかったであろう、薩摩弁の謎にも切り込んでいて、初論評とは思えないクオリティでした。

四番目の論評は飯田橋の論評王K島さん。ボディランゲージなど表現の良さや、計算しつくされた聴衆との掛け合いを指摘するなど、切れ味するどい分析が光っていました。

いよいよ表彰式。今日のベスト論評賞は、K島さん。さすがの強さです。ベストTT賞はおじいちゃんとの心温まるエピソードをテーマに話したS村さん、ベストスピーチ賞は、E多さんでした。

今回はTMODのN江さんが、初めてとは思えないスムーズな進行を行いながら、且つ自身の経験に基づいた深いコメントをさりげなくやっているところが、特に素晴らしかったです。今日も学びの多い例会でした。 あなたも飯田橋TMCで、スピーチやリーダーシップを是非学んでみませんか?例会の見学お待ちしています!

 

飯田橋トーストマスターズクラブ第174回通常例会(4/4)

4月4日(土)に開催された「第174回 飯田橋トーストマスターズクラブ 通常例会」の様子をご紹介します。

本日のTMOE(総合司会)は、経験豊富なS村さん。

おしゃれなプログラムに、S村さんの意外な一面を垣間見ました。

タイムマネジメントが、殊に素晴らしかったです!

時間ぴったりにT田会長の開会の言葉。

今夜の言葉は、S川さんの「泡沫(うたかた)」。

散りゆく桜のはかなさと相まって、今の季節によく合った言葉だな、と思いました。美し~。

準備スピーチの部

 

「私の大好きな人~楽に健康で長生きする3つの方法~」Y口さん

お仕事柄、高齢者と接することが多いY口さん。高血圧でいい!メタボでいい!認知症でいい!と

世間の常識を覆すような提案がいっぱい。大好きなおじいさまとの会話が素敵過ぎました!

「高校生のスマホ使用の実態」I鼻さん

I鼻さんは高校の教員をされています。高校生の、スマホ使用の実態を赤裸々に紹介してくださいました。高校生のスマホ依存によるいろいろな問題点の数々…!はぁ~、親も先生も、大変だなぁ…。

「Easy Peasy Smoothie(イージー ピージー スムージー)」I田さん

もう、タイトルからして、ワクワクしてしまう♪ どんなお話かといえば、コンビニで売っているスムージーのおススメでした。会場のお客さん、もとい聴衆との掛け合いが、楽しかったでした。

「あの頃に戻りたい」S本さん

あの頃に戻れたらなぁ…そんなことを思ったことはありませんか? でもね、「今」だって、10年後からしてみたら、「あの頃」なんですよ。ランプの精も出てきたりして、S本流のファンタジーストーリー、堪能しました!

「うまく行くために必要な2つのこと」T田さん <コンテスト壮行スピーチ 投票対象外>

おじいさまの葬儀の日にかかってきた、友人からの1本の電話。その電話がT田さんの運命を変えました。そこに至るまでの辛かった日々。そして、踏み出す一歩。うまく行くために必要な2つのこと…果たして、それは?? この続きが聴きたい方は、4月12日のディビジョンBコンテストへどうぞ!^^

この方と同じクラブであることが誇りに思えるような素晴らしいスピーチ。うっかり泣きそうになってしまった。。

◆テーブルトピックスの部

テーブルトピックマスターは、N村さん。初役です。

「これまでに印象に残った食べ物(さくら餅編?)」ゲストMさん。

「今年の目標は今どうなっていますか?」S川さん

「あなたが好きなスポーツは?」ゲストS田さん

「トーストマスターズクラブがあなたの人生に与えたもの」K島さん

どの答えも素晴らしく、ベストテーブルトピックス賞を決めるのに悩んでしまいました。

笑いと感嘆の吐息が混じる、そんなひと時でした。

◆論評の部

「Y口さんのスピーチへの論評」Y井さん

前回のY口さんのスピーチにあった弾き語りのフレーズを使って、歌って踊りながらのオープニング。

楽しそうでいいなぁ。構成を入れ替えるとスピーチが整理されてもっとよくなると思う、との具体的な提案が、さすがだと思いました。

「I鼻さんのスピーチへの論評」S木Kさん

今回のI鼻さんのプロジェクト目標は「ビジュアルエイド」。「このプロジェクト目標にありがちの、ビジュアルエイドに頼り過ぎるということがなく、しっかりとスピーチができていた。」という内容が特に印象的でした。

「I田さんのスピーチへの論評」H間さん

「ベテランのI田さんには、甘やかさずに論評したい!」という手厳しいセリフに、みんなの耳がギュッと注目。どうしてどうして、愛情溢れる、優しい論評でしたよ~。

「S本さんのスピーチへの論評」K上さん

ご自身の体験を織り込み、笑いをとりながらの論評でした。K上さんのチャキチャキした話し方は耳にとても小気味よいのです。良かったところの提示の仕方がうまい!

「T田さんのスピーチへの論評」仏のM苫さん

今回は、コンテストスピーチへの壮行論評ということで、「改善点のみの論評をしたい」と、仏のM苫さんの鬼宣言。あんな完璧なスピーチに、改善点のみの論評?!…「いったい、どうやって?」と訝しく思ったのですが、聴いてみると、なるほど!そんな風に変えてみると、確かにもっと素晴らしくなるかも?!と思わせてくれた…すごい論評力!

ベストテーブルトピック賞…K島さん

ベスト論評賞…M苫さん

ベストスピーカー賞…S本さん

受賞者とスピーカーの皆さん

今日も楽しく、中味の濃い例会でした。

飯田橋トーストマスターズクラブの例会は、文句なしに楽しいです。

でも楽しいだけじゃない何かが…!?

人前で話すことが苦手なあなた!

飯田橋トーストマスターズクラブで、一緒に「人前力」を磨きましょう!!

ぜひ、例会に遊びに来てください!

(記録:総合論評 K塚)