Monthly Archives: 3月 2014

飯田橋トーストマスターズクラブ 第146回 通常例会

桜の花びらがほころび始めた3月末。
春の陽気に誘われるように、
飯田橋トーストマスターズクラブ 第146回通常例会が行われました!

まず最初は、S藤さんの入会式。
飯田橋クラブにとっては2014年初、約4ヶ月ぶりの入会式です。
フレッシュなメンバーが増えるのは嬉しいことですね!

そして、本日の総合司会は、初めての大役をつとめるK川さん。
とても初めての総合司会とは思えない準備の良さ!段取り!
会場全体が安心感に包まれながら、例会がスタートしました。

『今夜の言葉』の担当はS川さん。
このコーナーは、語彙を増やすことでスピーチをより豊かにすることを目的とし
ています。
S川さんは「仄かな(ほのかな)/仄かに(ほのかに)」という
春らしい言葉を選んできてくださいました。
ちなみに、「仄仄」と書いて「ほのぼの」と読むそうです。へぇ~

次に、各ヘルパーの紹介です。
ヘルパーとは、例会の進行を手伝ってくれる無くてはならない存在です。
集計係、計時係、えーとカウンター、文法係それぞれの担当の人が
しっかり、わかりやすく役割の説明をしてくれました。

さあ、続いて例会のメインである準備スピーチの部です。

一人目のスピーカーは、怒濤の勢いでスピーチをこなすS本さん。
タイトルは『心から解放する』
過去に大事な場所でスピーチを失敗してしまい
それ以来人前でスピーチをすることが恐くなった、というご自身の体験を踏まえ「過去の傷に蓋をするのではなく、心から解放してあげよう」
と、力強く語ってくださいました。

二人目のスピーカーは、いつも笑顔が素敵なO宮さん。
タイトルは『健康診断結果が悪かったら』
医療系に携わるO宮さんが、ご自身の専門知識をフル活用し『健康診断結果』という、
誰にでも覚えのあるあの結果の見方とその対処法について教えてくださいました。

三番目のスピーカーは、ボディランゲージの女王K塚さん。
タイトルは『中退』
教育系の仕事に就かれているK塚さんならではの視点で
『中退』の実態、それに寄せるご自身の想いを伝えてくださいました。
私たちも深く考えさせられる内容でした。


TMOE+スピーカーさんたち 

スピーチの後は、即興スピーチのテーブルトピックスの部です。
テーブルトピックスマスターはK上さん。
「出会いと別れの季節・春」にちなんだお題ということで
「最近おさらばしたこと/おさらばしたいこと」
「この春はじめたいこと」
など出題をしてくださいました。

次に、論評の部。
トーストマスターズには先生がいません。
そのため、会員相互の建設的な意見の言い合いが成長の鍵となります。
論評とは、スピーチをした人に対して「良かった点」「改善点」を伝える時間です。

一人目、S本さんのスピーチの論評は、S井さん。
冒頭から歌い出す、という奇抜な演出で会場を沸かせてくれました。

二人目、O宮さんのスピーチの論評は、S木Hさん。
「飯田橋トーストマスターズはスピーチの向上だけでなく
健康の向上も図れる場所ですね!」という面白い表現をされていました。

三人目、K塚さんのスピーチの論評は、I田さん。
「フォンダンショコラのようなスピーチでした!」という比喩からはじまり・・・
ああ、優しさの中に濃厚な中身があるという意味だったんですね!
とても勉強になりました。

楽しかった例会も終わりに近づき、いよいよ表彰式。
本日のテーブルトピックス賞は、T内さん。
ベスト論評賞は、I田さん。
ベストスピーカー賞は、O宮さんでした。
おめでとうございます!

TMOE+受賞者さんたち

トーストマスターズは、多くの学びとチャレンジの機会が得られる場所です。
まずはお気軽に、見学に来てみませんか?

飯田橋トーストマスターズクラブ 第145回通常例会

皆さ~ん!
ついに3月15日、飯田橋トーストマスターズクラブにおいて、
第145回通常例会が開かれました~。
やったね!

ドアを開けると、うっ、いつもと違う、机の並びがいくつかの島に分かれている、
そう、今日は特別な日、ワークショップが開かれるのです!

あれっ、プログラムがな~い?もうすぐ始まるよ、何、忘れた?これコピーしていいよ。
O木さん、助かった今からコピーします!
こうして何事も無かったかのように、会長の笑顔と共に無事例会がスタートしました。
多くのゲストに囲まれ、会長は今日も快調!

本日のトーストマスター(総合司会)はS本さん。
いきなりハイテンションのS本さん。
TMOEのろれつが回らなく、お酒飲んで来たの?
あっ、興奮して赤くなってるだけなのね。
初めてとは思えない軽快なテンポで聴衆をグット惹きつける司会ぶりは、さすがにレジェンドS本。
人生の苦難を乗り越えてきた者だけが漂わせる雰囲気を十分に醸し出していました。

『今夜の言葉』の担当はK島さん。
「慮る(おもんぱかる)」という、K島さんらしい相手の状況を思いめぐらせる言葉の選定。
さすがに難しくて皆さんのスピーチには取り入れないのではと思ったら、
何と言う事でしょう、出るは出るは、皆さん相手の立場を良く慮っていましたネ。

各ヘルパー紹介。
時間をしっかり計測し、皆さんのスピーチをサポートする『計時係』は、笑顔の素敵なS木yさん
コメントシートの書き方、ベスト賞の集計をする『集計係』は、突然の代役を快く引き受けられたS木hさん
えー、あの~、その~など余分な言葉をカウントする『えーとカウンター』は、いつも冷静なK川さん
日本語として美しい言葉、改善すべき言葉を拾い上げる『文法係』は、CC10達成したばかりのS村さん
ヘルパーは、例会を進行するうえでとても重要な役割を果たします。
多くのゲスト参加者にも分かるよう丁寧にしっかり説明できていましたよ!

さあ、いよいよお待ちかねの準備スピーチ開始。
一人目のスピーカーはO木さん。
タイトルは「災害に備えよう」

会社の防災チームとして、ミッションが与えられ、3つの心構えから災害時の行動が如何に大切かを教えて頂きました。まさに、タイムリーな話題であり、ポイントを押さえた有意義なスピーチでした。

二人目のスピーカーは、Z見さん。
タイトルは「また、ここで」
アーティストと会場を、スピーカーと聴衆に対比させ、聴衆を巻き込む積極的な聞き方が大切である。
また、真のリーダーとは、相手のスピーチを聞く事で空間を作り上げていく、とのとても大切なメッセージを伝えてくれました。

スピーチも終わり、本日は「テーブルトピックスワークショップ」を開催。
T内さんによる、「テーブルトピックが上手くなるコツ?」、テーブルトピックスとは、いわゆる即題の事。
これは是非聞きたい!
このテーブルトピックの為に、例会始まる前から、机を島単位に移動し、プロジェクタを準備されていました。
通常、テーブルトピックは当てられた数名が発表するだけでしたが、グループに分かれてグループ内で全員で話したり、発表したりととても良い企画だと思いました。
それから、内容も深く、きっと皆さんテーブルトピックが上手くなったと思います。

T内さんによる「テーブルトッピクス ワークショップ」 

ワークショップも終わり、休憩をはさんで、コンテストリハーサル。
我らが大将Y井会長によるコンテストスピーチ。
明日のエリアコンテストに向け、最後の調整。
余裕からか、結構スピーチ内容を忘れている、大丈夫?
スピーチ終了後は、全員から20秒コメントタイム。皆さん本当に温かいコメント。
明日のコンテスト、みんなのコメント全部取り込んでね!
(コンテスト結果は? なんと優勝!! すんげ~!)  


カルビ選手とミノ選手

最後に論評の部。
総合論評を担当するのは私、I上です。

論評を行う事で、スピーカーに自信を与え、「今度またスピーチをやってみよう」という気を起こさせます。
また、論評者の『聴く力』や『短時間で話をまとめて話す』練習にもなります。

O木さんへの論評は、あこがれのK塚さん。
良かった点として、ためになるメッセージ性があった事。
改善点としてタイトルを具体的になど、元気いっぱいにテンポの良い明るい論評でした。
それにしても、災害に掛け合わせて、地震だけに自信に満ち溢れたスピーチと言うダジャレも余裕でしたね。

Z見さんへの論評は、忍者はっとり君のT田さん。
説得力のあるリーダーとして、いきなり具体的な事例をを上げて論評されていた点がすごいなと思いました。また、ミニワークショップを行って伝えると言う、伝え方のうまさを指摘されていた点もするどいと感じました。それにしてもボディランゲージをしっかり使った論評にはすごい説得力がありましたよ。

ここから総合論評。
通常例会とは言え、テーブルトピックスのワークショップやコンテストリハーサルなどの趣向があり、
準備も大変だったと思います。
にもかかわらず、全員が一丸となって時間通り例会を進行出来たのは、
やはり飯田橋の結束力の賜物だと感じました。

私は、今回の総合論評を終えて、K上さんから宝物を頂きました。
それは、1枚のコメントシートでした。
私の総合論評は、とても褒められた内容ではありませんでした。
一人でもがき苦しみ、例会が終わった後、もう二度と総合論評したくないと落ち込んでいた時に、
K上さんからコメントシートを手渡されました。
そこには、「楽しくて、それでいてしっかりコメントされていた」と私にとっては天にも昇るコメントが
書いてありました。

これで私は救われました。
次回は、もっと頑張ろうと言う気になりました。
私にとってこのコメントシートは一生の宝物です。
私も皆さんに宝物を届けられるようになりたいです。

表彰式
ベスト論評賞はT田さん
ベストスピーカー賞はZ見さん
おめでとうございます!!

最後にゲスト感想と会長挨拶。
本日は、たくさんのゲストに参加して頂きました。
そして何と、3名の方から入会宣言を頂きました。すごい!!
これも例会を盛り上げて頂いた会長始め皆さんの結束力のおかげだと思います。

例会は定刻通り終了しましたが、皆さんは2次会へ、
感動と感謝をたくさん得た最高の例会でした。
こんな素敵な飯田橋トーストマスターズクラブへ是非遊びに来て下さいね!

以上、I上でした。

飯田橋トーストマスターズクラブ 第144回通常例会

3月1日、飯田橋トーストマスターズクラブ第144回例会が開かれました。

本日の総合司会はK上さん。
今回が初めての司会とのことでしたが、気配りの行き届いた準備と、
美しい言葉使いに、軽やかに例会がスタートを切りました。

『今夜の言葉』の担当はT内さん。
「レジェンドな/伝説的な」という、みんなのテンションが上がる言葉。
いつもながらナイスなチョイス!

続いて各ヘルパーの方々登場。
時間の管理人の『計時係』、
モチベーションを上げるための各賞の集計をする『集計係』、
えーととか、あの~とか、余分な言葉をカウントする『えーとカウンター』、
美しい言葉、間違った言葉をチェックする『文法係』、
どれも、スピーチやコミュニケーション脳力を上達させるために重要な役割です。
ヘルパーのみなさんの個性的かつ丁寧な役割紹介で、笑いながらも気が引き締まりました。
全力で役割を楽しんでいるのを感じます。

ヘルパーの紹介も終わり、いよいよ準備スピーチ開始。
一人目のスピーカーはS本さん。タイトルは「先入観」
張りのある良い声と、笑いがありつつも微笑ましいエピソートで聴衆の心をガッツリキャッチ。
そして、最後は、「先入観」について、深く考えさせられました。

二人目のスピーカーは、S村さん。タイトルは「灯をともす」
いつもはどちらかというと理論的なスピーチ展開をされるS村さんですが、
今回は「走れメロス」の劇を見たときのエピソートから、S村さんの「熱い想い」が力強く伝わってくる、CC10に相応しいスピーチでした。 

三人目のスピーカーは、I田さん。タイトルは「働くっちゅーこと」
イントロから笑いに包まれる会場!
何これ、どういう展開になるのっ?と、片時も目が離せない!
そして、最後は納得させられ、しかも聴衆に対し「大切な宿題」的な余韻を残すスピーチ。
お見事です。

スピーチも終わり、本日は「ゲスト対応ワークショップ」を開催。
我らが飯田橋の会長Y井さん、司会のK上さん、I田さんが寸劇を交えて聴衆を巻き込み、
飯田橋に来て下さるゲスト様への対応について、みんなで意見を出し合いました。
自分が初めて飯田橋トーストマスターズクラブを訪れたときの、初心を思い出しました。

ワークショップも終わり、休憩をはさんで、テーブルトピックスの部。
テーブルトピックスとは、テーブルトピックスマスターが出すお題目に、
指名されたメンバーが即興で答える、というドキドキワクワクの時間です。
今回テーブルトピックスマスターを担当されたのはJ見さん。
『結婚』をキーワードに、興味津々なお題目に、みんな耳がダンボになりました!
これは、ゲスト様も当たる場合がありますよ~!
(ゲスト様には拒否権がありますので、ご安心を!)

最後に論評の部。
飯田橋トーストマスターズには先生がいません。
メンバー同士が論評をします。
論評はスピーカーのレベルアップと共に、論評者の『聴く力』も成長していきます。
S本さんへの論評はS川さん、S村さんへの論評はH間さん、I田さんへの論評はK川さんが
担当されました。
みなさん、スピーカーと共鳴するような論評を披露しました。

楽しかった例会も終わりに近づき、いよいよ表彰式。
本日のテーブルトピックス賞は、T辺さん。
ベスト論評賞はS川さん。
ベストスピーカー賞はS本さんでした。
 

トーストマスターズは、スピーチだけでなく、
色々なことを気軽に楽しくチャレンジ出来る場所です。
今まで気づかなかった、新たな自分を発見できるかもしれません。
2時間、まるでお笑いライブを見ているように抱腹絶倒するかもしれません。
そして、人生を変えてしまうようなスピーチに出会うかもしれません。

一度遊びに来てみてください。