Monthly Archives: 2月 2014

春のクラブ内スピーチコンテスト開催!(第143回例会)

2月15日(土) 春のクラブ内スピーチコンテスト開催!

本日の例会はグラブ内スピーチコンテスト。
8名のコンテスタントによる、笑いあり、感動あり、学びあり!
多種多様なスピーチが繰り広げられました。

トップバッターはSさん
「ひたむきなランプ」
周囲を照らすランプのように、明るくひたむきにいこう!という前向きで
力強いメッセージが印象的でした。
Sさんは英語スピーチで、エリアコンテスト(3/16(日)開催)へ出場予定です。

2番目はYさん
「決める力」
焼き肉の最後の一皿を決めるエピソードを軸に、「決める力」はスピーチ
同様、練習により磨かれる…と仰るYさん。
ユーモア溢れた内容と語り口で見事優勝。エリアコンテトでの勇姿が楽しみです!

3番目はOさん
「恩おくり」
今亡きおばあ様への恩をご自身の仕事を通して返していくという「恩送り」
の話で、会場を温かい空気にしてくださいました

4番目はIさん
「父への思い」
亡きお父様への敬愛や感謝の思いが、今はご自身の息子さんとの関係にも
つながっている。感慨深いメッセージに一同ホロリ!

5番目はSさん
「ボタンをつける」
とれかかったボタン(=やろうと思ってもできていないこと)をすぐにやる!
表現力と実体験により説得力のあるメッセージでした。

6番目はIさんによる
「理想のおっさん」
笑いにあふれたスピーチで、独自のおっさん論から理想のおっさん像まで展開。
終始、会場を沸かせました。

7番目はSさん
「人は見た目」
中身は外に表せなければ人には分からない。その伝え方が重要、というメッセージ
をまさにスピーチを通して体現なさっていました。

8番目はDさん
「オリンピック」

ソチ五輪真っ最中のコンテスト当日、タイムリーな話題について、選手への
思い入れや独自の視点を明快に語っていただきました。

 

ベテランから新しい会員まで、様々な視点やアイディア、ユーモアに溢れたコンテストでした!

積雪の影響でコンテスト開催が危ぶまれるなか、無事、素敵なコンテストを
つくり上げたコンテスタントや運営担当のみなさん!お疲れさまでした!!

飯田橋トーストマスターズクラブでは、ともに楽しく学びあう、新規メンバーを随時募集中です^^
コミュニケーションやビジネスに役立つリーダーシップのスキルを磨きたい方
まずはお気軽に、見学にお越しください!

 

飯田橋トーストマスターズクラブ第142回通常例会

第142回飯田橋トーストマスターズクラブ例会が、東京ボランティアセンターで行われました。

今回の総合司会は、S川さんでした。
「今回の準備では、皆さんに助けられた」という感謝から始まり、
若手論評者に対し安心感を与えるコメントをするなど、
例会参加者のやる気を引き出す、素晴らしい司会でした。

また、今回は、初心者の方向けに、論評スキルを向上してもらおうという狙いで、
いつもと違う特別なプログラムとなっておりましたが、
そちらも、しっかりとまとめあげ、例会を盛り上げてくださいました。

そして、そのメインイベント、論評ワークショップを担当してくださったのが、T辺さんになります。
ワークショップでは、ご自身の経験を踏まえ、愛のこもった!?論評ワークショップを行ってくださいました。

質問のコーナーでは、ご自身の回答を伝えるだけでなく、ベテラン層の方にも意見を求めることで、
多様な考え方を若手の方にプレゼントしようと、試みられており、
皆さんの論評に対する疑問や考えを色々と聞け有意義な時間となりました。

本日の準備スピーチは、論評ワークショップのため1本となりました。
その1本をK川さんが、「金の亡者になるなよ」というタイトルで、
昨年流行った某ドラマについて語ってくださいました。
お正月の親族との会話の話題作りのために、冬休みに勉強したとおっしゃっていたK川さん。
親族との会話を、1日その話題だけで持たせることができるほど、深く分析をされていたようで、
ドラマをこれだけ掘り下げることができるなら、きっとスピーチのネタも
ふんだんにあるんだろうなと思わせるほど、考察力の高いスピーチでした。

 

テーブルトピックスの部の司会は、S井さんでした。
ご自身が感動された、「クロスロードゲーム」から、
災害時にどう対応するかといったシリアスな質問や、
賞味期限切れのカップヌードルを旦那に食べさせるか否かといった面白い質問など、
硬軟織り交ぜた話題を提供し、例会を盛り上げてくださいました。 

本日の論評は、論評ワークショップのため、特別に1名のスピーカーに対して、
若手3名が論評するという形式で行われました。

1番目の論評者は、K上さんでした。
まだ2回目の論評とは思えないほど、構成も分析もしっかりしており、
これからの成長が楽しみな論評でした。

2番目の論評者は、S本さんでした。
初論評にも関わらず、笑いをとったり、ジェスチャーやボーカルバラエティを使かったりして、
具体的でわかりやすい論評をされていました。

3番目の論評者は、O木さんでした。
導入時のコメントを簡潔にまとめながらも、その短い導入の中に、K川さんの長所をを凝縮して
語っており、素晴らしい論評でした。 

そして、最後は受賞者発表になります。

ベストテーブルトピックス賞は、
「彼氏に結婚を申し込まれ、専業主婦になってくれといわれたらどうする?」という質問に
きっぱりNoです!といって断ると、熱く語ってくれたK上さん
ベスト論評賞は、3週連続の論評で成長著しいO木さん
ベストスピーカー賞は、言葉の表現を巧みに使ってスピーチをされたK川さでした。

飯田橋トーストマスターズクラブは、楽しみながら切磋琢磨しあえるクラブです。
このクラブに興味を持ったあなた!
ぜひ一度見学にお越しください!!