Monthly Archives: 9月 2009

第31回 初のほら吹きスピーチ大会

2009年9月19日、飯田橋クラブにとって記念となる第2回目のコンテストは、なんと「ほら吹きスピーチ」。

 

ふ だんからほらふきを実践している?飯田橋の面々が繰り広げるほらの競演を一目見ようと、会場のボランティアセンターの周りには数えきれないほどの群衆が押 し寄せ、警官隊が出動する大騒ぎ・・・。とはなりませんでしたが、ゲストさん7名を迎えての大ほらふき大会となりました。


こ の日のコンテストは11月の全国大会に向けての初戦ということで、会場内は会員の緊張感が張り詰めていた。出場者は総勢8名。一口にほら吹きスピーチと 言っても、出場者それぞれの個性とアイデアが満載。よくもまあこんなこと考えたもんだ!という刺激的なスピーチの競演に大満足させられた2時間であった。

 


8 人が全員面白かったのだが、第3位には、回転寿司をネタに爆笑スピーチを展開したN房さん、第2位はふだんから危ない電話を掛けまくっているH田さんが、 電話の妖精相手に大奮闘した本音のスピーチ。そして優勝は「かんけん」と題して世にも珍しい検定試験を受けたT田さんが選出されました。

 

上位入賞に輝いた方々には、二次会で厳しい改善点の指摘が飛び出すなど、いつでも前向きな飯田橋クラブのコンテストでした。

 

上位のお二人は11月のディビジョンコンテストに進まれます。これから1か月、ほらとオチを練りあげて飯田橋の力を見せてくださることを期待します。そしてコンテスト出場者のみなさん、運営に携 わっていただいた皆さんのご協力に改めて感謝いたします。
コンテストチェア 近江喜一郎

第30回 新人の活躍が光った例会

9月5日、いつもの東京ボランティアセンターに戻っての例会です。プログラムも、時間を十分に確保してのテーブルトピック、5本の準備スピーチなど、久々に濃密な例会となりました。

プログラムの肝である準備スピーチは、新人2人、中堅~ベテランの3人によって行われました。

通 常、新人は自己紹介を軸にスピーチを行うせいか、ついカタくなりがちなのですが、2人とも、ボディーランゲージ、マテリアルを駆使したり、演台を押しのけ て所狭しと動いてみたりと圧巻のスピーチを展開。この中で、仕事を通じて実現したいことを優しく、熱く語られたI橋さんが、ベストスピーカー賞を獲得され ました。

最近、新人会員が続々と入会しているせいか、クラブの堅苦しさがとれ、そして、新しい活気が生まれつつありますが、その1つの証左ではないかと感じた例会でした。

 

さ て、いよいよ秋の到来です。秋というと、「勉強の秋」「読書の秋」など、自身の向上を目標とはするものの、いざ秋が始まると何かと億劫になり、実現したの はなぜか「睡眠の秋」「食欲の秋」、手に入れたのは体脂肪だけ、と、一体何やってたんだ!と自分に突っ込みを入れる結末を迎える方も多いのではないでしょ うか?(かく言う私がそうです)

 

この点、当クラブは、見学自由、授業料なし、ついでに、メンバーがお互いを高 めあうサークルですので、銀縁メガネ系のシビアな講師もおりません。参加に必要なのは、ちょっと外に出てみようという気分と、飯田橋駅までの運賃だけで す。「話す力の向上」を秋の目標に掲げられた皆さん、是非見学にいらしてみてください!