Monthly Archives: 5月 2009

第23回例会 チャレンジした皆を褒めたい

つくばでの全国大会と日程が重なったこともあり、少人数の例会か!?と思いきや、嬉しい誤算。4名のゲストを迎えることができ、想像していたより賑やかな例会となりました。
スピーチの本数が少なめだったこともあり、今日は以前合同例会のときに行った発声練習からスタート。
声を出して、のどもほぐれたところで、Sさんからの今夜の言葉は、「褒める」です。成長するには褒めることが大切、ということでポシティブな気持ちでスピーチのセッションに突入しました。
さて、今日はのテーブルトピックスの部は、ただのテーブルトピックスではありません。テーブルトピックス”大会”です。行事が多くなると割愛され ることもあるテーブルトピックスですが、今日は当たらない会員がいないため、テーブルトピックスカバー率100%。そんな大会を仕切るのは、テーブルト ピックスマスター初挑戦のYさんです。質問の数がいつもの3倍ほどに増量していましたが、「自分の住んでいるところの魅力」から最後の「自宅での怖い経 験」まで、直近のスピーチ内容を踏まえ、軽妙なコメントを挟みながら次の質問にスムーズに繋ぐ、初めてとは思えない司会ぶりで、見事こなされました。
次の準備スピーチの部は、初スピーチとなるTさんからスタート。「子どもの頃の3つの夢」と、それが叶っていくプロセスを話すことで、Tさんの人柄を見事聴衆に伝えていました。
2つ目の準備スピーチはKさんの「小さな冒険」。Kさん流の散歩の楽しみ方と、実際の散歩体験。そして、何故散歩に魅力があるのか、原体験にまで遡って語りかけ、散歩の魅力を余すことなく伝えていました。
そして本日最後の準備スピーチはHさん。I川淳J顔負けの「ほんとにあった怖い話」。BGMを入れたりと新しい試みに挑戦しつつ、目標のボーカルバラエティの要素もふんだんに入っている、という心憎い演出でした。


論評の部はNさんの司会のもと、ユーモアを交えつつ、初スピーチのTさんを鼓舞したHさん。結論を引きたてる構成の良さを指摘したT田さんなど、適格な論評がなされましたが、会場の誰もが気付かなかった盲点を鮮やかに指摘したN山さんの論評には会場の皆がうなりました。
受賞者はベスト論評賞がN山さん。そしてHさんが、テーブルトピックス大会の激戦を征し、且つベストスピーカーに輝くという快挙を成し遂げました。


最後のゲストのみなさんからのコメントでは、なんと3名の方が入会表明!
少人数での例会を、却って新しいことにチャレンジして楽しむ場にしようとした、参加メンバーの前向きさが、ゲストのみなさんにも伝わったのではないでしょうか。これからも前向きにチャレンジしていく例会を重ねていければと思います。

第21回例会 連休真っただ中でも多数のゲスト

5月2日、ゴールデンウイーク中に旅行、帰省などで欠席者が多く、会員12名
で例会を進行させることになりましたが、ゲストの方5名!という、会員の私た
ちも、とてもモチベーションの上がる例会になりました!
例会最後の方に「役員選挙」が控えていたため、時間管理が厳しい例会でしたが、
皆さんが協力し合って、スムーズな進行でした。


今日の司会はTさん。時間管理については事前に連絡するなど、しっかり準備さ
れていました。
「今夜の言葉」は、「あわてず、さわがず」で、時間が厳しい今回の例会には
ぴったりの言葉でした。
今夜のテーブルトピックマスターはZさん。
司会者のTさんから「モンスターネタで」という依頼がありまして、お題が全て
「もしも~だったら」という、想像力を必要とする、考えることが楽しくなるお
題が出されました。
答えられていた方は、ご自身の経験談も交え、爆笑ありの即興スピーチになりま
した。架空のことをお題にすることも、大変ためになると感じました。

次のセッションは準備スピーチ。今日は基本マニュアルスピーチの方が2名、上
級マニュアルの方が2名の、計4名のスピーカーになりました。
最初のスピーカーはHさん。スピーチ目標が「ボディランゲージ」ということで、
体の動きをたくさん取り入れ、状況が浮かびやすいスピーチでした。タイトルは
「4日後の未来から」というもので、ゴールデンウイークの過ごし方を伝えてい
ました。時間管理や時間の大切さが伝わりました。
次のスピーカーはYさん。タイトルは「準備・おやつ・目標達成」。
フルマラソンを走る時の、ご自身の気持ちや行動したことをスピーチされていま
した。マラソンを始める前の「準備の楽しさ」、フルマラソン時のドリンクの種
類や飲み方、そしてその結果完走して得られたものを伝えていました。
3番目のスピーカーはKさん。上級マニュアルの中の、「民話を語る」というも
ので、ジェスチャー付きで大変表現力がありました。タイトルは「100年の想
い-夏目漱石『夢十夜』第1夜」で、皆さんが学校で習ったものを題材とし、解
り易く、皆さんは感動されていました。
最後のスピーカーは会長のOさん。こちらも上級マニュアルで、「効果的な自己
主張」という、人とのコミュニケーションを取り上げたものでした。タイトルは
「叩く人」。休日は午前中寝ているが、隣の奥さんの布団を叩く音がうるさくて
目が覚めてしまう。そのようなときに、隣の奥さんとのコミュニケーションを通
じて、どのようにして叩く音が隣近所の迷惑になっているかに気づいてもらうか
を伝えていました。2番目スピーカーのYさんを「奥さん」役にした、ロールプ
レイがありました。楽しく、且つわかり易いスピーチでした。
次の準備スピーチに対する論評では、皆さんはとても的確な指摘されていまして
、スピーカーの方にも大変成長につながる良い意見をスピーチされていました。
上級マニュアルの論評は難しいものと感じていましたが、論評者はご自身の気持
ちを正直に伝えていまして、それが皆さんやスピーカーの皆さんに誠実な印象を
与えていました。

少人数で、二役あった方もいらっしゃいましたが、皆さんのご協力のおかげで時
間通りに例会は進んで行きました。
そして例会最後のゲストコメントでは、2人入会表明!!
一人は次回入会式、もう一人の方は次々回に入会式が予定されます。
旅行等で来られなかった方も、その旅行に行ったことがスピーチ題材になり、私
たちの成長につながる有益な情報になると思います。

ベストテーブルトピックス賞は、溝の口クラブから応援に駆けつけて下さいまし
たIさん。
ベスト論評賞は、Hさん。
ベストスピーカー賞はKさんでした。


通常例会が一通り終了した後、次期役員の選挙が行われました。選挙演説も、皆
さんは真剣に聞き入っていました。7人の立候補者は無事選出されました。
これからクラブをぐんぐん引っ張っていく次期役員の皆さんに、応援していきま
しょう!

第22回例会  若手が頑張った例会

トーストマスターズは国際的な教育団体です。今夜は、香港のスピーチ大会に出席されるため、会長のOさんと副会長のSさんお二方とも欠席となりましたが、7名ものゲストのみなさんと新会員のTさんをお迎えし、にぎやかな例会となりました。

K下さんより発表された「今夜の言葉」は「信頼する」。世界で最も過酷な子育てをすると呼ばれるコウテイペンギンの夫婦の絆が由来でした。

まずはK塚さんの進行により即興スピーチであるテーブルトピックスがスタート。

記憶に新しいゴールデンウィークをテーマに、『思い出』、『ゴキブリ』、『脱サラ』、『渋滞』についてと、予測のつかないユニークな出題を展開しスピーカーを驚かせました。

準備スピーチは4名のスピーカーが登場します。入会して最初のスピーチを向かえたSさん。「仕事って!!!」というタイトルのスピーチで、お仕事の体験をもとにポジティブに生きていこうという気持ちを表現されました。

次 のスピーチはH田さんの「婚活国際化のススメ」です。ご自身が国際結婚をされており、奥様との日々の生活を軸にユーモアあふれるスピーチを展開され聴衆か ら終始笑いが漏れていました。つづくTさんは「むかしのはなし」。みずからのルーツを追って、戦時に生きたおじいさんの戦争体験とロマンスを、緊迫感と儚 さのあるボーカルによって表現されました。

最後のスピーカーはJさんです。タイトルは「カレイドスターと成功の法則」。代名詞とも言えるアニメ作品を題材に、のびのびと自分の世界を語られ、見事ベストスピーカーを受賞されました!

論 評の部では、すでにいくつものスピーチプロジェクトを経験された会員により、スピーチの良かった点や改善点が提案されました。とりわけスピーチの内容だけ ではなく、Jさんがスピーカーとして持っているユニークな点を楽しく語られたH岡さんがベスト論評賞を受賞されました。

最後に、ゲストのみなさんに一言感想をいただきました。スピーチスキルを向上させたいという、同じ気持ちをもったゲストのみなさんから、お褒めの言葉をいただくととてもうれしいかぎりです!これからも楽しく、そして成長に繋がる例会を作り上げていきたいと思います!